笹倉宗(ささくらしゅう)の聖書

「笹倉キリスト教会」と仮称したキリスト教説明書作成の過程で、信仰的必然性により生じた、笹倉宗(ささくら修道会)の使用する日本語聖書は、口語訳聖書(日本聖書協会刊行)と定めました。聖人や地名は、これによります。たとえば、初代教皇の日本語の呼び名はペテロですし、聖母の名前はマリヤです。わたしたちのグループでは、これを変えることはありません。一度決めた固有名詞を変えることは、混乱をもたらす元凶であり、キリスト教世界における大罪です。
 
口語訳聖書一覧(購入)
 
1.聖書の条件
1)民意なるものの反映がないこと。(民意の耳さわりの良さに、神の痕跡を消そうと、悪魔が利用する)
2)本の中に注釈がないこと。(注釈は信仰の成長を注釈者のレベルに封印してしまう)
3)由緒正しいこと。(特に名詞(人名、地名)が継承されていること。翻訳された時点で日本語化されている)
4)カトリック聖書の旧約聖書差分(8文書)を含むこと。
 
「ささくら」聖書大学
口語訳聖書の「旧約」「新約」の全文を掲載し、「ささくら修道会」の教理の根本となる、神学的注釈を加えています。したがいまして、加えられた注釈はわが修道会独自のものであり、他の会派の教義を干渉する意図はありません。そのほか聖書の視野を広げるに役立ついくつかの文書を加えています。旧約聖書はすべてユダヤ人のための記述です。ユダヤ人の枠組みから普遍的な宗教へと発展させた文書は、ルカによる二つの文書、「ルカによる福音書」と「使徒行伝」の二つです。「ささくら修道会」の門をたたこうとするものは、この二つをおさえなければなりません。すなわち、聖母マリヤ抜きの信仰はあり得ません。
 
カトリック・バルバロ聖書
ここには口語訳聖書には含まれない文書を掲載しています。ことに「マカバイの書上」は、ヘロデ大王をさかのぼって、アレキサンダー大王がペルシャを打ち破って後のギリシャ化の圧力、それに対抗した「司祭」による反ギリシャ化運動、そして「大祭司」支配による独立時代のあったことを分からせてくれます。
 
2.「由緒ある」と「注釈なし」の(例) 
口語訳聖書の由緒
口語訳聖書は、文語体聖書を口語体に改めたもので、固有名詞の変更はほとんどありません。一番肝心な「マリヤ」さまの名前の変更はありません。
 
いろいろ聖書
このWeb説明書作成の過程で、聖書がいくつかあり、固有名詞も違うものがあることに気づき、改めてどの聖書を基準にすべきかに思いが至り、それは「口語聖書」であると決めたのです。信仰の先輩たちの労苦を平気でふいにするような者は許せません。破門です。
 
3.民意反映の(例)
いつからかは判りませんが、すくなくとも2011年に買った口語訳聖書では、元々「らい病」と記述されていたものが、「重い皮膚病」に訂正されておりました。これは同名の本でありながら、別物です。「口語訳聖書」の市販本は今のところこれしかなく、購入選択の余地はないのですが、幸いなことに、今はインターネット使って変更前のものを読者に提供できます。わが修道会では、それの記述を基準とします。

聖書を引用する場合は、ここに置いてある口語訳聖書(新約聖書1954年改訳、旧約聖書1955年改訳)のテキストをお使いください。ただ、入力ミスを考慮し、紙の聖書との照合を忘れないでください。

2011年に設立された、(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会のある限り、そのネット上の文面は変更されません。そのため、引用された聖句は決して古くなりません。
 
「重い皮膚病」では、「水虫」や「いんきんタムシ」とどこが違うでしょうか。それで、人でなくなって、人里はなれた谷などに遺棄されるというのでしょうか。罹患の悲劇と深い絶望は、「らい病」でなくては表せません。今は、病原もはっきりしており、完治できるので、パーキンソン病という名称があります。しかし、聖書のらい病はパーキンソン病と置き換えることはできません。病名には歴史的なものがあり、今では許されない表現も、聖書から取り除くべきではありません。それは主である神の力を、救いを求める人々から奪ってしまうのです。固有名詞を変えたがる者は、神のことではなく、自分たちのことを考えているのです。破門です。
 
笹倉宗の聖書(旧約1955年版)    出版社による変更版(2002年版) 
     
レビ記(らい病発症の確認)
13-1主はまたモーセとアロンに言われた、1-2「人がその身の皮に腫れ、あるいは吹出物、あるいは光る所ができ、これがその身の皮に
らい病の患部のようになるならば、その人を祭司アロンまたは、祭司なるアロンの子たちのひとりのもとに、連れて行かなければならない。1-3祭司はその身の皮の患部を見、その患部の毛がもし白く変り、かつ患部が、その身の皮よりも深く見えるならば、それはらい病の患部である。祭司は彼を見て、これを汚れた者としなければならない。
 
  レビ記
13-1主はまたモーセとアロンに言われた、1-2「人がその身の皮に腫れ、あるいは吹出物、あるいは光る所ができ、これがその身の皮に
重い皮膚病の患部のようになるならば、その人を祭司アロンまたは、祭司なるアロンの子たちのひとりのもとに、連れて行かなければならない。1-3祭司はその身の皮の患部を見、その患部の毛がもし白く変り、かつ患部が、その身の皮よりも深く見えるならば、それは重い皮膚病の患部である。祭司は彼を見て、これを汚れた者としなければならない。
 
レビ記(らい病発症の確認)
13-40人がもしその頭から毛が抜け落ちても、それがはげならば清い。13-41もしその額の毛が抜け落ちても、それが額のはげならば清い。13-42けれども、もしそのはげ頭または、はげ額に赤みをおびた白い患部があるならば、それはそのはげ頭または、はげ額に
らい病が発したのである。
 
 
  レビ記
13-40人がもしその頭から毛が抜け落ちても、それがはげならば清い。13-41もしその額の毛が抜け落ちても、それが額のはげならば清い。13-42けれども、もしそのはげ頭または、はげ額に赤みをおびた白い患部があるならば、それはそのはげ頭または、はげ額に重い皮膚病が発したのである。
 
レビ記(汚れた者は)
13-45患部のある
らい病人は、その衣服を裂き、その頭を現し、その口ひげをおおって『汚れた者、汚れた者』と呼ばわらなければならない。13-46その患部が身にある日の間は汚れた者としなければならない。その人は汚れた者であるから、離れて住まなければならない。すなわち、そのすまいは宿営の外でなければならない。
  
  レビ記
13-45重い皮膚病の患者は、その衣服を裂き、その頭を現し、その口ひげをおおって『汚れた者、汚れた者』と呼ばわらなければならない。13-46その患部が身にある日の間は汚れた者としなければならない。その人は汚れた者であるから、離れて住まなければならない。すなわち、そのすまいは宿営の外でなければならない。 
レビ記(清くされた者は)
14-1主はまたモーセに言われた、14-2「
らい病人が清い者とされる時のおきては次のとおりである。すなわち、その人を祭司のもとに連れて行き、14-3祭司は宿営の外に出て行って、その人を見、もしらい病の患部がいえているならば、14-4祭司は命じてその清められる者のために、生きている清い小鳥二羽と、香柏の木と、緋の糸と、ヒソプとを取ってこさせ、14-5祭司はまた命じて、その小鳥一羽を、流れ水を盛った土の器の上で殺させ、14-6そして生きている小鳥を、香柏の木と、緋の糸と、ヒソプと共に取って、これをかの流れ水を盛った土の器の上で殺した小鳥の血に、その生きている小鳥と共に浸し、14-7これをらい病から清められる者に七たび注いで、その人を清い者とし、その生きている小鳥は野に放たなければならない」。
  
  省略 
レビ記(らい病に関するおきて)
14-54これは
らい病のすべての患部、かいせん、14-55および衣服と家のらい病、14-56ならびに腫と 、吹出物と、光る所とに関するおきてであって、14-57いつそれが汚れているか、いつそれが清いかを教えるものである。これがらい病に関するおきてである。
 
  レビ記
14-54これは重い皮膚病のすべての患部、かいせん、14-55および衣服と家の悪性のかび、14-56ならびに腫と 、吹出物と、光る所とに関するおきてであって、14-57いつそれが汚れているか、いつそれが清いかを教えるものである。これが重い皮膚病に関するおきてである。 
民数記
5-1主はまたモーセに言われた、5-2「イスラエルの人々に命じて、
らい病人、流出のある者、死体にふれて汚れた者を、ことごとく宿営の外に出させなさい。男でも女でも、あなたがたは彼らを宿営の外に出してそこにおらせ、彼らに宿営を汚させてはならない。わたしがその中に住んでいるからである」。イスラエルの人々はそのようにして、彼らを宿営の外に出した。すなわち、主がモーセに言われたようにイスラエルの人々は行った。
 
 
  民数記
5-1主はまたモーセに言われた、5-2「イスラエルの人々に命じて、重い皮膚病の患者、流出のある者、死体にふれて汚れた者を、ことごとく宿営の外に出させなさい。男でも女でも、あなたがたは彼らを宿営の外に出してそこにおらせ、彼らに宿営を汚させてはならない。わたしがその中に住んでいるからである」。イスラエルの人々はそのようにして、彼らを宿営の外に出した。すなわち、主がモーセに言われたようにイスラエルの人々は行った。
  
民数記
12-5主は雲の柱のうちにあって下り、幕屋の入口に立って、アロンとミリアムを呼ばれた。彼らふたりが進み出ると、12-6彼らに言われた、「あなたがたは、いま、わたしの言葉を聞きなさい。あなたがたのうちに、もし、預言者があるならば、主なるわたしは幻をもって、これにわたしを知らせ、また夢をもって、これと語るであろう。12-7しかし、わたしのしもべモーセとは、そうではない。彼はわたしの全家に忠信なる者である。12-8彼とは、わたしは口ずから語り、明らかに言って、なぞを使わない。彼はまた主の形を見るのである。なぜ、あなたがたはわたしのしもべモーセを恐れず非難するのか」。

 
主は彼らにむかい怒りを発して去られた。12-10雲が幕屋の上を離れ去った時、ミリアムは、らい病となり、その身は雪のように白くなった。アロンがふり返ってミリアムを見ると、彼女はらい病になっていた。
 
 
  民数記
12-5主は雲の柱のうちにあって下り、幕屋の入口に立って、アロンとミリアムを呼ばれた。彼らふたりが進み出ると、12-6彼らに言われた、「あなたがたは、いま、わたしの言葉を聞きなさい。あなたがたのうちに、もし、預言者があるならば、主なるわたしは幻をもって、これにわたしを知らせ、また夢をもって、これと語るであろう。12-7しかし、わたしのしもべモーセとは、そうではない。彼はわたしの全家に忠信なる者である。12-8彼とは、わたしは口ずから語り、明らかに言って、なぞを使わない。彼はまた主の形を見るのである。なぜ、あなたがたはわたしのしもべモーセを恐れず非難するのか」。

 
主は彼らにむかい怒りを発して去られた。12-10雲が幕屋の上を離れ去った時、ミリアムは、重い皮膚病となり、その身は雪のように白くなった。アロンがふり返ってミリアムを見ると、彼女は重い皮膚病になっていた。 
THE NEW TESTANENT
REVISED STANDARD VERSION
LUKE 5-12 While he was in one of the cities,there came a man full of leprosy;and when he saw Jesus,he fell on his face and besought him,"Lord,if you will,you can make me clean."

口語訳聖書は、「leprosy」を 「a dreaded skin」に置き換えただけである。
  BIBLE Today's English Version
Luke 5-12 Once Jesus was in a town where there was a man who was suffering from a dreaded skin disease .When he saw Jesus ,he threw himself down and begged him ,"Sir,if you want to,you can make me clean!"

英語版では、文章が現代表現になる中で、らい病を使わなくなっている。単語だけを入替えてはいない。本のタイトルが変更されている別物なのである。 

2011/1/9 笹倉キリスト教会 笹倉正義
2011/1/12、2011/2/12、2011/3/11、2011/06/20、2011/6/25、2011/6/26、2011/7/9、2011/7/26、
2011/7/29、2011/8/22、2011/8/31、2011/10/20、2011/10/23、2011/10/31、2011/11/30
2012/4/17、2012/4/22、2012/4/29、2014/7/27

2015/1/1(メッセージ、メッセージにはですます体を使用)、2015/6/7さそう->ささくら
2016/10/12全面推敲 
(メッセージ)本Web中の「笹倉」に関する名称は、以下のように使い分けています。
1.笹倉キリスト教会:Webキリスト教説明書の名前
2.聖母マリヤ福音教会:説明書作成の母体となる教会
3.笹倉宗(ささくら修道会):宣教の実働部隊を統括する組織