イタリヤ旅行3−2(パドバ)

パドバで最初に見学したのは、スクロベニ礼拝堂だった。このページを作成した時には、ダンテの「神曲・地獄篇」のことが頭になかったので、この礼拝堂の地獄絵にも関心がなかった。むしろ、マリヤ受胎告知とイエスの生涯の物語の描写に目がいっていた。しかし、その後、逃亡者となったダンテが、ボーロニャ(大学)を経て、この地のパドバ大学に滞在し、そして当時大評判になっていたこの礼拝堂の壁画を見にきたのだ。

彼が興味を示したのは、マリヤやイエスのことではなく、魔王が裸の人間を丸呑みにしている地獄絵のほうだった。その地獄図から強烈な印象を受けた彼は、その高慢ちきな性格が災いして、ここにもいられず、ベニスに行こうとしたが肌がまるで合わないことにきがついて、ラベンナへと落ち延びた。そこで、「新生」を書き、ついで「神曲」を書いたのだった。両作品ともに著者の痕跡がないのは、彼が逃亡者だったからであり、「ベアトリーチェ」の名を連呼することで、「ああ、あいつか」と思ってもらおうとしたのである。
 
大詩人ダンテ
 
 
 
 
次へ
 
2016/11/6-16 オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
ささくら修道会
2017/4/24
 
聖句引用:日本聖書協会 口語訳(こうごやく)聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)