(初代代表:草稿者) 笹倉正義
 
(1)オリジナル教会の総合メニュー(建設中)
気がついたらキリスト教の説明書を作る道に出ていた。その道の入り口はテオピロが誰か分かったときに見えた。その道は私を高みに導き続ける。説明書の名前は、「笹倉キリスト教会」とした。Webの説明書がおぼろげながらもその姿を現した時、カトリックとプロテスタント以外に、新約聖書の中にすら、さまざまな立場があることに気づいた。何が出来上がるのか説明できない今現在では、この説明書を認定する既存の教会はないと思う。しかし、この説明書の作成が見えざる権威によって導かれていることは確かなのだから、(笹倉宗(ささくらしゅう))聖母マリヤ福音教会を設立した。通称「オリジナル教会」の権威により、このキリスト教説明書は作成され続ける。
 
(2)分譲マンションの管理 
分譲マンションの共用部は管理組合を結成して管理する。60歳で41年間勤めた会社を定年退職したわたしは、分譲マンションの管理人をセカンドライフの職業とした。なぜ管理人という職を選んだのか、話せば長い。その職業は確かに自分の意思で選んだと思った道だったが、自分の意思だけではない気がしてきた。マンションの管理組合、管理委託会社、管理人が連携した分譲マンション管理の運営から学ぶものは多々ある。

今では聞かれないがBPRという手法があって、情報化技術を用い、ビジネス・プロセスを根本から見直すのである。キリスト教会の運営にもBPRが摘要できるのではないかと考えたりする。
 
(3)古代パソコンの取説マンガ 
工業高校生のころから、あるいはもっと以前から、技術など見えないものを、見えるようにマンガで表現しようと思った。8ビットマイコンが登場し、職場でそれを応用したシーケンス制御が製品にされた。それまでのリレーシーケンスは、制御の流れを目で追うことができたが、マイコン制御ではインプットに対してのアウトプットしかわからない。制御のプロセスは、ソフトウェアであって、目でそれを追う事は、専門家でなければできない。

取説は、8ビットCPUの不思議から始めて、SQL Server2000を使ったクライアントサーバーに到達した。Aと結婚して、8ビットの原稿が本として出版された。わたしはAを「あげまん」だと思った。あっという間に33年が過ぎた。
 
(4)取説作成の基盤
   1.笹倉(ささくら)正義(まさよし)の軌跡(ブログ職歴
   2.ささくら家の海外旅行
   3.マイ・ボイス
   4.トップメニューの履歴 (2012年
 
 
2009年9月より「笹倉キリスト教会」制作開始
2013/2/14、2013/3/10(オリジナル教会)、2013/3/25、
2013/3/28(万民)、2013/7/11(説明文追加)、2013/9/30
2014/6/2(ローマの地下墓所)、2014/7/5(二回目の旅行)
2014/7/9(掲示板の記述削除)、2015/2/8(整頓)、2015/2/11(推敲)
2015/3/31、2015/7/9(1)の説明を推敲、2017/11/22(大阪天神祭削除)