初代(しょだい)教皇ペテロ

ペテロは、イエスより少し若く、妻帯者。職業はガリラヤ湖の漁師。温厚実直の愛すべき無骨者。西暦64年にローマで殉教を遂げた。だたし、これは「クオバディス」という小説(作り話)の受け売りである。ペテロの最後は、新約聖書には書かれていない。イエスがペテロを指導者に認定したのは、この言葉である。

「ルカによる福音書」
22-31「シモン、シモン、見よ、サタンはあなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って許された。22-32しかし、わたしはあなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈った。それで、あなたが立ち直ったときには、兄弟たちを力づけてやりなさい」。
最後の晩餐、すなわち「過ぎ越しの食事」の席上での話だと思われるが、その家の二階の広間には、イエスと12人の使徒たち、それにその他の弟子たちや、聖母を含む女性たちが多数いたと信じるほうが理にかなっている。その席上の言葉を、ルカは取材したのである。ルカの書いたものは「小説」ではない。

(修正:2018/7/12)この「ヨハネによる福音書」は、他の書を模した「作り話」であるという認識が今はある。参考にするのはよい。

ペテロの十字架はこれである。行きたくない所へも、その名前のゆえに、イエスに愛された人のゆえに、人々が連れて行くのである。これは大きな重荷である。

「ヨハネによる福音書」
21-18「よくよくあなたに言っておく。あなたが若かった時には、自分で帯をしめて、思いのままに歩きまわっていた。しかし、年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人があなたに帯を結びつけ、行きたくない所へ連れて行くであろう」。
 
次は「神学の父パウロ」へ
 
1.福音書のペテロ   福音書の、ペテロの名前の登場回数は、他の弟子に比較して群を抜く。
1)イエスとの出会い(おびただしく獲れた魚)
2)エピソード(宮の納入金)
3)イエスへの従順、その否定と後悔
  
2.使徒行伝のペテロ   使徒行伝の前半は、ルカがペテロをとおして見た、福音の波動の記録である。
1)聖霊降臨直後のペテロの演説
2)足なえの40歳男の癒と演説
3)ペテロ、サマリヤの魔術師シモンを叱る
4)ルダで中風の男を癒す
5)ヨッパの女、タビタを死から呼び戻す
6)百卒長コルネリオの洗礼
7)御使、ヘロデの魔手からペテロを救う
  
3.ペテロの手紙   あて先は、ポント、ガラテヤ、カパドキヤ、アジヤ、ピテニヤのユダヤ人信者。パウロの行かなかった地域。
1)ペテロの第一の手紙
2)ペテロの第二の手紙
   
 
次は「神学の父パウロ」へ
 
 

2010/11/2(火) 笹倉キリスト教会 笹倉正義
2011/10/25(火)、2018/7/12(木)