口語訳(こうごやく)聖書の由緒(ゆいしょ)

日本のキリスト教徒あるいはクリスチャンが聖典とすべき聖書として、笹倉(ささくら)キリスト教会は口語訳聖書が唯一であるとしました。その理由は、これから信仰に入ろうと人々が無用に迷わないため、また教会内部において、聖書そのものが議論の対象にならないためです。聖書はしょせん人の手によるものです。どれが本当かという議論は空しいことです。それでも私たちは聖書なしには、三位一体の神に近づく手段がありません。口語訳聖書の由緒とは、それが舊新約聖書(文語体聖書)を改訳したものであるということです。
 
 
なぜマリヤなの?
口語訳(こうごやく)聖書は、このように、舊新約(きゅうしんやく)聖書の文語体を口語体に改めたものです。カタカナ名はほぼ踏襲されているので、信徒に違和感をあたえません。口語訳を読んだ者が文語体聖書を読んでも違和感がありません。
1.新約と旧約
新約(しんやく)聖書、旧約(きゅうやく)聖書の「約」は、神様と人間の「約束」という意味です。旧約聖書は、イエス・キリスト以前の聖書で、ユダヤ教の聖典であり、イエス・キリストによる救いの原理となったものです。新約聖書は、救主イエスの福音と、パウロの手紙、パウロの活動の裏づけとなる使徒行伝などから構成されています。これがキリスト教の聖典です。旧約や新約の「約」は、翻訳や改訳の「訳」とは意味が異なります。 
 
2.だれもが読める配慮
これらの聖書のすぐれた点は、漢字にルビがふってあり、ひらがなが読める者は漢字を知らなくても読めるということです。老若男女だれでも読める環境であるということは、キリスト教拡大の根本であるべきです。改訳にあたって、カナ言葉(名詞)がほとんど踏襲されていることも、信仰の諸先輩の祈りを見る思いです。キリスト教の拡大のためには名詞を変更してはならないことは基本中の基本です。 
 
3.著作権の文書ではない
聖書は、それぞれに関連のない文書の集まりです。特に旧約聖書は、作成者も年代も違います。物語や律法を文書にできなかったヘブルの時代のものが、ユダヤ人の時代になって文書化されたものがほとんどです。旧約聖書は、ユダヤ人のためだけのものであり、神エホバはユダヤ人だけの神です。ユダヤ人たちにとって、自分たちは神エホバに選ばれたもの、選民という自負があります。

新約聖書は、キリスト教の黎明期に書かれたもので、その期間はせいぜい100年です。主流派の用いた文書は、ルカがテオピロに報告したもので、「ルカによる福音書」と「使徒行伝」の二つを基礎としています。「使徒行伝」は、パウロの手紙群を裏づけしますし、パウロの手紙群は「キリスト教」神学を導きます。 

しかし、著作権などというものがない時代のことでもあり、文書の再利用や、再編成、書き換えなどが横行しました。それはローマ皇帝コンスタンティヌスの名によって、新約聖書の文書が確定するまで続いたのです。だから、新約聖書の読み方を誤れば、信仰の羅針盤に狂いを生じます。

それは、文章のひとつひとつを吟味したところで、何の意味もないことを示しています。口語訳聖書、文語体聖書のどちらでも、信仰に導く文書として、必要十分です。
 
4.注釈のない意味
この聖書には、注釈が一切ありません。注釈があれば、それがあなたの信仰を、注釈者のレベルに封印してしまいます。あるいはあなたの信仰をそこなう危険もあります。あなたの信仰の成長がイエス・キリストに向って自由に伸びるようにと祈る者は、注釈を加えた本に「聖書」を冠することはふさわしくないと考えるのです。
 
1.俗人訳聖書(「らい病」を「重い皮膚病」にした口語訳聖書)
2.「重い皮膚病」とは
3.聖書の種類と発売元
 
 

2012/4/17 笹倉キリスト教会 笹倉正義
2012/4/18、2012/4/29、2012/5/10、2016/10/14