イタリヤ旅行3(経緯)

「ラベンナ」 e 「アッシジ」出張
前回、二回目の旅行では、ローマの北側にあるプリスキラのカタコンベを見学した。できれば、ローマから南に延びるアッピア街道のカタコンベを見学したかったが、無理と判断した。サン・セバスティアーノのカタコンベは、「モンテクリスト伯」にも出てくる。

そこで、三回目の旅行が実現したら是非にと思っていたが、2015年の暮れに出た日本旅行のカタログを見ると、ローマでの一日自由時間はなかった。正午を過ぎてからの自由時間では、カタコンベに行く時間的余裕はあるまいと思って、がっかりした。

そのがっかりした目に飛び込んできたのは、ミチオ書ゆかりのラベンナとアッシジの歴訪が組まれたツアーだった。「ここに行け」ということではないかしら、と思った。
 
ミチオ書「ガラ・プラキディアのラベンナ」 
1-6この町を訪れた人なら、市街の北西部に位置するサン・ビターレ聖堂に参詣(さんけい)したことがあろう。1-7初期キリスト教時代の代表的な建築で、その内部の壁や丸天井を飾るモザイクの色彩の高貴な美しさはたとえようがない。1-8その御堂を北へ抜けると、さして大きくない空き地の一隅の、小さな石造りの建物が目に止まるであろう。
ミチオ書「名もなく貧しき者たち」
1-24君たちの気持は分かるし、1-25その熱情は尊い、1-26しかしこれではあまり厳しすぎはしないか、1-27と教皇は言った。1-28いっさいの所有を認めない、1-29と彼等の綱領書いてあった。
 
 
経緯
4月14日(木)深夜、熊本で地震発生(益城町:ましきまち)。平成28年熊本地震と命名。
4月15日(金)日本旅行から、6月のツアー中止の連絡があったと、Aから電話があった。
        Aのヒザに新たなトラブル不安、治療方針の変更を決定。注入から手術へ。
6月7日(月)大阪市立総合医療センター入院:主治医ドクターmatuiから手術の内容とリスクの説明を受け、その都度受諾の書類を手渡された。全部にサインして提出した。
6月26日(日)退院
A療養ため、4時30分起床、朝食と弁当を作ることにした。非常食も用意していたが、結局自炊することになった。術後の経過は順調らしいが、それでも生活制限は大きい。
8月24日午前3時36分(日本時間午前10時36分)にイタリア中部を襲ったマグニチュード(M)6.2の地震の後、余震が相次ぎ、甚大な被害の出ているアマトリーチェなどでの、救助作業が妨げられていると報道された。
9月23日(金)日本旅行からTELあったとのこと。
1)空港税の確定
2)バザーリの回廊が通れない場合ベッキオ宮殿に変更
3)トスカーナの昼食場所の変更
10月21日14時7分 ケイタイ電話が鳴動した。地震速報だった。操作に手間取っている間に揺れを感じた。ラジオの報道で鳥取地方の地震だったことがわかった。(千里山)
 
旅行は成立した。ベニスについたらちょうど雨が上がったところだった。その後、全部晴れになった。気温も平年より高かったそうだ。日中Tシャツの地元の人もいた。雨対策と防寒の準備は結果的に必要なかったことになった。アッシジの宿泊さきで地震があったそうだが、気づかなかった。全工程、まことに幸運にめぐまれた。
 
 
目次に戻る
 
2016/1/11 オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
2016/1/15、2016/4/15、2016/4/17、11/5-
聖句引用:日本聖書協会 口語訳(こうごやく)聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)