(6)グアムの書店(聖書購入)

「BOOKS」という看板を見たので、聖書があれば記念に買おうと思った
 
 
1.プロテスタントの聖書観
その時に買った聖書を改めて見てみると、「聖書命(いのち)」のプロテスタントのものだという感じがした。プロテスタントの聖書観は、旧約・新約の文章全部が「聖」であり、心に感じて抜き出した文章を「聖句」と呼ぶ。

しかし、それではイエス・キリストを語っているはずの「物語」は見えてこない。プロテスタントの聖書は、いたせりつくせりのようではあるが、その実物語が隠れてしまっているので、生きた信仰には至りにくい。聖書が第一なので、信者による各者各様の解釈がむしろ推奨されている。各者各様の価値観からは、信者の一体感は生まれなくて当然なのに、なぜそれがいいのだろう。

2.唯一の報道文書(ほうどうぶんしょ) (ルカとパウロ)
キリスト教として、物語のある文書は、「ルカによる福音書」と「使徒行伝」の二つであることが、今のわたしにはわかっている。

しかし、プロテスタントの推奨文書は、「ヨハネによる福音書」、旧約聖書、とくに「箴言」、「ヨブ記」である。「ヨハネによる福音書」と「ヨブ記」は物語があるようで、実は哲学であり、哲学の本質の一つ「他者との優位性」を求める下心が内在する。信者による「信仰による一致」から遠いのでは、はたして宗教と言えるのだろうか。むしろ、哲学なのではないだろうか。

3.聖書観の変化(マリヤさんの存在感)
新婚旅行した当時は、そのようなことは考えたこともなかった。 キリスト教の説明書を作り始めて8年ぐらい経つ今、カトリック教会の歴史をイタリヤの歴史物語から垣間(かいま)見て、改めてプロテスタントについて考えて見たのだった。極端な言い方をすれば、ばらばらなプロテスタント教会が唯一一致するのは、反ローマ・カトリック教会であり、その象徴でもある聖母マリヤを隠し続けていることだった。

しかし、どこの教会の要請によってでもなく、もちろん自らの要請でもなく始まった、Web説明書の制作は、そのマリヤさん抜きで キリスト教会を語ることは、むずかしいということに行き着いた。

そして、パウロが手紙に書いたことばを思い出し、聖母マリヤと同行した女性たちの活動に思い至り、再認識させられた。

(テモテへの第一の手紙)
2-11女は静かにしていて、万事につけ従順に教えを学ぶがよい。2-12女が教えたり、男の上に立ったりすることを、わたしは許さない。むしろ、静かにしているべきである。2-13なぜなら、アダムがさきに造られ、それからエバが造られたからである。

パウロはなぜこのようなことを言ったのだろう。アンテオケのテオピロの私邸での集会では、マリヤと彼女に従ってきた女性たちとが、前に立って証言することがあったのではないかと思う。パウロにしてみれば、無学な女たちが、集会で発言することは不謹慎きわまることではなかったろうか。このごろは、そのように考えることがある。
 
次へ

アダムとエバのはじまり  まさよし・えつこ
2018/3/4、3/17、5/23