ミチオ書の都市をたどるイタリヤ旅行

海外旅行をすると、自分が日本人であることを自覚できる。日本にいるとそれが実感できない。70歳になったら一度海外旅行でもしようかと考えていた。えつこはベルギーなどヨーロッパを希望していた。キリスト教の説明書を作り始めて数年たったとき、なぜか急に海外旅行が浮上した。「バチカンのあるローマに行きたいのだが」と提案すると、わたしのEVA(エバ)えつこはOKした。

パスポートの有効期限は5年、10年の二種類があったが、一回こっきりの海外旅行に10年なんてとんでもない。その思いはくつがえされて、5年のパスポートは4回も使われたのだった。
国歌独唱(1分)WAVファイル
 
 
(1) 2013年「ベニス、フィレンツェ、ローマ」
イタリヤ語の聖書を買った。書店探しに神経を集中した。最後の日の朝に訪れたパンテオンの裏側の店で、二体のマリヤ像を買った。中国製のその像は、普段作業机の上においている。
 
 
(2)2014年「ベニス、フィレンツェ、ローマ」
予定していた地下墓所のうち、プリスキラ地下墓所を見学した。ベニスの聖マルコ寺院、フィレンツェの聖ミニアート寺院、バチカン美術館の売店で、カトリックのグッズをいくつか購入した。
 
ローマの地下墓所「プリスキラ」
カタコンベは撮影禁止なので、旅行直前にレコーダーを買った。ガイドの説明音声を録音した。途中で「それは何だ」ととがめられたが、「レコーダー」と言ったら、それならばという感じで、「やめろ」という風でもなかったので録音を続けた。
カタコンベ「プリスキラ」のガイド音声
(WAVファイル・Lhaca圧縮)vois-priscilla201406.lzh(138MB)
ディスク容量不足のため、当面UPを控える・・・・
 
 
(3)2016年「ラベンナ、アッシジ、ボローニャ」
ガラ・プラキディアのラベンナと聖フランチェスコのアッシジの土を踏むことができた。ツアーの参加者は8名、ぎりぎりのツアー成立だった。帰国の日の朝、ピンチョの丘からのポポロ広場の眺望を確認した。
 
(4)2017年「シチリヤとマルタ島」
ミチオ書「皇帝フェデリコ」のパレルモ、「カラバッジョ」のマルタ島に行って来た。そして、ウェルギリウスの「アエネイス」ゆかりの地、使徒行伝のパウロゆかりの「マルタ島」上陸地点などをちらっと見ることができた。 
 
(初代代表:草稿者) 笹倉正義
2015/2/10(再編した)、2016/1/11(旅行3)、2018/5/29
2018/6/3(タイトル変更)、2018/6/4(レーベル画像入替)、6/5jpg->gif