Windows8 (IE10)での表示方法について

ブラウザではない マイクロソフトの説明を書くのが面倒になりました。グーグルのブラウザにしました。
 
 
ウインドウズ・エイト(Windows8)では、タブレット端末のようにタッチ・パネルに対応しており、その標準ウェブ・ブラウザ(Webブラウザ)であるインターネット・エクスプローラー・テン(IE10)もまた、タブレット端末に対応しています。この時点で、以前のIEは旧式となったのです。ブラウザはHTML言語で書かれた文を表示するソフトですが、それは固定された画面に表示することを前提にしていました。指で画面をタッチしてコンテンツを操作するようなことは想定されていませんでした。そこで、タブレット端末に表示させることを想定していない従来のホームページをIE10で表示させると、画面が乱れて読みにくくなる可能性があります。その対策が用意されているようなので、体験的な対処方法を記します。

1.デスクトップモードに切り替えて、「互換モード」アイコンをクリックする。
  一度設定すると、以後はこの「互換モード」で表示される。

以下、順を追って説明します。 
 
IE10
Windows8とそのブラウザIE10の表示は、標準ではタブレット互換モード(仮称)となっています。この画面自体がタッチパネルに対応しており、指でも操作できます。従来のパソコンの画面はタッチパネルではないので、マウスで操作しなければなりません。 
 
IE10のタブレット互換表示
「スタート」画面から起動したIE10では、タブレット表示に対応していないホームページは、下図のように表の横方向の制限が解除されたような表示になりました。タブレット端末では、このように表示されるのだと分かりました。読む気にならないですね。
「デスクトップで表示」へ
上の図の左下拡大表示です。四つのボタンがあります。(1)スパナのアイコンをクリックし、(2)「デスクトップで表示する」をクリックします。 
 
デスクトップIE
すると、画面が下図のように、従来のIEに似たものに、切り替わります。アドレス入力部の右端にある青色のボタンをポイントすると「互換表示」の説明が表示されます。クリックすると、乱れていた画面が正しく表示されました。パソコンの場合は、この操作をした方が良いようです。

画面のモードが切り替わっただけで、この画面はデスクトップ画面から起動したIEとは異なるので、IEが二つあるように思います。この図のもうひとつ下の図は、デスクトップから起動したIEになりmsnのサイトが表示されます。
一度設定したら、このモードが記憶されるようです。
 
デスクトップから起動したIE10
スタート画面ではなく、デスクトップ画面からIE(下図)を起動すると、標準ではmsnのサイトが表示されます。この画面のIEには、アドレス入力部に「互換表示」モードがあります。
このように、Windows8のIEは二つあります。  
 
手動で設定する方法
  

2013/1/9 (笹倉宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
2013/1/13、2013/7/28(手動で設定する方法)、2016/2/20グーグルのブラウザ
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
新約聖書(1954年改訳)