使徒行伝(しとぎょうでん)のペテロ

新約聖書の地図

使徒行伝の構成 
「使徒行伝」は、「ルカによる福音書」の続編として書かれたものであり、二つともテオピロ宛てに書かれている。後年、権威ある文書として成立した時は巻物への写本であったので、第一巻、第二巻と呼ばれた。文章の分量もほぼ同じに調整された。新約聖書としてローマ教会で成立した時には、ルカのオリジナル文書に、さまざまな立場の文書が挿入されたのである。

それはコンスタンティヌス帝の命によって、新約聖書の文書が確定するまで続いたと考えられる。選定されなかった類似文書は、皇帝の命によって、ことごとく焼却された。また、選定文書は「聖」とされ、改ざんが禁止された。

ルカのオリジナル文書は信仰の軍人テオピロに宛てたものであり、それが「百卒長と僕」に関連付けられれば、自ずと理解されることである。


第一部「初代教皇ペテロ」
使徒行伝の前半、第一部はペテロに焦点があてられている。ルカはテオピロから開放されてローマ市民となり、聖母マリヤの元にいて、医者として働きながら、ペテロに注目していたと思われる。ステパノは実在の人物としては、臨場感に著しく欠ける。よって、ステパノはピリポを登場させるための架空の人物とみてさしつかえあるまい。ステパノとピリポに関する話は「物語」というより「小説」の部類であり、ペテロや聖母マリヤなど「証言」をしている者たち、主流派に反発するピリポ・ヨハネ派(100年後のアレクサンドリヤ)の挿入である。

第二部「神学の父パウロ」
後半の第二部は、ルカがパウロに同伴した旅行記になっている。パウロが回心したり、バルナバに誘われて、シリヤのアンテオケの教師になったことなどは聞き書きである。パウロが異邦人を対象とした宣教活動をしていることに、ルカは注目したのである。パウロの眼病のことも聞いていたので、主治医の役目もあった。そのルカへの要請は聖母マリヤからであったとしたい。パウロは数々の困難を経てついにローマに着く。

この使徒行伝の重要なところは、パウロの手紙の裏づけが取れることである。パウロの手紙が残っているのは、そばにいたルカが写本していたからである。このようなことができるのは、テオピロが愛したルカなればこそである。静かな巨人ルカ、信仰の軍人テオピロの二人こそ、わたしたちにキリスト教の至宝をもたらした主従であり、イエス・キリストによる信仰の友である。

この使徒行伝は、ペテロとパウロを軸にした、およそ二十年間の歴史物語である。なお、ステパノの部分は、ピリポを登場させるための、後世の作り話である。いわゆる「ピリポ・ヨハネ派」のしわざである。
 
 
第一部 「使徒行伝のペテロ」 目次 
1.ペンテコステ (1-1)-(2-13)聖霊降臨、離散のユダヤ人たちのお国言葉を語る土着のユダヤ人
2.ペテロの演説 (2-14-42)聖霊の力、漁師ペテロがユダヤ教指導者たちの前で演説
3.持ち物の共有 (2-43-47)一回目
4.ペテロ、足なえを癒す (3-1)-(4-31)癒されたのは四十歳余りの人
5.持ち物の共有 (4-32-35)二回目
6.アナニヤと妻サッピラ (4-36)-(5-11)ペテロ、代金のごまかしを責める
7.律法学者ガマリエルの忠告 (5-12-42)そのままにしておけ)
8.七人の執事の選出 (6-1-7)ステパノ、ピリポ・・・、ギリシャ語のユダヤ人への配給を仕切る者
9.ステパノ、エルサレムにて殉教 (6-8)-(7-60)七執事の筆頭、エルサレムで石打ちで殺される
10.ピリポの活躍話 (8-1-40)エルサレムを追われたギリシャ語のユダヤ人たち
 
---使徒行伝のパウロの部分(9-1-31)は、第二部に記載---
 
11.ペテロの活躍話 (9-32-43)中風のアイネヤを癒す、ヨッパの女タビタを蘇生させる
12.百卒長コルネリオの洗礼 (10-1-48)ペテロの夢、異邦人に招かれる
13.異邦人問題 (11-1-18)割礼を重んじる者とペテロの弁明
14.アンテオケ教会の誕生 (11-19-26)ギリシャ人がキリスト者に加わった
15.第一回献金活動 (11-27-30)-(12-25)献金をバルナバとサウロに託してエルサレム教会へ
16.ヘロデ、ペテロを投獄 (12-1-24)ヘロデ王、ヤコブ殺害し、ペテロを殺害目的で投獄
 
第二部 「使徒行伝のパウロ」
 
次「ペテロの手紙」へ
 
  

2010/12/17(金) 笹倉正義
2011/1/18(火)、2011/2/6(日)-2011/2/8(火)、2011/2/9(水)、2013/4/15(文分番号追加、ステパノ)
2013/4/16(説明文の前面改正)、2018/7/13(金)