バルバロ訳(旧約)差分

使徒行伝によれば、シリヤのアンテオケはキリスト教徒が最初にクリスチャンと呼ばれた都市である。当時のアンテオケは、ローマ帝国の第二の都市として栄えており、ギリシャ文化を色濃く残していた。ギリシャ文化の一つは、人型の神々の像であり、それは肉体の賛美であり、悦楽であった。そのような都市の人々がなぜイエス・キリストを信じたのか。それを、今、改めて考えてみることになった。それを実現したのは、聖母マリヤとルカとテオピロの活動の賜物であり、その果実として、肉体基準の信仰に精神基準の信仰が浸透したのである。

使徒行伝
11-25そこでバルナバはサウロを捜しにタルソへ出かけて行き、11-26彼を見つけたうえ、アンテオケに連れて帰った。ふたりは、まる一年、ともどもに教会で集まりをし、大ぜいの人々を教えた。このアンテオケで初めて、弟子たちがクリスチャンと呼ばれるようになった。

そこでアンテオケについての知識を深める必要を感じていた時、バルバロ訳聖書の「マカバイの書上」にアンテオケの記述があることが分かった。マカバイの書は口語訳聖書にはない。そこで改めて、口語訳聖書とバルバロ訳聖書の文書を比較すると、バルバロ訳聖書にのみに掲載されている文書が8つあることが分かった。そこで、この際、それらに目を通すことにし、自らキー入力を試みた。収穫は、「マカバイの書上」であった。 
 
 目次
 
16-2-1 トビアの書 トビアの父の失明とサラの悪霊が天使から授かった秘法で癒される物語 Tobias
16-3-2 ユディトの書 やもめのユディトが強大な敵将ホロフィルネの首を打って民の危機を救う Judith 
17-2-3 マカバイの書上 祭司のマタティアとその子らがギリシャイズムに立ち向かった戦記である T Machabaeorum 
17-3-4 マカバイの書下 マカバイの書上のつづきではない。マタティア家の業績を打ち消す作用 U Machabaeorum
22-2-5 知恵の書 異国のユダヤ人のありさまや、選民ユダヤ人の自画自賛的知恵。 Sapientia 
22-3-6 シラの書(集会) シラの子、イエズスの知恵。レビ人が生涯をかけて集めた格言集である Ecclesiasticus 
25-2-7 バルクの書 バビロンによるエルサレム滅亡に鑑み、神に立ち返れば希望はある。 Baruch 
25-3-8 エレミアの手紙 バビロンの生活の中で偶像を拝まないように気をつけなさい。 Epistola Jeremias 
 
出版物文面比較(ルカ第一章) 
口語訳、バルバロ、共同訳、新共同訳他
 
 バルバロ訳「聖書」文書一覧表
 イタリヤ語「聖書」文書一覧表
 
たとえば、バチカンのシスティーナ礼拝堂の天井画の一角に、「ユディトとホロフェルネ」を主題にしたものがある。その物語の知識があっても、高い天井に書かれたその絵を捜すのは難しい。それは、女が男の首を欠き切って持ち去るという重いテーマだが、ミケランジェロは気品高く描ききっている。美女ユディトの顔は後ろ向きで、見る者の想像力にまかせ、全体にしてやったりの雰囲気があって、少しユーモラスさをも感じさせる。
 
 
(図をクリックすると全体を表示します)
 
 
 
 
2014/3/6-9/3 (笹倉宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
通称:オリジナル教会
Webキリスト教マニュアル「笹倉キリスト教会」製作者
2014/7/5(全文書き直し)、2014/7/9(口語訳聖書削除)