履歴(りれき)

「聖母マリヤの愛と、イエスの十字架による罪の贖いと復活」、そして聖霊降臨によって、律法の神が「天の父」に。知識人の99%が否定するそれらが、時代(の歴史物語)を超えて輝き続ける。哲学書は一般の人々に読めるものなら何ら価値がない。しかし、説明書はそうではない、誰にも読んで理解できなければ意味はない。
 
2013/6/22 -2014/1/9(完了) 「コーラン」井筒俊彦(岩波文庫)全文入力(聖母子記述確認) 
2014/1/9-18(66歳)「コリント人への第二の手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み) 
2014/1/9- (66歳)笹倉流「聖書の読み方」大研究(聖母マリヤと十字架の祈り)自費出版原稿着手
            2014/2/3 書名を「ルカによる新約聖書の物語」(聖母マリヤと十字架の祈り)に変更。
2014/1/28(66歳)貿易都市アンテオケにはテオピロの本宅があった。ルカはその執事でもあった。 
2014/1/30(66歳)ルカの報告書の公開は、聖母を危険にさらすことになる。ルカはエルサレムに向かった。 
2014/1/28-2/9 (66歳)「ガラテヤ人への手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み) 
2014/2/9-2/11 (66歳)「エペソ人への手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み)
2014/2/11-2/12 (66歳)「ピリピ人への手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み) 
2014/2/11-2/16(66歳)「コロサイ人への手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み)テトスの人物像見直し  
2014/2/16-3/2 (66歳)「テサロニケ人への第一、第二の手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み) 
2014/2/18- (66歳)「パンの奇跡」についての考察。(律法)手を洗ってからでないと食事をしてはならない。
2014/2/22− (66歳)貿易都市アンテオケの役割を見直すため、その記述が詳しい「ベン・ハー」を読み直し。
2014/3/2− (66歳)「テモテへの第一の手紙」章別の頁を構築(文意別は構築済み)
2014/4/29-(66歳)疲れがたまったみたい。しばらく休まねば・・・。第二回イタリヤ旅行(6/15-6/22) 
2014/3/6-9/3 (完了) カトリック・バルバロ聖書差分8文書完了。
2014/6/2、 (66歳)「クオ・バディス」ギリシャ神話が引用されている。:「ささくら修道会」必読書(2)に。 
2014/10/5-10/21(完了) 「ソクラテスの弁明」を読み、ギリシャ神話(哲学のルーツ)へと足を伸ばすことに。
2014/12/28-2015/12/25(完了) 「アエネイス」杉本正俊訳・新評論:ローマ帝国神話として
2014/12/7-12/31、2015/2/22-3/29(部分) 「ギリシャ神話」アポロドロス著に立ち寄った。
2015/3/29-30(部分) 「イリアス」ホメロス著
2015/3/31-4/16(部分) 「オデュッセイア」ホメロス著:「クオ・バディス」からも引用される。
2011/9/9、2016/3/20-「モンテクリスト伯」アレキサンドロ・デュマ著:「ささくら修道会」必読書(1)に。 
 
  

2014/1/14 オリジナル教会 (初代代表) 笹倉正義
正式名称 (笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
2016/5/21(履歴の目的を推敲)
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)

旧約聖書(1955年改訳)