笹倉宗(ささくらしゅう)  

ささくら修道会(しゅうどうかい)
この説明書の作成がはじまったのは2010年、その規模が大きくなる予感があり、キリスト教の説明書を作るからには、その依頼主があるはずだという思いがした。その依頼主である教会を、「聖母マリヤ福音教会」と仮称し、その宗派を「笹倉宗」とした。その理由は、どんな説明書ができるのか、またその影響はどうかとなったときに、カトリック教会にもプロテスタント諸教会にも、説明のしようがなかったからのことだった。

説明書作成の過程で、それまでいくつかの疑問はあったが、解決せずとも済んでいた。しかし、説明書作成となれば、疑問点をはぐらかしたままでは済まされない。事実、疑問を疑問として呈したとき、翌日には解が与えられるということが起こった。そして、それはすぐさま書きとめられ、UPされた。その最初は、テオピロとルカについての疑問であったが、その解はすぐさま与えられ、「異邦人による聖書の物語」として、書きとめられたのだった。

この説明書の源は、テオピロとルカの信仰であり、とりもなおさずカペナウムの百卒長とその僕のそれから湧き出ている。これは、キリスト教発展の源が、異邦人の手によっているのであり、ユダヤ人の手によるものないという仮定に行き着く。

聖書はもとより、ソクラテスの弁明、ギリシャ神話、ローマ神話「アエネイス」、ミチオ書(自己研修資料)などを読み進むうちに、キリスト教会は再び(ローマ)カトリック教会に回帰すべきではないのかという思いを持った。カトリック教会には、さまざまな修道会がある。日本に最初に渡来したザビエルは、「イエズス会」創設メンバーの一人である。

立場の違いは、福音書にも見られる。ルカ書とヨハネ書に大別される。前者は「主流」であり宣教という仕事をする。後者は「非主流」であり仕事の代りに哲学する。カトリックは、この大きな二つの思想をも呑み込むことができる。

プロテスタントは、カトリックへのあてこすりもあるのか聖母マリヤの神聖を否定する。また、旧約聖書とヨハネ書とを使う。かつてプロテスタントが伸びたのは、宣教のゆえではない。諸侯、あるいは国家の思惑によるところが大きかったが、ここでは詳細を述べない。

ここに来て、日本には、「主流派」が存在しないのだ、と気がついた。これでは日本にはキリスト教人口は増えない通りだったのだ。つまり、増えなくて当然、という意味である。非主流は、主流があってはじめての存在である。

そこで、あらためてこの説明書の目的を自らに問うとき、「主流」を出現させるため、という答えが導かれる。そして、その宗派が「ささくら修道会」なのである。いつの日か、ローマ教会が、この宗派を迎えてくれるかどうか、それを今は問うまい。
 
2016/10/24(ささくら修道会)聖母マリヤ福音教会
通称:オリジナル教会
代表者:笹倉正義
 
聖書は民法(みんぽう)
民法という法律があります。民法は日本国民の個人の権利を国家が保証するものです。個人の権利が阻害されると、その旨を国家に訴えることにより、その権利を保障するために国家権力が介入します。民法には、個人が尊重されるので、共用物の処分には所有者全員の同意が必要です。

たとえば共同住宅(分譲型マンション)の場合、共用部の変更に対して民法を適用すると所有者全員同意が必要ですから、おそらく何もできません。その共同住宅は、傷むままになって快適な住環境が損なわれ、資産価値を失っていくでしょう。そのような、日本で定着した分譲型マンションの住環境を維持するに適した法律が望まれ、制定されたのが区分所有法です。分譲型マンションでは、この法律に則って管理組合を組織し、所有者全員が加入します。そして、集会での多数決が認められ、その効力を国家が保障します。この部分だけは、区分所有法(くぶんしょゆうほう)は民法に優先するのです。

さて、キリスト教の聖書には旧約聖書と新約聖書の二つがあります。旧約聖書はユダヤ教の経典です。新約聖書はキリスト教の経典です。旧約聖書は新約聖書の土台です。「約」は約束の約です。その約束は「神」と「人」との契約です。キリスト教にとって、聖書は民法にあたります。キリスト教会は、その教会の教義を独自に作成することが、主なる神によって認められています。その教会固有の教義が、区分所有法にあたるのです。

オリジナル教会は独自の教義を作成し、それを開示します。その上で、信仰告白をして、信徒会員になった者は、その教義を守る義務を負い、代わりに教会の提供する権利を自分のものにできます。その権利は、信仰上のもの、実生活におけるセキュリティ、社会的地位、快適な精神上の住環境などがあげられるでしょう。

教会教義が聖書に優先
オリジナル教会は、その教義を明らかにして、できるだけ分かりやすい記事(コンテンツ)にして開示するように努めます。その結果、オリジナル教会がキリスト教の神に認められたものであるならば、教会会員に対して、その教義が聖書に優先します。聖書にはさまざまの立場が反映されていますので、全部を受け入れようとすると自己矛盾に陥ります。オリジナル教会の教義は、教会会員が善と偽善、本音と建前といった信仰上の矛盾から開放されて、快適な信仰生活を営めることを目的とします。教会会員の義務と権利が、さしつかえのない範囲で公開されます。しかし、権利を守る方法などは、教会や教会会員を守るために、極秘扱いされるものもあります。

教会選択の自由
自らの信仰を教会に関連付けたいと思う人は、カトリック教会、プロテスタント教会、そして今後はオリジナル教会から選ぶことができます。オリジナル教会の教義は、他の教会の教義開示を促すでしょう。

マンションを買うときには、売主から管理規約(かんりきやく)が渡されます。その管理規約が何たるか、その権威の源が民法であり区分所有法であることを知っている人はまずいません。管理組合の役員になってさえも、それに思い至る人は少ないでしょう。しかし、その知識の有無にかかわらず、法律は存在します。個人の権利が法律によって構成員全体の益になるように緩和される法律です。

同様に、教会教義は、その構成会員全体の益となるように、聖書の記述遵守(じゅんしゅ)から緩和する目的も持ちます。そしてそれは、神によって保障されるものでなくてはなりません。オリジナル教会の教義は、教会会員の集会決議によって変更可能です。その教義は、教会会員以外、誰の干渉も受けない権利を有します。(聖書は民法を2013/5/22追記)
 
  
教会の歴史
笹倉宗というキリスト教(聖書解釈)説明書を開示する教会、(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会の歴史は、始まったばかりです。このページ作成日付は、2011/7/31となっており、今日は2013/6/9ですから、せいぜい2年です。また、この教会の最初の目的は、説明書にイエス・キリストの名による権威を与えることと、その開示事業です。しかし、その歴史の本質は、キリスト教の聖書にあります。その聖書が湛えていたものが、今あふれ出しているのですから、日本聖書協会の口語訳聖書刊行に続いた、少なくとも2000年の歴史があります。

それはあたかも、雪をいただく高い山から溶け出した水が、悠久の時を経て、その麓に泉となって湧き出すようなものです。その水は清く、ミネラルを含み、動植物の営みを支えるのです。笹倉宗の説明書は、まだ完成してはいません。しかし、インターネット環境の下、それは乾いていた地面からにじみ出て、地上を潤そうとするのです。
(教会の歴史を2013/6/9追記)
 
笹倉宗本文
世界には、あまたキリスト教会がある。その中で、笹倉宗(ささくらしゅう)は、「笹倉(ささくら)キリスト教会」というマニュアルをインターネットで公開しているキリスト教団体となる。このキリスト教会は、インターネット伝道を主体とする老若男女の集合体であり、集会等も持つことになる。当教会の設立日は、2011/7/28すなわち献金先の定まった日であり、事はすでに成った。

新約聖書には、ギリシャ語を話すユダヤ人たちが関与した、旧約聖書(ダニエル書など)に起因するイエスの再臨、終末思想が混じっている。笹倉キリスト教会はこれら不純物を分離し、精錬する。その不純物の言葉がもたらすイメージは暗く、天変地異、核事故・戦争、悪性ウィルスなど地球規模の災害によって肉なる者がいなくなった世界を連想させる。今、それらが起こる可能性は十二分にあるが、捕われれば絶望にしかつながらない。

彼らは少数派であるが、聖書には深く食い込んでいて引き離すのは困難である。それは取説で指摘するにとどめ、わたしたちは、キリスト教の主流、聖母マリヤとマグダラのマリヤ、ペテロとパウロが証人の、イエス・キリストを仰ぎ見て、大らかな父なる愛の下に集おう。

いろいろな立場とオリジナル教会
1.テオピロ、ルカ、聖母マリヤ、ペテロ、パウロの立場(オリジナル教会設立の原動力)
2.「人の子」再臨思想者の立場
3.ユダヤ人の民族宗教を堅持する立場(割礼しなければ救われない)
3.乱立する宗派を統合したローマ教会の立場
4.カトリック教会に対抗するプロテスタント教会の立場
5.教会(神)の上に立ちたい哲学者(牧師)の立場

「明日のことをおもいわずらうな」と教えられたイエスの言葉を尊び、わたしたちは今日の肉体とその健康、その体内に宿る信仰を喜ぶ。もって、社会の健全な構成員となろう。

日本国の教会としての立場
日本においてキリスト教を布教するためには、日本の国民性を配慮しなければならない。キリスト教が普遍的な教義を備えているにしても、国家民族に配慮すべきことはある。とりわけ、その国民性が歴史的な精神活動を基底にしてあればなおさらである。朝廷、天皇家の歴史は長く、いまなお日本人の求心力がある国はそう多くはない。

当教会は日本人を支える精神基盤、神道(しんとう)、仏教、キリスト教の鼎立(ていりつ)を目ざす。信仰の連立

日本国民統合の象徴である天皇家を支え、日本の平和、世界の平和に寄与しよう。
  
通称:オリジナル教会 

 
オリジナル教会の目標 
11-1さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。11-2昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された。11-3信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉で造られたのであり、したがって、見えるものは現れているものから出てきたのでないことを悟るのである。 
ヘブル人への手紙 (口語訳聖書 日本聖書協会)
  
さて、当教会の信仰とは、キリスト教信者が日本国民の三分の一を占めることなのである。
  
宗門への昇格試験
 
2011/7/31 聖母マリヤ福音教会
2011/9/5、2011/11/3、2011/11/4、2011/11/12、2012/2/2
2012/3/21読みを「さそうしゅう」に、2012/10/6
2013/2/14通称を「オリジナル教会」に、2013/5/15(オリジナル教会の目標追記)、2013/5/19
2013/5/22(聖書は民法追記)、2013/6/9(教会の歴史追記)、2015/3/23
2015/5/3(コンタクト・ミー)、2015/5/29、2015/5/30(余分削除)、015/5/30(推敲)
2015/6/7読みを「さそう」->「ささくら」に