イタリヤ旅行2

二回目の旅行で変更したことは、「寝転んで」が必要ないことであった。おかげで少し旅費が安くなった。その他は、関空発着、添乗員同行、フリータイムなどの条件を満たす日本旅行の夢ヨーロッパに変更はなかった。前回は9月で、帰りのアリタリヤ航空の窓から昼から夜に移る厳粛な景色が見られた。今回もそれが見れることを期待したが、6月だったせいか、ほの暗い景色にはなったが、完全な夜が来ないまま朝を迎え、雨の関空に着いた。
 
行きの飛行機で、関空を離陸して間もなく、最初のサービスワゴンがきた。イタリヤの新聞や週刊誌が載っていたが、その一番下のカゴに、法王の写真が目に入った。なんだか、暗い表情のパァパ・フランチェスコ(PAPA FRANCESCO)だった。

ローマのフリータイムの日、歩き回って、ナボーナ広場からスペイン広場に向かう途中、法王の絵葉書を買うつもりだったことを思い出した。前回、ローマ市街図を買った露天の店で、たくさんある写真の中から一枚手にとって、それを買った。「よっ」といった感じの明るい表情のパァパ・フランチェスコだった。
 
 
買い物 
先の旅行の時には、カトリックのグッズを買うなど、思いもよらなかったが、今度は違った。むしろ、買うべきだと思った。自分がカトリックではないにしろ、誰でも買えるように売っているものは、ほしければ買ったらいいのではなかろうか。今年のクリスマスでは、2歳と4歳の孫が、そのミニチュアを手にとって、首をかしげるのではなかろうか。信仰は、まず、物理的に目に見えるものから、見えないが意識の中に存在するものへと導かれる。どんな宗教であれ、体験から入った信仰ならなおさら、見えないものを子や孫に伝えるのは至難のわざだ。信仰が見えるように工夫することには、それがどんな宗教であれ、意義があると思う。
 
 
1.聖マルコ寺院の売店(ベニス)
  クリスマスのフィギュア・ミニチュア、十字架ペンダントトップ(3個)他
 
2.聖ミニアート寺院の売店(フィレンツェ)
  十字架置物、法王フランチェスコの十字架(聖ロザリオ)の小、その他
  
3.バチカン美術館の売店(ローマ)
  聖母子ペンダント・トップ
 
4.カタコンベ・プリスキラの売店(ローマ)
  本「La catacomba di Priscilla」 2013年 
 
 
2014/7/8 オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
   2014/7/9、2014/7/18

聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)