ルカによる福音書(逸話別)

謝辞:聖句は、日本聖書協会の口語訳聖書(新約聖書1954年改訳)からの引用です。 
この「ルカによる福音書」は、西暦三十年代に起こったイエスの十字架事件が発端であり、それに至った出来事を書きしるしたルカからのテオピロへの報告書を元にして作成された。ルカの書いた原書を見ることはできないが、この福音書にはその原因となるテオピロが知りたかったこと、すなわち、「イエスは確かに神の子であった」という事実が隠されている。それを手がかりとする根拠は元の文書、その書かれたものを削除したり、書き換えることさえしなければ、文章の追加は許されるという編者心理の法則によって、成り立つ。
  
クリスマスの讃歌(ザカリヤ、聖母マリヤ、天の軍勢、シメオン) 
 
目次 
1.わたしたちの間に成就された出来事 (1-1-4)テオピロとルカの間に成就した出来事とは。
2.アロン家の娘、エリザベツの妊娠 (1-5-25)老妻エリザベツの妊娠が、夫ザカリヤに予告された。
3.老女エリザベツの親族マリヤ (1-26-34)御使ガブリエル、十二歳のマリヤに妊娠を予告する。
4.老女と少女 (1-39-56)ガリラヤの少女は、120km南方のユダの老女に会いに行った。
5.老女の子、ヨハネ誕生 (1-57-80)後に洗礼者となる、ヨハネが生まれた。 
6.少女の子、イエス誕生 (2-1-21)ベツレヘムの聖夜、羊飼いたちの祝福
7.シメオン老の讃歌 (2-22-40)人々はみな登録をするために、それぞれ自分の町へ帰って行った。
8.イエス十二歳、過越の祭 (2-41-52) イエスはますます知恵が加わり、背たけも伸び、そして神と
9.荒野の声、洗礼者ヨハネ (3-1-20)皇帝テベリオ在位の第十五年、ポンテオ・ピラトがユダヤの総督、
10.イエス三十歳、聖霊を受ける (3-21-38)イエスもバプテスマを受けて 聖母マリヤの夫ヨセフの家系
11.荒野の試み (4-1-13)そのあいだ何も食べず、その日数がつきると、空腹になられた。
12.郷里の人々 (4-14-30)めぐみの言葉に感嘆して言った、「この人はヨセフの子ではないか」。
13.権威ある言葉、シモンのしゅうとめ (4-31-44)シモン・ペテロが妻帯者であったことがわかる。
14.ペテロよ、人間をとる漁師になれ (5-1-11)イエスの言葉どおりにするとおびただしい魚が獲れた。
15.そうしてあげよう、きよくなれ (5-12-16)全身らい病の者をいやす。
16.人よ、あなたの罪はゆるされた (5-17-26)中風の男に床をとりあげて家に帰るように言われた。
17.健康な人には医者はいらない (5-27-32)レビと呼ばれた取税人マタイ、イエスに従う。
18.かたや断食、かたや飲み食い (5-33-39)花婿が奪い去られるその日には断食をするであろう。
19.安息日を破る不届き者 (6-1-11)彼らに言われた、「人の子は安息日の主である」。
20.山上の祈り、麓での垂訓 (6-12-38)弟子のうちから12人を選び出し、使徒と言う名を与えられた。
21.わたしの言葉を聞いて行う者は (6-39-49)盲人の手引き。目の梁。良い実。岩の土台の家。
22.これほどの信仰は見たことがない (7-1-10)あの人はそうしていただくねうちがございます。
23.若者よ、さあ、起きなさい (7-11-17)深い同情を寄せられ、「泣かないでいなさい」と言われた。
24.イエス、洗礼者ヨハネを証しする (7-18-35)わたしにつまずかない者は、さいわいである。
25.パリサイ人と罪の女 (7-36-50)自分の髪の毛でぬぐい、そして、その足に接吻して、香油を塗った。
26.神の国の奥義を悟らせる方法 (8-1-18)見ても見えず、聞いても悟られないために、譬で話す。
27.神の御言を聞いて行う者こそ (8-19-21)イエスの母と兄弟たちとがイエスのところにきた
28.神のわざ、真の愛(突風、墓場の男) (8-22-39)家へ帰って、神があなたにどんなに大きな
29.十二歳の少女、十二年間病む女 (8-40、9-6)呼びかけて言われた、「娘よ、起きなさい」。
30.男だけでも五千人分のパン (9-7-17) 天からのパン、マナの再現。聖書の故事。
31.あなたがたは私をだれと言うか (9-18-27)日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
32.イエスの変貌、一番偉い者 (9-28-62)イエスは、祈るために山に登られた。
33.子と、父をあらわすための者 (10-1-24)あなたがたが見ていることを見る目は、さいわいである。
34.よきサマリヤ人  (10-25-37)「先生、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」
35.姉のマルタと妹のマリヤ (10-38-42)そしてそれは、彼女から取り去ってはならないものである。
36.主の祈り (11-1-4)父よ、御名があがめられますように、御国がきますように。
37.願い方、聖霊をくださる、神の指 (11-5-36)求めよ、そうすれば、与えられるであろう。
38.パリサイ人たちを敵にまわす (11-37、12-12)あなた方パリサイ人は、わざわいである。
39.主人の心を知っていて、何もしない者 (12-13-48)それとも、みんなの者のためなのですか
40.正しいことを自分で判断すること (12-49-59)わたしは、火を地上に投じるためにきたのだ。
41.働くべき日は六日ある (13-1-21)そのまわりを掘って肥料をやって見ますから。
42.預言者の死に場所はエルサレム (13-22、14-34)主よ、救われる人は少ないのですか
43.羊、銀貨、放蕩息子、不正な家令 (15-1、16-14)小事に忠実な人は大事にも忠実である。
44.貧乏人のラザロとアブラハム (16-15、17-10)罪の誘惑が来ることは避けられない。
45.十人のらい病人、神に義とされた者 (17-11、18-14)失望せずに常に祈るべきことを、人々に
46.永遠の命、叫び続ける盲人 (18-15-43)よき師よ、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか
47.取税人頭ザアカイ、良い僕の地位 (19-1-27)おおよそ持っている人には、なお与えられ
48.エルサレム入城 (19-28-46)あなたがたはそれを盗賊の巣にしてしまった
49.あなたは何様か、デナリを見せよ (19-47、20-26)イエスを総督の支配と権威とに引き渡すため
50.復活問答、キリストはだれの子 (20-27、21-4)ある貧しいやもめが、レプタ二つを入れるのを見て
51.エルサレム滅亡の予告 (21-5-36)見事な石と奉納物とで宮が飾られていることを話していたので
52.ユダにサタン、ペテロの蛮勇 (21-37、22-38)わたしはぶどうの実から造ったものを、いっさい飲まない
53.御子の杯、血の如くしたたる汗 (22-39-46)誘惑に陥らないように祈りなさい
54.イエス逮捕される、ペテロ我を知る (22-47-71)あなたがキリストなら、そう言ってもらいたい
55.イエスの十字架刑決まる (23-1-25)だから、むち打ってから彼をゆるしてやることにしよう。
56.父よ、彼らをおゆるしください (23-26-56)この日は準備の日であって、安息日が始まりかけていた。
57.お互いの心が内に燃えた (24-1-32)マグダラのマリヤ、ヨハンナ、およびヤコブの母マリヤであった。
58.イエスが彼らの中に立たれた (24-33-53)あなたがたは都にとどまっていなさい。 
 
1.この聞き書きは、十字架事件から余り日を置くことなく、マルコの母の家でなされたであろうこと。

2.聞き書きは、聖母マリヤを中心に、親聖母派の人々が対象であったであろうこと。すなわち、終末思想の人々は除外されているであろうこと。ピリポ、トマス、バルトロマイ(ヨハネ福音書での自称ナタナエル)らは、肉のイエスを重んじてはいない。聖母に反発したと考えられる。

3.報告書の献呈相手の名前テオピロは匿名であること、同じ理由でルカも改名した名前であること。元の名前は、聖母マリヤにしか知らされていない。

4.およそ五十年後、「ルカによる福音書」として編さんされた時には、終末思想の文書が挿入されていること。また、使徒行伝の原書と合わせたものを二分割して巻物とし、第一巻、第二巻としたこと。すなわち、ルカによる福音書と使徒行伝の文書量はほぼ等しい。
  
  

2011/3/9(水)  笹倉キリスト教会 笹倉正義
2011/4/29(金)、2011/9/22(木)、2011/12/26(月)、2012/9/22(土)
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)