聖母マリヤ

未婚の女性というよりは、成人に達したばかりの少女の産んだ子が、なぜ、不倫の子でないばかりか、神のひとり子であるのか。それが明らかにされてこそ、キリスト降臨の物語に値打ちがあります。「人にはできないが神にはできる」という説明では、何の値打ちもありません。

それを明らかにしたのは、数奇な運命をたどった一人のギリシャ人、ルカでした。ルカがいなければ処女受胎の物語もありませんでした。ルカについては「異邦人による聖書の物語」と「第三の使徒ルカ」で紹介していますが、彼によって、マリヤが辱められず、かえって聖母と呼ばれる値打ちのある、歴史上唯一の女性であることが知られるのです。その事業は、信頼の裏づけのある人物、ユダヤ人ではない第三者によってのみ可能でした。 
 
1.聖書の女性 男社会のユダヤ人の聖書に二人の女性の物語がある。ルツとエステルである。
2.旧約聖書 ルツ記 ルツは外国人の女性である。ユダヤ人ボアズと再婚し、男の子を産んだ。
3.旧約聖書 エステル エステルはペルシャのスサに住むユダヤ人である。ペルシャ王の妃となる。
4.マリヤの信仰 マリヤは土着のユダヤ人である。マリヤを支えた信仰に想いをはせる。
5.キリストの母 神の受肉。その母の資格とは。
6.イエスの母マリヤ マリヤは自分が聖母などとは思っていない。イエスのゆえに数々の事態が展開した。
7.聖母マリヤ ルカの言う、「わたしたちの間に成就した出来事」のあと、彼女は聖母マリヤとなられた。
8.十字架の創造 神が創造された「十字架」とは。
 
マリ(ア)とマリヤ
ルカによる福音書 
 その後の老医師ルカ

2009/1/6 (C)笹倉キリスト教会、笹倉正義
引用聖句:日本聖書協会 口語訳聖書

Copyright (C) All right reserved 2010 by The SasakuraChristChurch、ORIGINAL CHRIST CHURCH
2010/10/03、 2010/11/14(日)、 2010/11/21(日)、 2011/3/26(土)、2012/5/3(木)
2012/5/23(水)