使徒行伝のパウロ

新約聖書の地図

第二部の注目点 
1.パウロが書いた手紙の歴史的背景が分かる。
2.パウロの弟子、ギリシャ人テトスの活動は、パウロの手紙のみに書いてある。
3.パウロの弟子、ルステラのテモテに、パウロが割礼を受けさせたことが分かる。
4.カイザリヤの獄は、エルサレムにこだわったパウロの計算違いであることが分かる。
5.パウロは不本意にもローマ帝国の囚人となり、あしかけ四年間を棒に振った。
  しかし、カイザリヤの獄中書簡は後世に残り、キリスト教の奥義を照らしている。
6.この第二部と、パウロの書簡を合わせて読むと、歴史的視野が広くなる。
  ルカがパウロの手紙を写本し、手元に残したことは、読者は容易に想像できるだろう。

 
第二部 「使徒行伝のパウロ」 目次 

1.パウロの回心 (8-1-3)-(9-1-31)ダマスコへ向かい、キリスト者捕縛の途上、栄光のイエスの声を聞く
2.アンテオケ教会 (11-19-30)-(12-25)シリヤの要衝の地、上流階級の町、バルナバのホームグランド)
     「テトスへの手紙」を書く (テトスは、パリサイ人律法学者時代のパウロの、改宗者)

3.第一回伝道旅行 (13-1-52)-(14-1-27)ルステラでテモテの家族と親しくなる。テモテ献身の打診。
     「ヘブル人への手紙」を書く (本来アンテオケ教会への手紙、テモテ献身の許しを得る

4.エルサレム会議 (15-1-34)割礼問題の討議、異邦人には割礼不要の旨書簡にて諸教会に伝達
5.第二回伝道旅行 (15-35-41)-(16-1-40)-(17-1-32)-(18-1-22)ルカの同伴、シラス、プリスキラ夫妻
     「テサロニケ人への第一の手紙」 (信仰の励まし)テモテ派遣、アテネより
      「テサロニケ人への第二の手紙」 (来臨、働かざる者食うべからず)代筆シラスの再臨思想混入

6.奥地歴訪とエペソ滞在二年三ヶ月 (18-23-28)-(19-1-20)アポロとプリスキラ夫妻
7.宣教の新天地はローマ、エペソ騒動 (19-21-41)女神アルテミス、銀細工人デメテリオ
      「ローマ人への手紙」を書く 「コリント人への第一の手紙」に書かれた「前の手紙」
      「コリント人への第一の手紙」を書く (献金の依頼)
      「コリント人への第二の手紙」を書く

8.ギリシャで越冬 (20-1-3)危険な冬の航海を避けた--->パウロはこのあたりの航海に詳しい
      「テモテへの第一の手紙」を書く (エペソにとどまっていなさい)

9.ミレトの別れ (20-4-38)危険なエルサレムを経由するパウロのなみなみならぬ決意の披露
10.エルサレム到着 (21-1-17)ペンテコステまでに、日数が克明に記述)
11.ヤコブの忠告 (21-18-26)パウロの風評にエルサレム教会が迷惑している様子)
12.パウロ渦中の人となる (21-27-40)-(22-1-30)-(23-1-22)アジヤ地方でのユダヤ人との確執再燃
13.千卒長ルシヤのはからい (23-23-35)ローマの市民権を持つパウロをカイザリヤの兵営に護送
14.ペリクス総督の法廷と拘置継続 (24-1-26)パウロの弁明、パウロの金、二年の歳月を幽閉
      「ピレモンへの手紙」を書く (依頼文)コロサイ人、テモテをピリピに派遣する前
      「テモテへの第二の手紙」を書く (冬になる前に来なさい)
      「コロサイ人への手紙」を書く (励まし)、オネシモを派遣、マルコの処遇依頼
      「ピリピ人への手紙」を書く (反キリスト)、テモテを派遣、エパフロデト帰郷
      「エペソ人への手紙」を書く (割礼問題)、テキコをエペソに派遣
      「ガラテヤ人への手紙」を書く (割礼問題)ペテロを非難したことがあるという、過激な文面を含む

15.フェスト総督の法廷 24-27、(25-1-12)パウロ、エルサレム法廷を拒否し、カイザルに上訴
16.アグリッパ二世の引見(いんけん) (25-13-27)-(26-1-32)「それは片すみで行われたのではない」
17.ローマに立つ (27-1-44)-(28-1-31)危険な季節の航海の後イタリヤに上陸。借家の獄で二年間

   
 

2010/12/11(土) 笹倉正義
2011/1/18(火)、2011/1/31(月)-2011/2/6(日)、2013/4/16(文番号を入れた)
2013/4/21(新天地構想をイスパニヤではなくローマに訂正した)