宗教と哲学

謝辞:聖句は、口語訳聖書(こうごやくせいしょ)からの引用です。 
キリスト教の立場から哲学とは何かを考察してみます。キリスト教がなかったら、精神を探求する哲学はギリシャ哲学のままで、現代哲学はなかったかも知れません。
(使徒行伝)
17-19そこで、彼らはパウロをアレオパゴスの評議所に連れて行って、「君の語っている新しい教えがどんなものか、知らせてもらえまいか。17-20君がなんだか珍しいことをわれわれに聞かせているので、それが何の事なのか知りたいと思うのだ」と言った。17-21いったい、アテネ人もそこに滞在している外国人もみな、何か耳新しいことを話したり聞いたりすることにのみに、時を過ごしていたのである。  
ニーチェ  レオナルド・ダビンチ
 
目次
1「大学の哲学部」 
哲学というものが、そもそも何のために、学問となったのか。
2「神学」 
有形から始まり無形に到達する概念は、キリスト教では完成している。
3「真理とは何か」 
物事の根本原理であるはずの「真理」は、神の領域に属していて、捉えられない。
4「大学の意義」 
王制が弱まり、国家が確立していく過程で、教育が重視され、国立大学が創設された。
5「ソフトウェア」 
ソフトウェアは見えない。人が考えて仕様を作り、プログラムしなければならない。
6「到達点」 
その目標は至高の精神の探求であり、人類永遠の課題とする。
7「処世術」 
論語や箴言(しんげん)は、子弟に世渡りに失敗しないように教える、親心である。
8「普遍性」 
キリスト教には「十字架による罪の贖い」という人類普遍の霊的奥義がある。
9「哲学的人生」 
結論のないものは困る。プロテスタント教会の多様な結論も困る。
10「ああ「哲学」ね」
 知に働いても角のたたない便利な言葉、「哲学」。「それが私の哲学ですから」。
11「パウロの哲学観」 
むなしいだましごとの哲学で、人のとりこにされないように、気をつけなさい。
12「偉いの順番」 
キリスト教と哲学とではどちらか偉いかということである。
13「哲学的牧者」 
宣教は事業である。事業者としての才能のある者が運営すべきである。
14「宣教の環境変化」 
ローマ皇帝からマスコミ時代の宗教コメンテーターまで。
15「不幸な世界」 
私たちはマスコミ報道によって、多くの不幸を知り、たえず身構えている気になる。
16「インターネット」 
地上では国家が民族単位に分断されていく。インターネットではその逆に国境は
17「ギリシャ哲学」 
ソクラテス、プラトン、アリストテレスの結晶アレキサンダー大王
18「中島敦の哲学描写」 
この川底には一派の哲学者的憂鬱が漂うていた程である。
19「内村鑑三」 
 
  

2012/11/2 (笹倉宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
2013/3/2-3/5
通称:OCC(オーシーシー) または  オリジナル教会
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)