スパルタカスの十字架

場所は「ローマ」 
イエスの十字架のおよそ100年前、イタリヤ南部を中心に奴隷の反乱が起こった。その首領はスパルタカスという名前の奴隷だった。スパルタカスの指揮の下、反乱軍は連戦連勝したが、ついにローマ軍に敗れた。ローマ軍の最高指導者は、奴隷たちをアッピア街道に立てた十字架に掛けてさらした。スパルタカスの妻は、夫の足にすがり「死んで!」と叫ぶ。それは十字架の苦しみがあまりに過酷で長く続くものだからである。彼女の叫びは、どうせ死ぬなら早く死んで、早く楽になってほしいと願っているのである。彼女らが去った直後に、スパルタカスは晴れ晴れと息を引き取る。
 
 
 
 
イエスの最後
場所は「エルサレム」
(マタイによる福音書)
27-45さて、昼の十二時から地上の全面が暗くなって、三時に及んだ。27-46そして三時ごろに、イエスは大声で叫んで、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言われた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。27-47すると、そこに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「あれはエリヤを呼んでいるのだ」。27-48するとすぐ、彼らのうちのひとりが走り寄って、海面を取り、それに酢いぶどう酒を含ませて葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。27-49ほかの人々は言った、「待て、エリヤが彼を救いに来るかどうか、見ていよう」。27-50イエスはもう一度大声で叫んで、ついに息をひきとられた。

(マルコによる福音書)
15-34そして三時に、イエスは大声で、「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」と叫ばれた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。15-35すると、そばに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「そら、エリヤを呼んでいる」。15-36ひとりの人が走って行き、海綿に酢いぶどう酒を含ませて葦の棒につけ、イエスに飲ませようとして言った、「待て、エリヤが彼をおろしに来るかどうか、見ていよう」。15-37イエスは声高く叫んで、ついに息をひきとられた。

(ルカによる福音書)
23-44時はもう昼の十二時ごろであったが、太陽は光を失い、全地は暗くなって、三時に及んだ。23-45そして聖所の幕がまん中から裂けた。23-46そのとき、イエスは声高く叫んで言われた、「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます」。こう言ってついに息を引きとられた。23-47百卒長はこの有様を見て、神をあがめ、「ほんとうに、この人は正しい人であった」と言った。

(ヨハネによる福音書)
19-28そののち、イエスは今や万事が終ったことを知って、「わたしは、かわく」と言われた。それは、聖書が全うされるためであった。19-29そこに、酢いぶどう酒がいっぱい入れてある器がおいてあったので、人々は、このぶどう酒を含ませた海綿をヒソプの茎に結びつけて、イエスの口もとにさし出した。19-30すると、イエスはそのぶどう酒を受けて、「すべてが終った」と言われ、首をたれて息をひきとられた。
  
 
  

オリジナル教会(初代代表) 笹倉正義
正式名称:(笹倉宗)聖母マリヤ福音教会
2013/5/31、2013/6/23(イエスの最後追加)