旧約聖書の文面比較

下のいくつかの文章は、旧約聖書の、詩篇22の冒頭部分です。それらは黙読するものではなく、エルサレムの神殿で、また民衆の集会で、王が聖歌隊に歌わせたものであったことを想像してください。それらのいくつかは、ユダヤの民衆の心にしみこんでいたのです。

この二十二篇には、イエスの十字架の情景描写に用いられた箇所があります。イエスの血による罪のあがないは、旧約聖書、ユダヤ人の聖典に由来します。したがって、それが聖典という権威ある言葉の成就でなければ意味がないのです。イエスがその時、独自の新しい言葉を使われたのだったら、処刑場という場所では、だれも聞き取れなかったのです。
 
聖書は文学作品ではありません。宗教行事用の聖典です。日本語訳の場合、信徒の老若男女が読むことを想定すれば、日本語として読みやすく、また漢字にはルビが必要です。
  
笹倉宗の聖書

旧約聖書目次
 
 1 日本聖書協会 「口語訳(こうごやく)」聖書
口語訳聖書の由緒
 
講談社 「フェデリコ・バルバロ訳」聖書 
日本聖書協会 共同訳聖書 
  日本聖書協会 「文語訳」聖書 
ZONDERVAN BIBLE PUBLISHERS 「NEW MARKED REFERENCE BIBLE」 
  どのような聖書を持とうと、個人の自由です。しかし、個人の好みにとどめておいてください。当教会での議論の対象にしないように願います。 

2010/5/18 笹倉キリスト教会 笹倉正義
2011/10/23、2012/1/2、2012/11/3、
2014/7/27(旧約聖書目次)