旧約聖書(きゅうやくせいしょ)

 
キリスト教にとって旧約聖書が意味を持つのは、イエスが「罪のゆるし」をとりなす「律法のアロン家」としての大祭司の身分を読み取ることなのである。(目次の下に続く)
 
過越の満月に 古代ユダヤ人 ユダヤ人誕生 南北王朝の系図 古代エジプト
幕屋と大祭司装束 レビびとと幕屋の関係 律法の集計 ゲリジム山について
 モーセ5書の地図 ヨシュア記のエリコとエバル山の地図 カナンの地図
スリヤびとの地図 バルバロ聖書「マカバイの書上」
バアル像 アシタロテ像 アシラ像 神ダゴン サムソンの亜麻の着物
 
 
目次 
1  創世記 (律法・諸起源の書)
天地創造、アダムとイブ、ノアの箱舟と大洪水、バベルの塔(言語乱れの由来)、アブラハム、ソドム、アブラハムの試練(イサクの燔祭)、イサクの婚活、ヤコブの婚活、イスラエルの子ヨセフの試練、エジプトの大飢饉とヨセフの活躍、ヨセフがイスラエル一族をエジプトに呼び寄せ、ゴセンの地に寄留したいきさつなどが書かれている。続く四書の律法の起源である。たとえば、天地創造の由来は安息日起源であり、アダムとエバは男尊女卑の承認である。
 
GENESIS 
映画
「天地創造」
この映画は、アダムとエバから、「イサクの犠牲」のエピソードまでである。エジプトのヨセフの話はない。
 
モーセ五書
(出エジプトからカナン侵入完了までの物語)
「出エジプト記」、「レビ記」、「民数記」、「申命記」、「ヨシュア記」

 

モーセ四書(律法の書)
(律法が物語に挿入されている)
「出エジプト記」、「レビ記」、「民数記」、「申命記」

 
 
出エジプト記
(1)
モーセ誕生、モーセとアロン、エジプト王パロと神、主の過越(すぎこし)、パロの追撃などのエピソードが書かれている。その「物語の部」、「律法の部」、「アロン家に関する決め事」、「大祭司の装束、幕屋」のきていなどから成る。

ヤコブの一族70人がヨセフが宰相を勤めるエジプトに住み着いて430年目、モーセと兄アロンの時代に起こった、超巨大脱走劇の物語であり、ユダヤ人の祖となる。
 
EXODUS
  映画
「十戒」
モーセ誕生から、「海が割れる」シーンまでが、特撮を駆使して描かれている。注目すべきは、モーセがエジプトの王族として育てられ、帝王学を治め、軍務に卓越した様子が描かれていることであろう。  
レビ記
(2)
(律法の書)祭祀、法律、衛生、道徳などが書かれている。聖書はレビびとが編纂したのである。彼らは十二部族の中に散らされ、神の務めを嗣業とし、徴兵を免除されていた。レビびとの棟梁はアロン家であり、それが書かれている。
4-32「小羊を罪祭のために」
17-11「血は命であるゆえに、あがなうことができる」

 
LEVITICUS
4  民数記
(3)
(律法の書)律法以外のエピソードとしては、戦闘に参加できる男の数を二回数えている。出エジプト直後と四十年後である。出エジプト当初、彼らの多くはレンガを作るのが嗣業であって、戦闘訓練はされていない。エジプト王が彼らにレンガ作りをさせたのは、知的教育や戦闘訓練から遠ざけるためであった。エジプトの王族として帝王学を身につけていたモーセは、組織的に訓練された兵団の育成が急務であった。およそ四十年という荒野での試練は、そのためにも必要なものだったのである。モーセが凡庸な人物であったら、そのまま前進し、敵の強さに恐れをなした民は、モーセを残して四散したであろう。
  
NUMBERS  
  部族 人数 疫病後
(40年後)
人数  増減 
1 ルベン 46,500  43,730 -2,770
2 シメオン 59,300 22,200 -37,080
3 ガド 45,650 40,500 -5,150
4 ユダ 74,600 76,500 1,900
5 イッサカル 54,400 64,300 9,900
6 ゼブルン 57,400 60,500 3,100
7 エフライム 40,500 32,500 -8,000
8 マナセ 32,200 52,700  20,500
9 ベニヤミン 35,400 45,600 10,200
10 ダン 62,700  64,400 1,700
11 アセル 41,500 53,400 11,900
12 ナフタリ 53,400 45,400 -8,000
  合計 603,550 601,720 -1,830
33−38「エジプトを出て40年目の5月、アロン、ホル山にて死す。120歳」
 
 
申命記
(4)
(律法の書)申命記とは、繰返し命じる書、という意味である。出エジプトから40年たった。モーセは堅固な町々のあるヨルダン川西岸に向う時が来た、と民に告げる。後継者はヨシュアである。兵の訓練の総指揮はモーセの指導を受けたヨシュアが担当したであろう。

この書には、直前の三書のおきてが繰り返されているが、それが律法全体をより複雑にしている。律法の専門家のレビびとでさえも全体を把握できないくらいである。

(新約聖書の福音書との関連)
6-5「あなたは心をつくし、精神をつくし、力をつくして、あなたの神、主を愛さなければならない」
8-3「人はパンだけでは生きず、人は主の口から出るすべてのことばによって生きる」

19-20「あわれんではならない。命には命、目には目をもって償わせなければならない」
21-23「木にかけられたものは神にのろわれたものである」
27-15「民は、みな答えてアァメンと言わなければならない」
34-1「モーセ、ピスガの頂に行き、主が与えると約束された、全地を確認する」
34-5「モーセ、モアブの地で死す。120歳」。

 
DEUTERONOMY
 6 ヨシュア記
(5)
軍隊にヨルダン川を渡らせ西岸地区を席巻して行ったのはヨシュアである。モーセの後継者として彼ほどの者は他になかった。しかし彼の名を冠したこの書には律法がないので、ユダヤ人社会での扱いは軽い。その理由は彼がエフライムびとであったことによる。この書を会堂で読み聞かされたユダヤ人は、あらためてサマリヤびとをさげすんだ。

エピソードとしては、城壁のある町エリコの遊女「ラハブ」、ヨルダンの水が主の契約の箱の前でせきとめられる奇跡などがある。戦いに先立って全員に割礼をした。

ヨルダン川西岸の戦いが一段落して、モアブの地を嗣業としたルベン、ガド、マナセの半部族はその東岸、モアブの地に引き上げるエピソードがある。このモアブがルツ記に続く。

24-29「ヨシュア、死す。110歳」
24-32「エジプトから携え上った、ヨセフの骨を葬る」。

ヨセフはエフライムの父であるので、この書に入れたのであろう。
 
JOSHUA 
士師記
士師記(ししき)の士師とは、さばきづかさ、のこと。審判者。
エホデ、バラク、シセラ、ギデオンと忍耐の神、アビメレク、トラ、ヤイル、エフタ(娘が、燔祭に)、イブザン、エロン、アブドン、マノアと妻の子サムソン、デリラ(女)とサムソン、エフライムの山地のミカ、「女の死体を12片に分けて檄をとばし、イスラエルとベニヤミンの戦いとなり、部族が一つ減った。回復のための、シロの娘たちの略奪」。

2-11「イスラエルの人々は主の前に悪を行い、もろもろのバアルに仕え、かつてエジプトの地から彼らを導き出された先祖たちの神、主を捨てて、ほかの神々に従い、それにひざまずいて、主の怒りをひき起こした。
2-16「その時、主はさばきづかさを起こして・・・」
JUDGES
ルツ記 しゅうとめ「ナオミ」と「ルツ」の物語。ルツはモアブの女であるが、ヨシュア記との関係から、異教徒の女とは言えない。むしろルベン、ガド、マナセの半部族のいずれかの者である可能性が高い。信仰の尊さを女性たちに教えるために、あえて異教徒の女にしてあるのだろう。

4-21ルツは再婚したボアズの子、オベデを産み、オベデからエッサイが生まれ、エッサイからダビデが生まれた。
RUTH
サムエル記上 最後の士師であり預言者のサムエルの出生物語からはじまります。人々は、見えない神ではなく、王をサムエルに求めます。最初に選ばれたのはサウルです。ところが、サウルが神の言葉に忠実でないのを見てこれを捨て、ダビデにも王位を与えます。しかし現実の王であるサウルが王位を捨てることはなく、かえってダビデを殺そうと執拗に狙います。一方ダビデは何度もサウルを殺すチャンスがあったのに、あえてそれをせず逃亡生活をおくります。そして、ついにサウル王と息子のヨナタンがペリシテ軍との戦いで戦士してしまいます。ここにサウル王朝は一挙に衰退します。
 T SAMUEL
10 サムエル記下 サウル親子が戦死したのを見て、人望はダビデに集まります。ここにサウル王朝は滅び、ダビデの国造りが始ります。彼は天然の要害エルサレムをエブスびとから奪い取り、ダビデの町を造ります。ところが、ダビデは家来の女房に横恋慕し、その不倫がばれそうになって、家来を戦場で謀殺してしまいます。預言者ナタンは王を責めました。普通の王なら、預言者を殺しますが、彼の言葉を聞いたダビデは激しく自分の罪を悔います。ここがダビデの尋常ならざるところです。ダビデはその女バテシバを迎え入れて、子を産ませました。その中にソロモンがいます。またルカの系図にあるナタンもいます。
 
U SAMUEL
11 列王紀上  (南北王朝時代)ダビデ王が老い、跡目争いにソロモンが勝ち、王位につきます。ソロモンは最初にエジプトのパロ(王のこと)の娘と結婚し、エジプトの軍事的脅威をなくしました。このようにして、外国の娘と次々に結婚し、婚姻による平和外交を推進しました。しかし、その費用は膨大でした。また、その妻たちが暇にまかせて異教の神を競ったため、モーセの律法に基づく人々の信仰は影を潜め、彼の死後まもなく、王国から10部族が離脱し、サマリヤに北王国を建てました。サマリヤびとのルーツがここにあります。

ソロモン
(列王紀上)3-12「みよ、わたしはあなたの言葉にしたがって、賢い、英明な心を与える。あなたの先にはあなたに並ぶ者がなく、あなたの後にもあなたに並ぶ者は起こらないであろう」。
ソロモンはその知恵を天下国家のためでなく、私利私欲に使いました。
(列王紀上)11-11それゆえ、主はソロモンに言われた、「これがあなたの本心であり、わたしが命じた契約と定めとを守らなかったので、わたしは必ずあなたから国を裂き離して、それをあなたの家来に与える。

預言者エリヤ
エリヤはバアルを拝む北王国の預言者です。そのため、主の預言者は王に迫害されました。
17-1ギレアデのテシベに住むテシベびとエリヤはアハブに言った、「わたしの仕えているイスラエルの神、主は生きておられます。わたしの言葉のないうちは、数年雨も露もないでしょう」17-2主の言葉がエリヤに臨んだ、17-3「ここを去って東におもむき、ヨルダンの東にあるケリテ川のほとりに身を隠しなさい。

この書には、エリヤが子供を生き返らせる場面あります。その場面で、エリヤが呼びかけた主とはイエスのことであることが分かります。
(列王紀上)17-21そして三度その子供の上に身を伸ばし、主に呼ばわって言った、「わが神、主よ、この子供の魂をもとに帰らせてください」。17-22主はエリヤの声を聞きいれられたので、その子供の魂はもとに帰って、彼は生きかえった。
T KINGS
12 列王紀下  (南北王朝時代)預言者エリシャが登場、数々のエピソードが書かれています。エリシャもまたエリヤと同じ北王国の預言者です。

この列王紀には、北と南の王の名前と在位が書かれていて、累計することで、滅亡までの年代がだいたい分かります。南北朝王家の系図
No.13、14の歴代志では北王国の情報がないので、歴史的なことはわかりません。
 
U KINGS
13 歴代志上 冒頭は、アダムから始めて代々の、特にレビの系図が詳しく書かれています。ダビデ王について書かれています。この書は、モーセに逆らったコラの子孫の書いたものです。神への祈りが、偶像に対するもののように軽く見えます。詩篇にコラの子らの歌があります。この歴代志を書いた人々と同じ手によるものです。
  
T CHRONICLES
14 歴代志下  冒頭からソロモン王について書かれています。9-10シバの女王のエピソードがあります。列王の記述は南王国ユダのものだけで、北王国イスラエルのものはありません。歴代志は、祭司とレビびとの立場から見た記録です。バビロンの次に興った、ペルシャ王クロスの記述で終わります。

サムエル記、列王紀は連続した歴史書のように読めますが、歴代志は祭司とレビびとの立場で書かれていて、歴史読み物としてはおもしろくありません。北王国のこともエリヤ、エリシャのことも書かれていません。しかし、一ヶ所だけ、ソロモンが神殿を建てた里山が、創世記のアブラハムがイサクを捧げようとした山にたどり着く記述があって、そこは貴重です。
(歴代志下)3-1ソロモンはエルサレムのモリアの山に主の宮を建てることを始めた。そこは父ダビデに主が現れた所、すなわちエブスびとオルナンの打ち場にダビデが備えた所である。
 
U CHRONICLES
15 エズラ記 (帰還時代)ペルシャ王クロスが主の宮をエルサレムに建てる詔を発するところから始まります。バビロンの捕囚から許されてエルサレムに帰った人々の記述があります。祭司エズラが、捕囚から帰った者で異邦の女を娶った者に離縁させるところで終わります。
キーワード:(ユダヤ人)異教徒を汚れた者とみなすユダヤ人のはじまりです。かれらは南王国ユダの子孫でバビロンの捕囚から70年をへてエルサレムに帰還したユダ族とベニヤミン族の人々で、ユダヤ人と呼ばれました。
EZRA
16 ネヘミヤ記 (帰還時代)首都スサで王の給仕役をしていたネヘミヤが、エルサレム再建を願って許される場面から始まります。ネヘミヤは、ユダの総督としておよそ12年間、エルサレムで城壁の修復とユダヤ人をユダヤ人たらしめることに尽力(じんりょく)します。キーワード:仮庵の祭、安息日。 NEHEMIAH
17 エステル記 (捕囚時代)ペルシャ王アハシュエロスの治世、その首都スサでの物語りです。ユダヤ人モルデカイとおとめエステルが登場します。エステルは王の妃となります。二人は、ユダヤ人皆殺しの陰謀から、ユダヤ人を守ります。そして、モルデカイはアハシュエロス王に次ぐ者となります。この王はアルタシャスタかもしれません。(ネヘミヤ記2章

物語は実話そのものではなく、王や王妃の名前は創作されているでしょう。しかし、モルデカイの名前はエズラ記とネヘミヤ記に書いてあるので、実際にそのような人物がペルシャ王の近くにいたのでしょう。そして、彼は絶大な権限を持つ者であって、かげながらユダヤ人の帰還を助けたと考えられます。そうでなければ、ネヘミヤ記は成り立ちません。
ESTHER
18 ヨブ記 神の前に正しい人、ヨブの病の根源が、彼の友人との間で論じられます。ヨブは、全ての財産を失い、重い病に犯されて苦しみますが、ついに神を呪わず、神の恵みを得て、突如、健康と富と家族を回復します。42-17ヨブは年老い、日満ちて死んだ。

財産と健康と信仰の逸話がなぜ歴史書の最後の場所にあるのでしょう。ヨブを「ユダヤ人」と置き換えると、ここに置かれていることが納得できます。かつて主に祝福されていた者が一度は全てを失います。しかし、主を恨まぬ態度を貫き、再び至福の日々を取り戻す物語は、捕囚から帰還したユダヤ人の希望を象徴しています。
JOB
19 詩篇 権威づけのためにダビデの歌が冒頭に置かれています。捕囚後に成立したユダヤ教神職の一族アサフなどが作ったものもあります。新約聖書にも、この詩篇から多数の聖句が引用されています。民衆のなじみの言葉になっていたからです。 PSALM
20 箴言 このいましめの書には、知恵の王としてその名が知られている「ソロモン」の名が冠されている。短い教えの言葉の羅列になっているが、いくつかの組にまとめられているので「Aの組」、「Bの組」のような分類を試みた。「Cの組」にはその冒頭にヒゼキヤ王の名前がある。
1-7「主を恐れることは知識のはじめである、愚かな者は知恵と教訓を軽んじる」。
PROVERBS
21 伝道の書 これはウジヤ王が嘆いた言葉の数々です。彼は人生の絶頂期にらい病を罹患し、隔離されて余生を送りました。不治の病を得て、人生の空しさを達観した言葉と、箴言とが混じります。
最後の章の言葉。12-1あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしには何の楽しみもない」と言うようにならない前に。12-7ちりは、もとのように土に帰り、霊はこれを授けた神に帰る。12-12わが子よ、これら以外の事にも心を用いよ。多くの書を作れば際限がない。多く学べばからだが疲れる。
ECCLESIASTES
22 雅歌  戒めの書の最後に置かれたこのソロモンの雅歌(がか)は、艶やかな文章に思われますが、伝道の書に似ているところもあります。それは、一見華やかに見える、王の女たちの悲哀です。

2-4彼はわたしを酒宴の家に連れて行った。わたしの上にひるがえる彼の旗は愛であった。2-7愛のおのずから起こるときまでは、ことさらに呼び起こすことも、さますこともしないように。
SOLOMON'S SONG
23  イザヤ書  1-1イザヤがユダとイスラエルについて見た幻。7-14見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名はインマヌエルととなえられる。9-1異邦人のガリラヤに光栄を与えられる。9-2暗闇の中に歩んでいた民は大いなる光を見た。9-6ひとりのみどりごがわれわれのために生まれた。42-1わたしはわが霊を彼に与えた。彼はもろもろの国びとに道をしめす。42-4彼は衰えず、落胆せず、ついに道を地に確立する。

最後に、新約にもある不吉な言葉で終わる。66-24そのうじは死なず、その火は消えることがない。
この日(2012/5/27)、66-24節はユダヤ人のサマリヤびとへの感情を象徴した言葉であると悟った。最終章はユダヤ人(ユダヤ教)の誕生を暗示していると分かったからである。
ISAIAH 
南北王朝の預言者 
24 エレミヤ書 1-1祭司エレミヤの言葉。9-25主は言われる、「その日には、割礼をうけても、心に割礼をうけていないすべての人をわたしは罰する」。23-1主は言われる、「わが牧場の羊を滅ぼし散らす牧者はわざわいである」。31-15嘆き悲しみ、いたく泣く声がラマで聞こえる。ラケルがその子らのために嘆くのである。子らがもはやいないので、彼女はその子らのことで慰められるのを願わない。33-15わたしはダビデのために一つの正しい枝を生じさせよう。52-31バビロンの王エビルメロダクはその即位の年に、ユダの王エホヤキンを獄屋から出し、そのこうべを挙げさせ、の記述で終わる。 JEREMIAH
25 哀歌 1-1ああ、むかしは民のみちていたこの都。もろもろの町のうちで女王であった者、今は奴隷となった。5-21主よ、あなたに帰らせてください、われわれは帰ります、の記述で終わる。 LAMENTATIONS
26 エゼキエル書 1-1わたしがケパル川のほとりで、捕囚の人々のうちにいた時、天が開けて、神の幻を見た。34-7それゆえ牧者よ、主の言葉を聞け。34-8主なる神は言われる、わたしは生きている。わが羊はかすめられ、わが羊は野のもろもろの獣のえじきとなっているが、その牧者はいない。48-35この町の名は「主そこにいます」と呼ばれる、で終わる。 EZEKIEL
27 ダニエル書 1-1ユダの王エホヤキムの治世の第三年にバビロンの王ネブカデネザルはエルサレムにきて、これを攻め囲んだ、で始まる。1-17ダニエルはまたすべての幻と夢とを理解した。第7章は、ヨハネの黙示録のような、ダニエルの見た夢と幻の記述がある。7-3四つの大きな獣が海からあがってきた。12-13しかし、終わりまであなたの道を行きなさい、で終わる。 DANIEL
28 ホセア書 1-1ユダの王、イスラエルの王の世に、ホセアに臨んだ主の言葉。6-6わたしはいつくしみを喜び、犠牲を喜ばない。14-9主の道は直く、正しき者はこれを歩む。しかし罪びとはこれにつまずく、で終わる。 HOSEA
29 ヨエル書 ヨエルに臨んだ主の言葉。2-17どうしてもろもろの国民に、「彼らの神はどこにいるか」と言わせてよいでしょうか。3-21主は(聖なる山)シオンに住まわれる、で終わる。使徒行伝の冒頭で、ペテロが2章を引用する。 JOEL
30 アモス書 1-1牧者アモスの言葉。9-15「わたしは彼らをその地に植えつける。彼らはわたしが与えた地から再び抜きとられることはない」と、あなたの神、主は言われる、で終わる。 AMOS
31 オバデヤ書 1オバデヤの幻。21こうして救う者はシオンの山に上って、エサウの山を治める。そして王国は主のものとなる、で終わる。 OBADIAH
32 ヨナ書 (アッスリヤの首都ニネベを許す)1-1主の言葉がヨナに臨んだ。2-10主は魚にお命じになったので、魚はヨナを陸に吐き出した。4-11「この大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」、で終わる。 JONAH
33 ミカ書 1-1モレシトびとミカが、サマリヤとエルサレムについて示された主の言葉。5-2しかしベツレヘムエフラタよ、あなたはユダの氏族のうちで小さい者だが、イスラエルを治める者があなたのうちから、わたしのために出る。(ダビデはユダ族) MICAH
34 ナホム書 (アッスリヤの首都ニネベを呪う)1-1ニネベについての託宣。エルコシびとナホムの幻の書。3-18アッスリヤの王よ、あなたの牧者は眠り、あなたの貴族はまどろむ。 NAHUM
35 ハバクク書 1-1預言者ハバククが見た神の託宣。3-19これを琴に合わせ、聖歌隊の指揮者によって歌わせる、で終わる。使徒行伝からの引用がある。「驚け、そして滅び去れ」。 HBAKKUK
36 ゼパニヤ書 1-1ゼパニヤに臨んだ主の言葉。3-20あなたがたの幸福を回復するとき、地のすべての民の中で、あなたがたに名を得させ、誉を回復させる」と主は言われる、で終わる。 ZEPHANIAH
37 ハガイ書 (帰還時代)1-1主の言葉が預言者ハガイによって。2-23わたしはあなたを立て、あなたを印章のようにする。わたしはあなたを選んだからであると、万軍の主は言われる、で終わる。
キーワード:「勇気を出せ」とシャルテルの子、ユダの総督ゼルバベルを励ましています。ユダはペルシャ120州の一つにすぎません。萎縮のゼルバベルに対して、ペルシャの王威の上におられる万軍の主をイメージさせて、神殿工事を再開させようとするのです。 
HAGGAI
38 ゼカリヤ書 (帰還時代)1-1主の言葉が預言者ゼカリヤに臨んだ。14-21その日には、万軍の主の宮に、もはや商人はいない、で終わる。
「もはや商人はいない」、それはユダヤ人が奴隷となってバビロンで売り買いされた日々の終わりを意味している。また、この書は「ヨハネによる福音書」の素材を多く提供した。
キーワード:真のユダヤ人には偽りがない、いちじくの木の下、子ロバに乗って、生ける水、仮庵の祭。
ZECHARIAH
39 マラキ書 1-1マラキによってイスラエルに臨んだ主の言葉の託宣。4-4あなたがたは、わがしもべモーセの律法、すなわちわたしがホレブで、イスラエル全体のために、彼に命じた定めとおきてとを覚えよ。4-5見よ、主の大いなる恐るべき日が来る前に、わたしは預言者エリヤをあなたがたにつかわす。4-6彼は父の心をその子供たちに向けさせ、子供たちの心をその父に向けさせる。これは、わたしが来て、のろいをもってこの国を撃つことのないようにするためである、で終わる。 MALACHI
 
文書の英語名は、「HOLY BIBLE」 ZONdERVaN BIBLE PUBLISHERS's NEW MARKED REFERENCE BIBLE から引用しました。
 

マリヤさまはアロン家最後の姫さま、
イエスは「処女受胎」によるアロン家最後の大祭司、
聖母子はアロン家の永続性を実現し、
個々人の「狂気のあがない」の手段を達成された。
2021/8/10
 
(1)アロン家とレビびとの神職専業の根拠と永続性
「出エジプト記」から「ヨシュア記」までの5書は、律法の書とも呼ばれる。モーセがシナイ山から持ち帰った石板に書かれたのは10箇条であるが、その他にも数えれきれないほどの掟や規定が書かれている。そしてそれを司るのがレビびとであり、その棟梁(とうりょう)がアロン家である。レビびとの先祖のレビはヤコブの十二人の子供のひとりであったが、レビを族長とできない事情が生じ、他の部族の中に散らされた。モーセは主なる神のおぼしめしにより、兄であるアロンの子をレビの棟梁とし、レビびとを祭司職選任とし、その地位を永久とする旨、律法として記した。

(2)アロン家はユダヤ人の存続のかなめ
律法書の目的は「ユダヤ人十二部族をユダヤ人に閉じ込め、霧散させないこと」につきる。その目的の維持のために機能するのがレビびとの存在であり、その棟梁たるアロン家である。そしてそれはモーセに神が語られた律法の最上位に位置するものである。そう思って読めば、これらがレビびとの生活の面倒までみているものであることがわかるであろう。職業として、神事以外のことをしないしない存在、徴税や兵役を免れる人々が、「ユダヤ人」存続のキーワードなのである。彼らがいなければ、ユダヤ人は霧散し、旧約聖書はただの文化遺産にすぎなくなる。

(3)アロン家の「罪のゆるし」のとりなしの独占権「罪祭」
イエスの言動の中に「あなたの罪はゆるされた」がある。これは律法の「罪祭」にあたりアロン家に独占権がある。イエスはダビデの子孫として世に知られていたから、ユダ族であり、罪のゆるしをとりなす権利はない道理である。イエスは律法の中でも最上位のものを犯したとみなされ、死罪の適用が強く働いたのである。だが、「ルカによる福音書」によれば、母マリヤはアロン家ゆかりの者であり、処女受胎から生まれ出たイエスは、アロン家の血統なのである。(2020/12/5)追記

(4)律法の守護者としてのアロン家
旧約聖書の核は、モーセ四書におさめられた「律法」であり、他の項目はすべて律法を飾るものである。律法のうち「ユダヤ人」としてのしるしは「割礼」である。ただ、割礼はペニスの無い者、たとえば女性には適用されない。パウロがユダヤ人から迫害されたのは、律法そのものである割礼をイエス・キリストへの信仰のあかしとして「脱却」を唱えたからである。だがそれは、「ユダヤ人」と律法、ひいてはアロン家を否定するものであり、裏切り者として、死罪が求められたのである。カイザリヤの獄でユダヤ人がパウロ暗殺の陰謀をめぐらし続けたのはこのゆえである。エルサレム教会は過激なパウロを援けなかった。

(5)ローマ教会にいたる道を拓いたのはユダヤ人女性たち
一方異邦人が、イエスによる「個々人の狂気からのあがない」を信じたとしても、ユダヤ人たちには関係ないことであり、トラブルは起こらない。もし、ユダヤ人がパウロにしたようなことを異邦人、すなわちローマ帝国の市民にしたとしたら、そのユダヤ人居住区は火の海になったであろう。異邦人への宣教が、ユダヤ人女性たちであることが知れても、割礼の無い彼女らは、迫害の対象とはならないであろう。マリヤさまはユダヤ人であり、アロン家ゆかりの者であり、「割礼のない者」であられた。
 
(続き)イエス、母マリヤ、(義理の)父ヨセフ、ペテロ、パウロたちは、ユダヤ人の精神が律法によって厳しく律せられていた古代ユダヤ人の時代に生きていた。律法は、「出エジプト記」、「レビ記」、「民数記」、「申命記」の物語の中にちりばめられている。

律法が大事なのは、ユダヤ人の行動規範を法律ではなく主なる神の命令であること、それを運営する権利がアロン家の独占であることの二点である。アロン家はレビびとの棟梁としての地位が律法により定められている。その世継ぎは大祭司の身分である。

イエスとパウロがユダヤ人から「死罪に相当する罪」にさだめられたのは、まさにアロン家の独占を犯したとみられたこと、律法を否定する者とみなされたことによる。だが、イエスはまさに、マリヤの処女受胎により、ユダ族ではなく、「律法のアロン家」の最後の者なのだった。2021/4/24
 
 
 マリヤさまの結婚は「緊急避難」
そのことに思いを致すには、口語訳聖書に欠けた文書が
「バルバロ聖書」による差分文書
 
この「差分」には口語訳聖書には収められていない8文書がある。管理員の研修会の帰りに地下鉄「淀屋橋」の地下街の続きにあった書店で買ったものである。入り口にいた女店員に聖書の場所を聞いたのだったが、「ちょっとお待ちください」と、中に駆け込んでいった。そして別の若い男性が、「聖書」を持ってきたのがこれだった。場所を聞いたのに、本を持ってきたのだった。だが、それは言わずに、これも何かの縁だろうと、それを買ったのだった。結局、店の奥には入らずに、用は済んだ。それが、今、「マカバイの書上」に書かれている「大祭司」一族の功労戦記が、ヘロデにつながり、マリヤさまの緊急避難につながったのである。不思議といえば不思議である。
 
「マカバイの書上」抜粋
2-1そのころ、ヨアリブ家の祭司、シモンの子ヨハネの子マタティアはエルサレムを去ってモディンに居を定めた。2-2彼には五人の子があった。ガディと呼ばれるヨハネ、2-3タシと呼ばれるシモン、2-4マカバイと呼ばれるユダ、2-5アラバンと呼ばれるエレアザル、アフスと呼ばれるヨナタンである。
 
改宗のユダヤ人ヘロデが、ローマ軍の後ろ盾で、ユダヤ人の王を僭称する前のおよそ100年間、ユダヤは「大祭司」のもとで独立状態にあった。その「大祭司」一族は、律法によるアロン家の者ではなく、一介の祭司の血統であった。だが、戦功によって、レビ族の最高位の「大祭司」を名乗ったのである。レビ族は祭祀が専門の部族であり、律法によって、その棟梁はアロン家と定められていた。だから、レビ族は「王」にはなれなかったのである。

ヘロデは、この一族を皆殺しにして、自ら「王」になったのである。そして、用心深い彼は、なおも一族の根を絶とうと、その残党の探索を続け、密告を奨励したのである。

このことが「処女受胎」につながっていくのである。イエスが、「律法の大祭司」最後の子孫となるためである。それであればこそ、イエスに「罪のあがない」をとりなす専権事項の根拠が生じ、自ら個々人の「狂気という名の罪」を負い、解消できる能力の説明がつくのである。

キリスト教徒にとって、旧約聖書全体は、律法により、イエスがアロン家最後の者であるかどうかを問うことに帰する。物語や預言、詩篇などといったものは、ユダヤ人のものであり、異邦人のものではない。だが、それらは公開されており、参照する分には、何ら支障はあるまい。
 
 
戻る
「ささくら聖書大学」
 
 
ささくら修道会の宣教理念
 
オリジナル教会の権能:「あなたの思うがままに作成してよい」
ページ制作者 (ささくら宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
2019/11/30、2020/10/13-、2021/4/15(バルバロ聖書リンク)、4/17その解説付加
2021/4/24、2021/8/10、8/12
 
(ささくら修道会規約)当会の用いる聖書は、口語訳聖書、文語体聖書、バルバロ聖書差分の3つに限定する。これ以外の、聖書の引用は異端行為として厳禁される。日本語以外の聖書については、文語体聖書の内容に準じるものとする。異端文例(Today's English Version)世事に迎合した改編文章など異端以外の何ものでもない。(異端:=故意に対立すること)
 
ささくら修道会の指定聖書:「日本聖書協会 口語訳聖書」に準拠
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)

バルバロ聖書(旧約差分)
 
いろいろ聖書  ささくら宗の聖書 
 
 
 
 
トップページに戻る
 
 
答えとしての「聖母子」
 
 
 
履歴
 
2009/12/13(日)笹倉キリスト教会 笹倉正義
 2010/7/19(Mon) 平成22年7月19日、2011/11/24、2011/12/28、2012/1/11、2012/1/16
2012/1/22、2012/2/22(余分な説明の削除)、2012//25、2012/4/28、2012/5/1
2012/5/19、2012/5/25、2012/5/26、2012/5/39(ミカ)、2012/7/14(ヨエル)、2012/8/5
2012/9/22(過越の満月)、2014/7/27(バルバロ聖書)