イタリヤ旅行1

私は、セカンドライフとして、分譲マンションの管理人をしている。管理人の仕事を辞めたら、海外旅行をしようか、とAと話していた。それがどういうものか、元気な今この時に行こうと、考えが変わり、旅行社のパンフレットを見ることになった。イタリヤの「ベニス、フィレンツェ、ローマ」に惹かれた。バチカンを見ておきたいという気持ちもあった。条件は、帰国後すぐに仕事に復帰する必要があるため、往復の飛行機は”寝転んでいられる”ことであった。他に関空発着、添乗員同行、フリータイムなどの条件を満たしてくれたのは、日本旅行の夢ヨーロッパであった。

最初は、単なる観光旅行のつもりだった。しかし、個人的が思いが出てきて、聖母マリヤの名を冠したいくつかの教会を見たくなった。その思いは、実際には具体化しなかったし、教会の外観を見るだけでは、あまり意味の無いことだった。それよりも、イタリヤ語の聖書を買うことに思いを集中して、実際に買えたのが旅行の大きな成果になった。

ついでのことに、帰国日の朝、パンテオンの裏側の(中国人の)店で、聖母マリヤと思われる像二体を買った。中国製だった。
 
 おみやげ(1)マリヤ様
 
マリヤさま
(ルカによる福音書)
1-38そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。
 
 
1.聖典としての聖書
異国語の聖書を買ったら、わたしはまず、聖母マリヤが天使の受胎告知を承認する場面を読みたいと思う。奇想天外にして、恐怖の告知に対する彼女の受諾こそが、遠い祖先のアブラハムが受けた試練への態度と重なる。普通に考えれば、マリヤにとって、天使の受胎告知を受託することは「万事休す」なのである。婚約者ヨセフにとって、彼女の胎のふくらみは、姦淫の明らかな証拠である。古代ユダヤ社会では、姦淫の証拠のある女は、村人に石で撃ち殺されるしきたりである。公然と殺害できる根拠はユダヤの律法である。そこには「(殺される者を)あわれんではならない」というモーセの言葉があるからである。

2.絶対的な従順
しかし、天使の告げた親族エリザベツの近況を聞くや、マリヤは神の言葉に躊躇無く従うのであった。12〜13歳という年頃で、まだあどけない少女であったはずの彼女が、いかにこの窮地を逃れたかをルカは記していない。我々は、ユダヤの律法、社会習慣、彼らの神、ユダヤ人男女の精神構造に鑑み、それを順序正しく組み立てる必要があるだろう。ルカは、その素材を提供しているはずだからである。

3.規格外のふたり
さて、マリヤは初潮の来ていない少女であり、天使の言葉にあった親族のエリザベツはすでに閉経した老女である。この二人がほぼ同時期に男子を産むのである。先に生まれた老女の子は長じて洗礼者ヨハネとなり、少女の子はイエス・キリストとなった。イエスは、ユダヤ人に神の国の到来を告げた。しかし、イエスを信じた異邦人の中に、無名の百卒長(テオピロ)と「子犬」とへりくだったギリシャ人の女(マグダラのマリヤ)がいた。

4.閉鎖型宗教
イエスの弟子たちは、一朝一夕には、ユダヤ教という民族宗教の枠を超えることはできなかった。まず、ルカによる福音書の原型であるテオピロへの報告書が、アンテオケで増刷されて流布された。そこにバルナバとパウロが来て、教会の基礎を造った。キリスト教をユダヤの民族宗教から分離して、人類共通のものとするには、パウロの受けた数々の試練に耐える覚悟が必要だった。パウロを迫害したのはローマ帝国ではなく、ユダヤ人だったことを忘れてはならない。

5.男尊女卑の壁
キリスト教世界は、聖母子を信仰のシンボルとしている。「アダムとエバ」の逸話によって、男尊女卑を是とするユダヤ人には、それはできないことである。アンテオケが原点となったキリスト教の聖地は、ユダ地方、ガリラヤ地方、それにエルサレムでもなく、古代アンテオケだったことがわかる。その後、イスラムの支配下に入ったアンテオケは破壊されて、今はその名前すらとどめない。目に見えるものは過ぎ去り、瓦礫となる。

6.ご聖母
キリスト教と、聖母マリヤは不可分である。マリヤは一般的な名前であったから、イエスの母のマリヤには「聖母」を冠して区別する。サンタ・マリヤは、マリヤが聖人であるという意味の、聖(サン・タ)である。しかし、彼女は聖人ではなく、聖母マリヤでなければならない。彼女はイエスの(肉的な)母であり、イエスの父となられた方の(霊的な)妻なのだから。

7.死(罪の支払う報酬)の解決
人間が得られる理論や叡智は条理の中でこそ機能するが、「死」という非条理の前には無力である。その解決の初めが聖書のこの箇所、すなわちマリヤの受胎告知受諾にある。罪による死からの開放、死という非条理の解決手段を獲得した組織、それがキリスト教会という宗教組織である。その最初にご聖母がおられるのである。三位一体の神格のそばに、聖母マリヤがおられないのでは話の筋が通らない。
 
フィレンツェの書店

ローマの書店
 
おみやげ(2)イタリヤ語聖書
 
 
1-38Allora Maria disse:<<Ecco la sarva del Signore:avvenga per me secondo la tua parola>>.E l'angelo si allontano da lei.

1-38そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。
 
1-38Allora Maria disse:<<Ecco la serva del Signore:avvenga per me secondo la tua parola>>.E i'agelo si allontano da lei.

1-38そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。
 
1-38Allora Maria disse:<<Ecco la serva del Signore:avvenga per me secondola tua parola>>.E l'angelo si allontano da lei.

1-38そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。

  
2014/7/7 オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
2014/7/7、2014/7/17、2014/7/31、2015/8/23(聖母を推敲)、2015/8/26

聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)