「ささくら」聖書(せいしょ)大学(だいがく)

シリアのアンテオケから、古代ローマ世界に聖母マリヤのキリスト教が広まり、カトリック教会だけが幾多の物語を残して、2000年の時を刻み、今日なお存在している。その土台は初代教皇ペテロであるが、もうひとつは聖書である。このページには当初口語訳(こうごやく)聖書を全文掲載し、教えられるままに注釈を入れた。その後、キリスト教を貶めたい者に利用されるコーラン、イエスの時代のギリシャ人とアンテオケのルーツがわかるバルバロ聖書(差分)を追加した。哲学の元祖、プラトン哲学のために、「ソクラテスの弁明」を通したギリシャ神を加える。いくつもの大著を擁したこのコンテンツの表題が、単独「聖書」の域を超えたので、「聖書大学(せいしょだいがく)」と改めた。
 
異邦人主従(肉)        パウロ神学(霊)
 異邦人による聖書の物語            キリスト教の礎石    
 
1.聖書の力
2.聖書の源
3.旧約聖書
4.新約聖書
    1)4つの福音書その1(キリスト降臨)
2)4つの福音書その2(たとえ話・奇跡・癒しほか)
3)使徒行伝のあらまし

4)福音書の主な登場人物
5)新約聖書の地図
6)聖書のマニュアルの必要性
7)キリスト教のマニュアルから羅針盤へ

8)ルカ文書のローマ皇帝
5.文書一覧
6.聖典書庫
 
口語訳聖書の由緒
 (新約聖書1954年改訳)の意味
バルバロ旧約聖書 
 (口語訳旧約聖書の差分8文書)
 
 
 研修の書 (only me)
 
ギリシャ神話
(アポロドロス著:タイタンの戦い、アルゴ号の冒険、トロイ、帰還)
ソクラテスの弁明(ギリシャ哲学) (members only)
 プラトン著「ソクラテスの弁明」 久保勉(訳) 岩波文庫
アエネイス(ローマ神話) (members only)
ウェルギリウス著「アエネイス」 杉本正俊(訳) 新評論
日本神話
「日本書紀」・「古事記」日本の統一
法華経
「法華経」坂本幸男、岩本 裕(訳注) 岩波文庫(上)(中)(下)
コーラン(イスラム聖典) (members only)
「コーラン」井筒俊彦(訳) 岩波文庫(上)(中)(下) 
 
members only について
 
  

笹倉キリスト教会 笹倉正義
2011/11/6、2012/4/17、2012/4/22、2012/5/6、2014/3/6(バルバロ訳)
2014/8/30コーランをリンク、2014/9/15(聖書->聖書大学)
2015/4/26(コーランの立ち位置変更)、
2015/7/23(「聖書大学」の一意性のため「笹倉」を冠した)
2016/1/2(異邦人主従リンク、パウロ神学リンク、コーラン紹介文推敲)
2016/9/22笹倉を「ささくら」とした、2017/2/27
2017/3/14法華経