(7)プリスキラの地下墓所

プリスキラはユダヤ人アクラの妻として使徒行伝に書かれた名前である。プリスカと比べるとプリスキラの方が上品な響きがある。多くのカタコンベがローマ城壁から南に向かう(旧)アッピア街道沿いにあるのに、なぜ女性の名を冠したものが、城壁の北に向かう道路沿いにあるのだろう。とても気になる。 
 
パウロとプリスキラの関係が詳しく書かれているのは使徒行伝である。パウロは女性が教会内ででしゃばるのを好まなかった。イエスを女に生まれさせ、と書いた彼は、その女である聖母マリヤにすら言及しないほどだった。だが、ルカは違う。そして、ルカは「ギリシャ人」のことは書かない。プリスキラという名前で、彼女がユダヤ人でないことを暗示する。

(ガラテヤ人への手紙)
4-4しかし、時の満ちるに及んで、神は御子を女から生まれさせ、律法の下に生まれさせて、おつかわしになった。
 
(使徒行伝)
18-1その後、パウロはアテネを去ってコリントへ行った。18-2そこで、アクラというポント生まれのユダヤ人と、その妻プリスキラとに出会った。クラウデオ帝が、すべてのユダヤ人をローマから退去させるようにと、命令したため、彼らは近ごろイタリヤから出てきたのである。18-3パウロは彼らのところに行ったが、互いに同業であったので、その家に住み込んで、一緒に仕事をした。

(ATTI DEGLI APOSTOLI)
18-1Dopo questi fatti Paolo lascio Atene e si reco a Corinto. 18-2Qui trovo un Giudeo di nome Aquila,nativo del Ponto,arrivato poco prima dall'Italia,con la moglie Priscilla,in seguito all'orsine di Claudio che allontanava da Roma tutti Giudei. Paolo si reco da loro e,poiche erano del medesimo mestiere,si stabili in casa loro e lavorava.

引用(イタリヤ語聖書
LA BIBBIA TOB
NUOVA TRADUZIONE CEI
ELLEDICI
  
 
 
(使徒行伝)
18-1その後、パウロはアテネを去ってコリントへ行った。18-2そこで、アクラというポント生まれのユダヤ人と、その妻プリスキラとに出会った。クラウデオ帝が、すべてのユダヤ人をローマから退去させるようにと、命令したため、彼らは近ごろイタリヤから出てきたのである。

18-18さて、パウロは、なお幾日ものあいだ滞在した後、兄弟たちに別れを告げて、シリヤへ向け出帆した。プリスキラとアクラも同行した。パウロは、かねてから、ある請願を立てていたので、ケンクレヤで頭をそった。

18-24さて、アレキサンデリヤ生まれで、聖書に精通し、しかも雄弁なアポロというユダヤ人が、エペソにきた。18-25この人は主の道に通じており、また、霊に燃えてイエスのことを詳しく語ったり教えたりしていたが、ただヨハネのバプテスマしか知っていなかった。18-26彼は会堂で大胆に語り始めた。それをプリスキラとアクラとが聞いて、彼を招きいれ、さらに詳しく神の道を解き聞かせた。
 
(完)目次へ
謝辞(事前情報)
 
  

2014/5/30 オリジナル教会(初代代表) 笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
2014/6/6、2014/6/8