オリジナル教会の目標

1.オリジナル教会
(1)神道(しんとう)、仏教、キリスト教の鼎立(ていりつ)を目指す。日本の歴史、精神風土を守りつつ、論理的にも均整の取れた国家形成を目指す。

(2)日本聖書協会の「口語訳聖書」を教義の原点とする。
さまざまな歴史的経過があり、これからも聖書研究は続くのであるが、われわれはこの聖書に錨をおろし、信ずべき宗教、キリスト教の神を明らかにする。

(3)オリジナル教会の教義は、初代代表のキリスト教説明書制作活動中に受け続けた啓示に基づく。過去のいかなる経過にもよらず、ただ聖書と啓示のみに基づく。

(4)「ルカによる福音書」における歴史認識
ルカのオリジナル文書(福音書と使徒行伝)のみが、自身の調査・見聞を、歴史検証可能な文書に仕立てている。それらの「事実」を自身と主人の信仰に関連付けている。すなわち、ルカとテオピロは、カペナウムの百卒長と彼の僕である。彼らの信仰によって、キリスト教の神が、ユダヤ人の神すなわち氏神を超えて万民の神となられたのである。オリジナル教会は、聖母マリヤ、イエス・キリスト、父なる神、それを認識させる能力を与える聖霊、それらに加えてルカ、テオピロ、パウロを信仰の機軸とするのである。

(5)オリジナル教会は、政治活動をしない。本道を踏み外すに違いないから、選挙活動には加担しない。それよりも人材育成に貢献する道を選ぶ。

(6)オリジナル教会は、日本の風土、精神を生かした、国際的にも通用する事業を展開する。

(7)オリジナル教会の土地、建物、設備は、共用部とみなし、信者会員が管理組合を組織して運営する。分散管理方式。詳細は、教会成長の推移の中で、充実される。

(8)オリジナル教会は、宗教法人となり、信者会員に対して、事業計画と事業報告を行う。
 
 
2.キリスト教の神
(1)キリスト教は、人にとって最大の非条理である「死」を明確に解決した唯一の宗教である。

(2)キリスト教は、人生の「やり直し」に根拠を与える唯一の宗教である。復活の極意を悟る者は、全く新しい自分を得ることができる。何かをすれば失敗する。しなくても失敗する。しかし、両者には明らかな違いがある。オリジナル教会の説くキリスト教には、何かをして失敗した者が、再び起き上がり、後悔のない人生を送る秘訣がある。

(2)キリスト教は、厳しい神を、イエス・キリストの名によって、天の父なる神と呼べる唯一の宗教である。

(3)聖母マリヤの処女受胎に先立つ告知承認と、イエスのゲッセマネの園の苦杯、バラバの十字架の承認、十字架上のとりなしの言葉があって死に渡され、三日目に復活されたことの二つは一対であり、どちらも父なる神の御業(みわざ)であること。

(4)ダビデは、父と子(人の子)と人との関係を言い表していることによって偉大である。マリヤの夫ヨセフの家系は、ダビデ、ナタン、・・・ゼルバベル(捕囚帰還初期)・・・である。ソロモンからの列王の家系ではない。

(5)キリスト教は、貧しい者だけの神ではない。また、御国は金持ちが入れないところではない。キリスト教は、自分を貧しくするための宗教ではない。しかし、貧しい者が一番手に入れやすい物が物資ではなく救いを与える言葉であることは確かである。金持ちの行きがたい天国に自分たちは容易に行けるという信仰は、これもまた確実である。

(6)キリスト教における富者
悪者にされる富者は、富に執着する強欲な者である。ルカのオリジナルはザアカイの救いである。強欲でない金持ちのタイプとして、ザアカイとある役人(ラザロ)のことが書かれている。

(7)「人の子」と来臨(再臨)信仰の源
「人の子」のインスピレーションを与えたのは、古代のハレー彗星である。ハレー彗星は、古代においてはその核(有機物質)が非常に大きかったと考えられる。この星が突如として天に姿を現し、天に雲を張り、その中に異形の「人の子」に似たものが見えたとしたら、畏怖のうちにそれが神の使者ないし神の子と考えても当然である。この現象はダニエルにも解けず、ただ幻として、当時の情勢にからめて書き留めたのである。その「人の子」信仰はイエスの時代まで続き、新約聖書の随所に組み込まれることになった。

(8)福音書の奇跡とコメディア(こっけい話)
福音書にはイエスの権威が誇張されすぎているものがある。「ヨハネによる福音書」には、水をぶどう酒に変えた話とか、死んで四日目になるラザロを墓から呼び出す話が書かれているが、これらはコメディアである。これらの話を抜いてしまうと、イエスのだらだらした言葉が並んでいるだけの本になってしまい、誰も読まない。コメディアがあることによって、イエスのだらだらした話にも目が向き、ちりばめられた真理の言葉に至る。

これ以外の三つの福音書には、キリスト教会の律法がちりばめられている。福音書には、イエスのエピソードに新たな律法をちりばめたものと、コメディアによって真理の言葉に至らせようとするものとがある。聖書は、まことに複雑な構造をしている。

(9)これらのツボを押さえた上で、聖書を読めば、読み誤る危険は軽減される。
  
3.男女平等の考え方
神はなぜ人を男と女に造られたのか。なぜ、両性類ではないのか。なぜ、生まれたり死んだりするのか。男と女とは、それを外観的に特徴づける性器構造からして違う。等しくないのである。その違いを正しく受け入れた上で、互いに尊重すべきであり、社会、組織、地域、国家において、平等の権利を有するべきである。結婚は、両性和合の奥義である。これ以外の同一性の性的行為、同居は共棲であり、結婚とは呼ばない。オリジナル教会は、性的ハンディを負う女性に対して、その自立、セキュリティ、子育て、就業の熱意を支援する。聖書は男尊女卑の立場ともとれるが、それは男性の持つ攻撃性に対して、女性の和することやおしゃべりの性質では、教団の維持ができなかったからであろう。男性と女性の関係は、見た目には分からないものである。
 
 
4.布教・教育機関
オリジナル教会のキリスト教説明書は、インターネット上に置かれているが、これを読み理解するする時間は、ほとんどの人にはない。したがって、布教と教育とを受け持つ機関が必要になる。それがどのようなものであるかは、今は隠されている。
  
5.国際貢献
(1)オリジナル教会の国際貢献の最も大きな目標は、日本人から国際組織のリーダー、たとえば国連事務総長やIOC会長の任に就きその役目を果たせるような人材育成である。外国語を話せます、のレベルではない。日本の文化、精神に精通し、大きな視点を持ち、論理的な話ができる、人材の育成である。一人や二人ではだめである。

(2)経済成長の仕組みは、多数の貧者の貧者がいて成り立つ。貧者がいなくなれば、経済成長はない。貧者は、富の配分の比較から生まれる言葉である。全員が貧しくなってら貧者は存在しない。その逆はない。90億の人を豊かに養う資源は、地球に存在しない。これもまた非条理である。貧しい人々に自活の道を与えようとする人や組織に目をとめ、その活動を支えたい。

(3)宗教は、非条理に対する解を得ていなければならない。しかし、自分の教義を国際社会で展開し、国体を揺るがすような活動に利用されてはならない。非条理の解消を目指す政治と、一度は非条理を承認する宗教とは、適度な距離がなければならない。
  
6.付帯事業の例
オリジナル教会の教義につき、その布教活動促進および充実のため、次のような事業を計画実行し、信者会員の人生の質の向上に貢献する。オリジナル教会の信者会員の増加に伴い、さまざまなオリジナル事業の展開が期待できる。良質の顧客に対するスポンサー企業・事業者があるであろう。

A.礼拝堂に関する事業
(1)分譲型マンションの企画・販売・管理(委託事業)
   セキュリティ外共用部徴(敷地内の礼拝設備、託児所、年少者一時預かり所)
   セキュリティ内共用部(集会室、非常食備蓄室、核シェルター)
(2)住宅地における礼拝設備(地域に調和した建物)
(3)農村部の礼拝設備(地域性を配慮して地域ごとに決定)
(4)漁村部の礼拝設備(地域性を配慮して地域ごとに決定)
(5)住宅地全般の礼拝設備(地域性を配慮して地域ごとに決定)
(6)離島、里山地域も地域性を考慮した礼拝設備を設置(住宅に付属等)

B.食の危機管理に関する事業
(1)会員向けの生活協同組合事業を行う。生産者(農村、漁村)と契約を行い、日本で生産されるものは、原則日本で調達し、食の危機管理に寄与する。会員が負担する価格の差額は、食の危機において還元される望みとなる。食糧危機においては、生産者は組合員に優先的に供給するものとする。

C.放送に関する事業

D.出版に関する事業

E.文化活動に関する事業
 
 

2013/5/15 オリジナル教会(初代代表) 笹倉正義
2013/5/16(事業の例を追記)