ペテロ、パウロ、ヨハネ

新約聖書に足跡が残った三人のユダヤ人宣教師たちがいた。ペテロ、パウロ、ヨハネの三人である。この三人の最初の敵は、西暦40年頃、イエスをキリストと認めないユダヤ人である。ローマ皇帝が彼らの敵となったのは、西暦64年以降のことである。ローマ大火災を経て、キリスト教徒は奴隷社会に瞬く間に浸透し、皇帝に「第二の出エジプト」を連想させた。その時、キリスト教はローマの真の敵となったのである。

さて、この三人が目ざしたものは、イエス・キリストによるユダヤ教の完成を宣べ伝えることであった。全く新しい宗教の樹立ではなかったのである。しかし、かたくなな民、聞く耳を持たぬユダヤ人は、神のひとり子の福音を捨て去った。それから数世紀、苦難の時を経て、イエス・キリストの栄光はローマに輝いた。
 
初代教皇ペテロ
 
神学の父パウロ
 
 終末長老ヨハネ
 
 福音著者マルコ
 
 再臨持論シラス
 
 著者ナタナエル 
 
ペテロとパウロの宣教活動は、ルカが使徒行伝に書き残している。しかし、独特な雰囲気を持つヨハネの文書群はどのようして集められたのか。その立役者はマケドニヤ人ガイオであろう。一連の文書の保存にはガイオとルカの関係を推し量る必要がある。「ヨハネによる福音書」は別格である。智の都、エジプトのアレキサンドリヤあるいは、その都市出身の「哲学者」が書いたものであろう。エピソードは、くずれたものが多いから、マルコ、ルカは読まずに、聞き伝えを基にしていると思う。

パウロは割礼無用論を展開したため、離散のユダヤ人と律法学者のキリスト者双方から糾弾され、何度も命を狙われた。しかし、そのパウロも、本音は同族の福音受諾を期待していた。彼は、ユダヤ人に向って、「外国人に福音を与えてしまっていいのか、この宝をみすみす彼らに取られてもいいのか」と叫んでいたのである。

三人の活動は新約聖書となってユダヤ人の杯からあふれ出た。そしてカトリック教会というすぐれた組織を生み出し、福音を全世界すなわちローマ帝国に浸透させることになった。その時、ユダヤ教徒はイエス・キリストを裏切った張本人としてカトリックの敵にされた。

なお、終末的イエス再臨論が、パウロのテサロニケ人への手紙で、またペテロの手紙で展開され、キリスト教会を混乱させた。それはシルワノが代筆で持論を展開したせいである。 
 
西暦64年のローマ大火災、西暦70年のエルサレム陥落と神殿消失が、その後のキリスト教展開の方向を大きく変えた。土地と神殿を失ったユダヤ人はキリスト者攻撃の自信と力とを失い、代わってローマ帝国がキリスト教を治安上危険な存在と認識した。皇帝の迫害によって、信者の結束はさらに強まり、広がった。おおよそ、迫害の強さは、それを受ける側の値打ちを示している。そして、初期の文書群は新約聖書へと整えられていった。 

2010/12/22(水) 笹倉正義
2011/2/12(日)、2011/3/9(水)、2011/3/27(日)、2011/4/4(月)、2011/10/25(火)、2011/12/10(土)
2012/9/24(月)再臨論シラス(シルワノ)を追加、2012/12/24(月)目次を上に
2012/12/31(月)三人のユダヤ人宣教師->ペテロ、パウロ、ヨハネ
2017/8/14(文字コードをシフトJISに)