イタリヤ旅行3(目次)

「ラベンナとアッシジ」出張報告書
 
三回目のこの旅行は遊山(ゆさん)ではなく出張なのである。どこからの出張かといえば、それは教会にきまっている。今は教会のための説明書をつくっているのだから。ラベンナとアッシジ、この二つの町を含んだツアーはおそらくこれ限りという気がした。今回の同行者は6人、やっと成立したツアーだった。ベニスからローマまで大型バス「メルセデス・ベンツ」を運転してくれた家族思いの、サルバトーレ(SALVATORE)さんに感謝。
 
 
 
1.ベニス
一対のギヤマンを買った。サンマルコ寺院の馬は、第四次十字軍の所業へといざなった。
2.パドバ 
スクロベニ礼拝堂(チャペル)、サン・アントニオ教会の門前、リストランテで昼食。
3.ラベンナ 
ガラ・プラキディアの石棺のある廟にドヤドヤと入った。ダンテの墓を覆う建物を見た。
4.サンマリノ 
午後7時過ぎにホテルに到着。翌朝、観光コースを散歩の後、ボローニャへ。
5.ボローニャ 
ボローニャ郊外のレストランで昼食ののち、市内観光をした。(旧)ボローニャ大学。
6.フィレンツェ 
イタリヤ語訳「モンテ・クリスト伯」を買った。移動に2回タクシーを使った。
7.シエナ 
街路を進むと、ロムルスと狼の像が置かれた円柱が少なくとも三本は立っていた。
8.モンタルチーノ 
田舎のレストランでのんびり昼食を楽しむ・・・・とはいかなかったけれど。
9.アッシジ 
聖者フランチェスコの町。ミチオのアッシジ旅情の場所、「市役所、望楼」の特定。
10.ローマ
帰国後になったがコルソ通りに面した「ロスポリ楼」を特定できた。モンテ・クリスト伯(二)で中断してしまったが、モンテ・クリスト伯(三)の冒頭では、ポポロ広場での処刑の場面がある。
 
出発までの経緯
 
 
2016/11/6-2017/4/23 オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
ささくら修道会
 
聖句引用:日本聖書協会 口語訳(こうごやく)聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)