もともと「聖書(せいしょ)」はひとつ

オリジナル教会・ささくら修道会の聖書としては、口語訳聖書または文語体聖書、さらにバルバロ訳聖書差分に限定するのですが、聖書はこのほかにも色々なものが市販されています。それらは人為的に「修正」したものであり、しょせん「人の知恵」に帰し、神の前にはその効力は無効です。

当修道会は、このサイトに掲載した「文書」を、将来にわたって聖典とします。われわれはこれを必要とし、どのような形態であるにしろ、その出版事業が途絶えることはありません。
 
1)聖書の種類と発売元
2)旧約聖書の文面比較
3)新約聖書の文面比較
4)口語訳聖書の由緒
5)全テキスト「聖典書庫」
6)バルバロ訳聖書差分
7)ささくら修道会の聖書
8)口語訳聖書(購入)
 
 
わたしがこの聖書を買った時は、タイトルは「聖書」だった。その後、日本聖書協会以外の出版社から聖書が発売されたので、「口語訳聖書」に封じられた。
 
1.もともと日本語聖書はひとつだった
いくつかの日本語聖書が販売されていますが、「笹倉キリスト教会」は、文中の聖句を、日本聖書協会の口語訳聖書(こうごやく せいしょ)から引用しています。口語訳聖書は、人名や地名が日本語として分かりやすく、文章も日本語として立派です。キリスト教徒(クリスチャン)が礼拝用に使うのに適しています。

他の聖書は、学者や、聖書を信仰の対象ではなく学問として扱いたい方々用のものです。直訳を重視されているもので、一般の日本人にはなじみにくい文章になっています。

1.人名や地名が日本語として簡潔である
  マリヤ、イエス、ペテロ、パウロなど、老若男女が集う集会では、
  聞き取りやすい名前でなくてはなりません。

2.言葉の使い手のメリハリ
(悪魔のセリフ)
ルカ3-6言った、「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう。それらはわたしに任せられていて、だれでも好きな人にあげてよいのですから」。

(イエスの言葉)
ヨハネ10-7そこで、イエスはまた言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。わたしは羊の門である」。

日本語訳においては、その言葉使いに、それを用いる者の下心や権威が現れていることが重要です。

口語訳聖書の購入を希望される方は、書店で取り寄せてもらうか、インターネット販売を利用するとよいでしょう。「口語訳 聖書」と指定しないと、意図しない聖書を買うことになります。

聖書の不完全性について
聖書は、学問としても使われます。学者や学生は目新しいものを好み、いろいろ手を加えたがりますが、キリスト教徒(クリスチャン)にとっては、聖書は「同じもの」であるべきです。聖書は、四つの福音書のエピソードを比較をしてもわかるように、どのみち完全ではありません。完全な神の救済方法の実現を見た人々、あるいは聞いた人々でも、しょせん完全にはそれを文字で再現することはできないのです。

神の事業は「創造」にして完全ですが、人の事業は「制作」にして不完全であるからです。それでも、私たちは聖書を抜きにしては、神に近づくことができません。その聖書は、一つの群れでは、同じものが望ましいのです。

ところで、わたしは2019年の終わりに、聖書の持つ「答え」に到達したと感じました。それは、神の事業といった大それたものではなく、わたしたちの「自分ではどうすることもできない狂気」の解消、それこそが聖書の言う「罪のあがない」が、イエス・キリストによって提供され続くものだったのです。だから、それこそ、聖書はどれでも良いのですが、日本語聖書の最初のもの、今では「口語訳聖書」に封じられているものが、完全に満たすのです。
 
2.日本語聖書の訳され方
聖書には、ギリシャ語で書かれた原本があり、それを基に各国の言語に訳されています。日本語と英語を併記してあるものは、それぞれ独立してギリシャ語から訳され、並べられています。
口語訳聖書は、純粋に、日本語に訳された聖書です。この純粋という意味は、以下のように「人の思い」が入っていない、ということです。祈り心をもって、訳されたという印象を受けます。
 
日本語の「共同訳」聖書の共同訳とは、カトリック教団とプロテスタント教団との共同翻訳という意味です。なので、文章に、プロテスタント教団とカトリック教団双方の人名や用語が混在しています。「共同訳」と「新共同訳」があり、名称が変わっています。日本のキリスト教徒が礼拝で使ってきた名称を安易に変えてしまうとはどういうことか。神の使徒としての働きよりも、自分たちの都合を優先しているという印象を受けます。
 
「共同訳」聖書は、口語訳聖書に代わるものではありません。口語訳聖書は「古い」聖書ではありません。神の言は、訳し方などによって古くなったりはしないのです。口語訳聖書は日本語として意味が通じる努力がされているのを感じます。

大事なことは、文書を変に統一しないことです。福音書にしても、時空の隔たりがあり、本来の キリスト教というべきもの以外の思想の挿入があります。文書のおもむきが違うからこそ、それらが区別できますが、これを一律にならした文章にしてしまうと、区別がつかずに、読み誤る危険があります。

それから、いわずもがなのことですが、プロテスタントとカトリックの一致はありません。分裂のDNAを持つプロテスタントと集合のDNAを持つカトリックがどうして一致できるでしょう。危ないことと言わねばなりません。
 
3.聖書の改訂
聖書にも、妙なことに、バージョンがあります。本来、聖書には、新しいも古いも、ありません。聖書は、追加したり、削除したりしてはいけない文書の集まりです。そして、文書全体としては、キリスト降臨の福音を伝えるのが目的ですから、国民が理解できる美しい文章に翻訳されることが望ましいのです。いくら原本に忠実でも、読者にとって意味不明であったり、人の思いの都合で、ころころ人名や地名を変えてもらっては、困ります。一つの群れでは、同じ聖書でないと困ります。聖書の権威の無効化は、信仰を持たない者たちのしわざというべきです。
 
4.新訳の制限
新訳では、当然のことながら、すでに述べたように固有名詞を変更するにとどまらず、先の日本語訳文章との相違点を強調しなければなりません。そのため、新しい訳本には文章の構成に制限が生じ、窮屈な作業の成果物となります。また、辞書の単語を並べて無味乾燥な文章になったり、既訳の「著作権」 を意識しすぎて日本語としての整った文体から逸脱することになるのです。
 
5.キリストの名前がいろいろ
聖書の種類が違うと、人名にも違いがあるので、困ります。たとえば、お祈りをするとき、キリストの名前がいくつもあったら、どの名前を呼べばいいのでしょう。イエス様、イエスス様、イエズス様、ジーサス様・・・あるいはもっとある別の名前かもしれません。

答えは、「あなたが読んだ聖書の、あなたが信仰告白をしたキリストの名前を呼ぶ」です。そのためにも、一つの群れでは、同じ聖書を用いるのがいいのです。新しく群れに加わる人々のことに想いをいたすことは、神のご意思でもあるでしょう。イエスの時代の言語、日常のアラム語、聖書のヘブル語、公用のギリシャ語でイエスの名を発音できる者は、とっくの昔から存在しないのですから。大事なのは、イエスの名を正しく発音することではないはずです。
 
戻る
 
 
 
 
オリジナル教会の権能:「あなたの思うがままに作成してよい」
ページ制作者 (ささくら宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
2020/3/26
 
(ささくら修道会規約)当会の用いる聖書は、口語訳聖書、文語体聖書、バルバロ聖書差分の3つに限定する。これ以外の、聖書の引用は異端行為として厳禁される。日本語以外の聖書については、文語体聖書の内容に準じるものとする。異端文例(Today's English Version)世事に迎合した改編文章など異端以外の何ものでもない。(異端:=故意に対立すること)
 
ささくら修道会の指定聖書:「日本聖書協会 口語訳聖書」に準拠
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)

バルバロ聖書(旧約差分)
 
いろいろ聖書  ささくら宗の聖書 
 
 
 
 
(修正履歴)

2010/5/25 「笹倉キリスト教会」:この説明書の名前
笹倉宗・聖母マリヤ福音教会:説明書作成の権威の所在
オリジナル教会:通称
ささくら修道会:笹倉宗の別名
2010/10/25、2011/10/23、2012/4/22、2014/7/27

2016/10/14,2016/11/9(新訳の制限)、2018/6/22(聖書写真)
2020/3/24(聖書の供給)