イタリヤ旅行3−9(アッシジ)

父親から「フランチェスコ」という愛称で呼ばれたその人は、「一切を所有しない」ことを基本理念に置く修道会設立の許可を教皇に願い出た。その物語は、ミチオ書で、読める。今回わたしははからずもその土地にたつことができた。ゆっくり晩祷の鐘の音を聴くなどとは程遠く、一時間ちょっとの散歩だったが、それでも今度の旅行の、目的の一画は達成できた。

わたしは、彼とは真逆の立場で、「一切を所有する」ことを理念としていることに気づいている。ここは詳細を語る場ではないが、それが「主流」と思えるようになった。
 
1.「ミチオのアッシジ旅情」 聖者フランチェスコをしのんだ聖堂の鐘の音、その場所はどこ?
2.「アッシジ遠景(バス車窓)」 モンタルチーノからアッシジまでの車窓ごしの風景の一部
3.「夕暮れのアッシジ散策」 撮影したビデオとGoogleの映像からその場所を特定できた。
4・「宿チェナコロ」 アッシジ市街地から3kmぐらい離れた場所にあった。印象はほとんどない。
5・「車窓・聖マリヤ天使聖堂」 ホテルを出発してすぐ、高速道路から聖堂が見えた
 
 
次へ
 
2016/12/31-2017/1/6 オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
ささくら修道会
 
聖句引用:日本聖書協会 口語訳(こうごやく)聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)