ローマの地下墓所(ちかぼしょ)

ローマの地下墓所には、カタコンベという造語の固有名詞が当てられた。カタコンベというとローマのキリスト教徒の地下墓所を意味する。この造語は、偶然カタコンベが発見されたからのもので、古代キリスト教徒がそれらを何と呼んでいたのかはわからない。この地下墓地のいくつかを訪れることで、プリスキラ(姉)や聖母マリヤと女性たちがローマに立ったかどうかが分かるであろう。ルカとテオピロに庇護され、聖母がエルサレムから身を隠してアンテオケにおられたなら、その可能性は大いにあると、わたしは見ているからである。 
 
目次
(1)福音アンテオケからローマへ 「父なる神」と御子と聖母を信じた最初の都市は(古代)アンテオケ
(2)ローマの地下墓所 南にはアッピア街道沿いにカリスト、北にはプリスキラの地下墓所(カタコンベ)
(3)「主よ、いずこへ」教会 皇帝ネロによるキリスト教迫害から逃れようとして、ローマを去るペテロに
(4)聖セバスティアーノの地下墓所 地下墓所がカタコンベと呼ばれるきっかけになった石切場の近く
(5)聖カリストの地下墓所 サレジオ会の施設"Istituto Salesiano San Callist"と書かれた門がある
(6)プリスカ教会 プリスカは、パウロの手紙の挨拶文に登場し、アクラと名前を連ねる。
(7)プリスキラの地下墓所 プリスキラはユダヤ人アクラの妻である、と使徒行伝に書かれている。
 
(ベン・ハー)第八話 第十一章 地下教会
もし読者の皆さんがローマに行かれ、サン・セバスティアノの地下教会よりもさらに古い、サン・カリストの地下教会を訪ねる機会があったなら、ベン・ハーの財産がどのように使われたかを目にされるだろう。そして彼の功績をたたえることだろう。その広い地下教会から、キリスト教はローマ皇帝の地上の権力をしのぐ永遠の力を生み出したのである。
「ベン・ハー」ルー・ウォーレス
白石佑光訳(バンタム版の省略本を底本にした自由訳)
 
2014年(平成26年)6月に行くことにしたイタリヤ旅行の日が迫った。パック旅行のベニス、フィレンツェ、ローマ八日間の旅は、昨年と同じ内容である。フィレンツェとローマでそれぞれ一日のフリータイムがある。ナポリ旅行も候補に挙げたがAが昨年と同じものが良いと言ったので、わたしに異存はなく、そのように決め、日程を6月にした。

今回の旅行では、使徒行伝のアンテオケから発して、ベンハー、アレキサンダーのビデオからヒントを得て、ローマのカタコンベに強く引かれるに至った。その場所を訪れて、実際に確かめなければ始まらない。見学の場所は、聖カリストとプリスキラの二つに絞る。 それ以外は、「見学の機会が与えられればありがたい」という程度にしておく。旅行については、あくまで観光の域をでないようにしたい。Aを巻き込んで無理なことはしないように心がける。
 
実績
ローマ・フリータイムの6月29日(金)の午前中に、ホテルの近くから、63番のバスに乗って、プリスキラに行った。バスは山の手の住宅街を走った。もし、「地球の歩き方ローマ」と、グーグルで得た予備知識がなかったら、今回のようにはいかなかっただろう。ガイドの説明は英語だった。家族連れとの5人でカタコンベを見学した。撮影禁止なので、音声を録音した。見学時間は30分ほどだった。売店で、本を買った。この時点で、聖カリストのカタコンベ見学は無理だと判断し、あきらめた。バスで、テルミニ駅に出て、昼食場所を捜して、うろうろした。さんざん迷ったあげく、店の外に、「ツーリスト・メニュー」と書かれたレストランに入った。良い店だと思った。
 
 
  

2014/5/19 オリジナル教会(初代代表) 笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
2014/6/4、2014/6/6、2014/6/7
2014/7/9(実績)、2015/8/16(ガイドの言語)