信仰の羅針盤

信仰の分水嶺、新しい流れの羅針盤

今の、日本のキリスト教徒、あるいはクリスチャン以外の人々のうちに、新たに福音に接するコンテンツを用意し、その機会を与えた者の提唱する流れに参加する人々のために、これは書かれる。
 
流れというからには、世代を超えて受けつぐ仕組みもまた、なくてはならない。ひとつの世代で終わるのであれば、たとえ数が多くても、それはただの水たまりにすぎない。すぐに、蒸発して枯れてしまう。
 
その仕組みのひとつは、聖書である。ひとつの流れにはひとつの聖書である。ひとつに限定するのは、信仰上関係無い、無用の議論をさけるためである。どのみち、人が神を正しく描き出すのは不可能である。
  
二つ目は、教会である。大聖堂ではなく、最小単位は家庭教会である。家庭でも礼拝できる仕組みである。大きな規模の礼拝も、家庭集会の延長線上で行う。二十世紀のホスト・コンピューターとパーソナル・コンピューターにたとえられる。
  
三つ目は、信仰の羅針盤である。内容は、聖書を基盤とするキリスト教のコンテンツの閲覧機能である。二十一世紀のインターネットの普及が可能にした。新約聖書の解釈の一本化をはかり、ゆるぎなき、十字架の奥義を指し示す。
  
四つ目は、アイテムである。寺院、仏像、マリヤ像、イスラム教徒の礼拝方式、これらがアイテムの例である。アイテムそのものが礼拝の対象になってはいけないが、流れの象徴となるアイテムが必要である。仮想世界のマンション、霊園、また実際の建築物、音楽、歌詞などもこれにあたる。
  
五つ目は、政治や科学技術との関係である。おそらく、相互依存する。 
 
六つ目は、イエスの再臨をとらない、ということである。おそらく、惑星衝突を意味するが、イエスは明日のことで今日をおもいわずらうな、と教えられている。 
 
(ローマ人への手紙)15-20その際、わたしの切に望んだところは、他人の土台の上に建てることをしないで、キリストの御名がまだ唱えられていない所に福音を宣べ伝えることであった。15-21すなわち、「彼のことを宣べ伝えられていなかった人々が見、聞いていなかった人々が悟るであろう」と書いてあるとおりである。
 
     
 

2010/11/2(火) 笹倉正義
 2010/11/11(木)、 2010/11/13(土)、 2010/11/14(日)、2011/06/16(木)