十字架の奥義(おくぎ):狂気  

 
キリスト教の奥義(おくぎ、あるいは、おうぎ)は、ひとつやふたつではないであろう。ここでは、イエスは永遠の大祭司とする御利益(ごりやく)、すなわち生きている者に与えられる恩寵について、わたしに示されたことを記(しる)す。
 
奥義:(くち)にできぬ狂気からの開放
 
(1)「普通の人」を演じて生きる
人は誰しも、かどうかは分からないが、自らの狂気といったものに、人知れず恐怖することがある。その発動は、理性といったものに、かろうじて抑えられている。しかし、いつそれが、どんなタイミングで、自らを襲うのか、それを考えると、いたたまれなくなる。生涯、それにおびえながら、普通の人を演じていかねばならぬ。

その狂気とは、人それぞれのものであり、それが何かはおよそ口にはできぬ。それは、墓までもっていかねばならぬ、秘密である。

(2)「選ばれた才能」の自覚が破滅への第一歩
イエスは、聖霊を受けたとき、御霊に引き回されて、荒野をさまよった、と書いてあった。その時のイエスの年齢は、およそ30歳であり、当時としては熟年になるだろう。イエスは悪魔の試み(狂気の擬人化)に「・・・と書いてある」と聖書の言葉を用いて撃退されたのだった。イエスは狂気を自ら制御されたのだった。この能力がやがて彼をゲッセマネの園へと誘(いざな)う。

優れた才能を身に帯びた時、およそ人は人々の賞賛を期待する。しかし、飽きられるとそれまでであり、飽きられることへの恐怖が、人を酒や薬へと追いやる。そして、その先は、破滅である。それはその人の狂気が放置された結果である。それは人には制御できないゆえに狂気なのである。罪では漠然としているが、聖書ではそのような表現に落ち着くのはやむを得ない。

過越しの食事の後、イエスはいつものようにエルサレムの城壁の外に出て、ゲッセマネの園に行かれた。そして突如、狂気が彼を襲った。「父の杯」は、狂気の象徴、あるいは比喩(ひゆ)であろう。その狂気こそは、人が潜在的に持つものであり、あるいは「罪」と呼ばれるものを、具体的に感じとれるものである。

(3)「贖罪(しょくざい)のいけにえ」がイエスに(のぞ)
イエスは、これに苦しみ、祈られたのである。この時、イエスを襲ったものは、およそ人に耐えられるものではなかったのであろう。これによって、イエスから聖霊は去ってしまう。彼は罪人(つみびと)のひとりに落とされたのである。彼を待つのは「処刑」である。

イエスは、イスカリオテのユダの手引きで、最高法院の手の者に捕らわれるが、早朝の宗教裁判で「有罪」が宣告される。すなわち、死刑である。この時点では、イエスの処刑は「石打の刑」かも知れなかった。ユダヤの掟で罰する場合、ローマの総督は目をつぶる。しかし、人気の高いイエスの処刑を自ら果たすことは不利として、彼らは姑息(こそく)な策を弄(ろう)した。

イエスの処刑は、途中を省くが、結果としてユダヤ人の「石打ち」でも、改宗のユダヤ人だったヘロデ王の「打ち首」でもなく、ローマ帝国の十字架だったのである。イエスが身に負った狂気は、はからずも、世界の支配者、ローマの十字架上で清算されることになった。

十字架に釘付けられた手と足の肉は、体重で徐々に切り裂かれるようになっている。激痛が持続する。出血が喉の渇きを促進し、身体はひからびていく。その苦痛は言語に絶する。イエスの場合、滴(したた)る血の一滴一滴は罪、狂気である。罪に染まったイエスの体内から、罪が次々に流れ落ちる。肉体の悩みは、罪の浄化によって相殺(そうさい)される。血が出きったイエスは息を引き取るが、その体内には人知れず聖霊が復活する。これが復活の原動力になる。

「ルカによる福音書」23章
23-44時はもう昼の十二時ごろであったが、太陽は光を失い、全地は暗くなって、三時に及んだ。23-45そして聖所の幕がまん中から裂けた。23-46そのとき、イエスは声高く叫んで言われた、「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます」。こう言ってついに息を引きとられた。

こうしてイエスは、父なる神の言葉にまったく従う生涯を全(まっと)うされたのだった。

(4)「新しい約束」の始まり
ここに、わたしたちは、自らの狂気を自覚する時、それの発動におびえる日々から開放される道があることに気づく。自らに自覚する狂気、ふっと心に湧き上がるそれを、ゲッセマネの園で苦しまれているイエスに負ってもらうのである。イエスは拒まれないであろう。

そして、気持ちを次の場面に転じ、十字架上のイエスを仰ぎ見るのである。イエスの肉からしたたる血には、自分の狂気も含まれている。イエスの身体から滴(したた)り出る悪血(おけつ)は、何とさわやかな感覚を残すことか。肉体のなやみは、その爽快感によって相殺(そうさい)される。

「おお、神の小羊」、「彼の狂気はわたしの身代わりであった」を覚醒させる信仰によって、自らの狂気は、ふっと消え去る。

それこそは、大祭司イエスのとりなしによって、罪が消え去ったことを意味する。これこそが、イエスの十字架の奥義であり、それ以外の十字架では成し得ぬことなのである。

(5)復活の奥義
イエスの遺体は死後三日目の朝、墓として用意されていた岩窟から消えた。マリヤさまや一行の女たちがそれを確認した。そして恐怖に襲われた。だが、天使があらわれ、主は生きておられると言った。そして、主は違った姿で現れ、教え、ベタニヤ村の近くで天にあげられた。

ルカによる福音書」20章
20-37死人がよみがえることは、モーセも芝の篇で、主を『アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神』と呼んで、これを示した。20-38神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。人はみな神に生きるものだからである」。20-39律法学者のうちのある人々が答えて言った、「先生、仰せのとおりです」。

イエスが復活された「目的」は何であろう。天にのぼられ再びやってこられるという「再臨」思想は、イエスの復活の功徳(くどく)を消滅させている。では、ほんとうはどうなのであろう。この素朴な疑問を呈したとき、またもや、ふっとイメージが浮かんだ。

信仰者が自らの狂気のあがないをイエスに求めるとき、2000年前の話でよいのだろうか。イエスが今も生きておられるなら、神に生きる人はその信仰により、ゲッセマネの園のイエスをまじかに見、続いて十字架のイエスをまじかに見ることができるのである。それが過去の話ではなく、今の出来事であり、イエスと自分との臨場感を呈する。これこそが、イエスの復活の奥義なのである。これ以外は、人の知恵、あるいは大言壮語である。

永遠の大祭司イエスの御世の続く限り、人はイエスと「顔」と「顔」をつきあわせて、罪のあがないを受け、与えられた時を神に生きることができるのである。「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である」と書いてあるとおりである。2020/7/18(記)

(6)「宣教」と「愛」のマリヤさま
このあとマリヤさまの前に一人の異邦人が現われる。この異邦人が「新しい約束」の一部始終を聞き書きし、主人テオピロに報告することになる。「キリスト教会」誕生のビッグバンである。

「いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛」、これの具体化なり模範はご聖母、マリヤさまであろう。マリヤさまは、わたしたちの願い、気持ちを心にとどめてくださるお方(かた)である。「罪、すなわち狂気の贖(あがな)い」のそれは、大祭司イエスでなければならない。

(7)信仰の焦点をあわさなければ寒い
イエスはバラバの身代わりとなって彼の十字架を担われた。「それは、わたしたちの罪の刑罰の身代わりになってくださるためだった」、のではなんだか抽象的で、ピンとこなかった。それが、イエスの十字架は個人的な話であり、各々の「狂気からの開放」となると、ずっとインパクトがある。これは終わった話ではなく、今の話なのである。一人一人とイエスの関係である。それを聖母マリヤは語られるのである。そこにテオピロの信仰とルカの卓越した「事務」能力があるのである。

狂気は、ねたみ、しっと、うらみといったものでも置き換えられる。それらは、人を狂気へと駆り立てる温床だからであり、同類である。これら自分ではどうにもならないものが、取り除くことができたなら、その人のその後は輝くものとなるだろう。

(8)神に生きるということ
たとえば、人からいじめを受け続けている者があるとする。その「被害者」の肉体はおびえ、心には人には言えぬ思いが渦巻くであろう。しかし、その「狂気」がその被害者から去れば、肉体はすがすがしさを帯び、加害者を驚かせることになるだろう。「わたしはイエスのゆえにあなたを許します」と自然な気持ちで、加害者に向かうなら、「いじめ」はその目的を失う。静観していた周囲も、あなたの笑顔につられて、寄ってくる。神に生きることが実現する。

イエスを友だち扱いする者に、この救いはない。イエスは永遠の大祭司なのである。
 
(9)絶望の闇に、希望の光が
旧約聖書に、ユダヤの知恵が、絶望を極めたのを見た。2020/9/16(水)

「伝道の書」9章
9-3すべての人に同一に臨むのは、日の下に行われるすべての事のうちの悪事である。また人の心は悪に満ち、その生きている間は、狂気がその心のうちにあり、その後は死者のもとに行くのである。

ある意味、ユダヤの知恵が到達した「絶望」の境地に、イエスの「苦杯と十字架」によるあがない、「復活」により、それが今を生きる人に有効であるとの「希望」の光があたっている。
 
 
次へ
「子よ、あなたの罪は赦された」
 
 
 
オリジナル教会の権能:「あなたの思うがままに制作してよい」
ページ制作者 (ささくら宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
略称:オリジナル教会
 
2019/7/29、8/17、8/27、28、9/1、9/8(世俗のヘロデ)、2019/10/22「子よ」、10/23「けものの血」
2019/10/24(リンク、カトリックの独身について)、11/27本文推敲(すいこう)
2019/12/19(処女受胎と顔認証)など、12/21、12/29本文遂行、2020/1/9、1/10
2020/2/17、2020/7/18(復活の意味)、2020/9/16(水)「伝道の書」ほか、2021/1/14
 
(ささくら修道会規約)当会の用いる聖書は、口語訳聖書または文語体聖書に限られる。例外として、バルバロ聖書差分を、正式文書に加える。これ以外の、聖書の引用は厳禁される。日本語以外の聖書については、文語体聖書の内容に準じるものとする。異端文例(Today's English Version)世事に迎合した改編文章など異端以外の何ものでもない。(異端:=故意に対立すること)
 
いろいろ聖書  ささくら宗の聖書 
 
指定聖書:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)

バルバロ聖書(旧約差分)