女性のキリスト教

そこでマリヤは御使に言った、
「どうしてそんな事があり得ましょうか。わたしにはまだ夫がありませんのに」。
ルカ1-34

ユダヤ教の
女性たち 
エバ
サラ
リベカ
ラケル 
(創世記)ヤコブの望んだ妻(ヨセフとベニヤミンの母)、ラケルの他に三人の女が彼の子を産んだ。
タマル 
(創世記)ユダの長男エルの嫁タマルは、義父ユダによってエルの子を産んだ。
エフタの娘 
(士師記)彼の娘が鼓をもち、舞い踊って彼を出迎えた。
ルツ  
(ルツ記)あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神です。
ハンナ
 
(サムエル記上)ハンナは祈って言った、「わたしの心は主によって喜び、
アビガエル 
(サムエル記上)ダビデを見て、急いで、ろばを降り、ダビデの前で地にひれ伏し、その足もとに
タマル 
(サムエル記下)昔、王の姫たちの処女である者はこのような着物を着たからである。
バテシバ 
(サムエル記下)人をつかわしてダビデに告げて言った、「わたしは子をはらみました」。
無名の賢女 
(サムエル記下)あなたはイスラエルのうちで母ともいうべき町を滅ぼそうとしておられます。
リヅバ 
(サムエル記下)刈入れの初めから、その人々の死体の上に天から雨が降るまで、
エステル 
(エステル記)彼女は婦人をつかさどる王の侍従ヘガイが勧めた物のほか何をも求めなかった。
聖母マリヤ
 
女性の社会的地位   1.父と子と聖霊の神
ユダヤ人は、神殿のあるエルサレムを都にして、神に与えられた律法の下に暮らしていました。ここに、ユダヤ人でマリヤという十二歳になる婚約中の少女がいました。彼女は十三歳になったとき、急いで婚約者と結婚しました。産み月が近づいた頃、ローマ皇帝から人口調査の勅令が出て、夫のヨセフは本籍のあるベツレヘムに戻らねばなりませんでした。マリヤはヨセフについて旅をしましたが、そのベツレヘム滞在中に男子を出産しました。その子はイエスと名づけられました。両親はイエスをエルサレム神殿に連れて行き、律法に基づいた儀式をことごとく行いました。そして三人は、マリヤの故郷、ナザレ村に帰りました。

そのイエスが、年およそ三十歳のころ、時の人洗礼者ヨハネから洗礼を受け、聖霊を授かりました。そして、神の国を宣べ伝え、人々の病を癒し、自分の神の子であることを証ししました。同時にそれは、神を冒涜する言葉と受け取られ、ユダヤ人から命を狙われることになりました。時が満ちて、ユダヤ人に渡されることになった夜、イエスは父の苦杯をあおって人の罪を負い、木に架けられて父に呪われ、死んで、よみがえらされ、昇天され、父の右に座されました。

そしてよみがえられてから、五十日目に、弟子たちに聖霊が下り、弟子たちは全く新しくされました。すなわち、ユダヤ人に恐怖することなく、堂々と、イエスこそキリストであり、自分たちはそのことの証人であると説き始めたのです。彼らの言動には、奇跡が伴いました。そして、ここにユダヤ教の完成、父と子と聖霊の神が成りました。すなわち、イエスを信じた者に聖霊が下り、イエスの御名をとおして、父なる神に祈ることができるようになりました。

2.パウロの宣教
しかし、イエスを神冒涜と王自称の罪で、ローマ帝国のユダヤ総督ピラトに殺させたユダヤ教の指導者たちユダヤ人は、それを認めず、使徒や信者を迫害しました。イエスはその迫害者の一人パウロを選び、異邦人への使徒とされました。パウロは、栄光のイエスの啓示を受けた時、一瞬にイエス・キリストを受け入れました。ユダヤ教での経歴を捨てて、異邦人の救いのために働く決心をしました。もちろん、会堂の礼拝では、ユダヤ人に主の福音を説くことを怠ってはいません。

パウロは、異邦人の間に住む離散のユダヤ人で、ギリシャ語圏の都会育ちでした。テント職の実家は裕福であり、エルサレムで律法学者ガマリエルに師事し、ユダヤ教に通じた律法学者でした。また、彼は宣教のかたわら、テント造りをして生計を立てました。

3.女性の存在
ペテロたちアラム語(当時のヘブル語)を話す、イエスの弟子たちは、ユダヤ人(割礼のある者)に福音を伝え、パウロやバルナバなどギリシャ語を話す離散のユダヤ人は、ユダヤ人をはじめ異邦人(割礼のない者)にも、福音を伝えました。

ところが、割礼の有無、これは男性器の皮につける宗教上のしるしのことであり、女性には無関係です。女性のために働いた人物はルカです。数奇な運命をたどった彼によってのみ、イエス出生の秘密を知ることが可能でした。彼のテオピロへの報告書によって、イエスが人とは根本的に違う理由が判り、重責に耐え抜いた聖母マリヤを知ることができました。ルカの福音書には、女性への深い愛が感じられます。

結果的に、イエス・キリストの使徒たちは、このように役割分担していました。
  第一使徒.弟子のペテロたちは、ユダヤ人(割礼のある人々)に宣教した。
  第二使徒.ギリシャ語圏育ちのパウロたちは、異邦人(割礼のない人々)に宣教した。
  第三使徒.ルカは医者の立場から、患者の女性たちに、聖母マリヤの話をしてあげた。

キリスト教がローマ帝国の禁教になってからも、ルカの医師団は聖母マリヤから説き起こす福音を語ることができました。患者のカルテを保存するごく自然な活動の中に、手紙や福音書を保存することができました。
  
イエスと女たち   1.癒された女たち
  1)霊を追い出してもらった女
    マグダラのマリヤは、七つの霊を追い出してもらった、と書いてあるのですが、
    いやされたのは彼女の子供でありましょう。
    彼女はイエスからその信仰を認められた異邦人です。
    罪の女などではありません)
  2)腰の曲がった老女
  3)長血の女(性器出血の女)

2.命を救われた女(貧しい女)
  罪の女が、石で打ち殺される刑(ユダヤの掟)から、イエスの機転で救われました。この女は後にイエスを尋ね感謝の意を表しました。すなわち、パリサイ人の家に入り、涙でイエスの足を洗い、そこに香油をかけ、また自分の髪の毛でぬぐいました。この女の話は、福音書に名前のないまま、これで完結しています。だからその後、他の女たちと共に、イエスに従った可能性は十分あります。しかし、ナタナエルの気を引くほどの、マグダラのマリヤではありません。

  ナタナエルはペンネームで、十二弟子の一人のバルトロマイと入れ替えたと思われる人物です。彼は「ヨハネによる福音書」を、終末思想の立場から書いています。

3.死んだ兄の命を戻してもらった女(裕福な家の女)
  高価なナルドの香油をイエスの頭に降りかけ、感謝の意を表しました。
  この女は、ラザロの二人の姉妹の一人、マリヤです。
  彼女は、この件でイエスの神性を信じました。
 
このように、イエスは、女性にも分け隔てなく、神の御旨を表されました。キリスト教が女性に支持されるゆえんです。
 
イエスと母マリヤ   26歳のマリヤがしかる、「どうしてこんなことをしてくれたのです」
12歳のイエスが答える、「どうしておさがしになったのですか」

44歳のマリヤがイエスに言う、「ぶどう酒がなくなってしまいました」
30歳のイエスがマリヤに答る、「何のかかわりがありますか」
 
ルカと聖母マリヤ   ルカは主人の百卒長の信仰により、間接的にイエスに癒された者です。ルカはローマ人の奴隷でしたが医者でもあったので、危篤状態だった自分の全快を不思議に思いつつ、百卒長共々、イエスを信じた者でした。イエスの処刑に神の意思を感じた主人の命令により、ルカは聖母マリヤに会い、彼女の物語を軸にイエスに関する報告書をまとめました。それが、ルカによる福音書の原型です。ルカは、マリヤを聖母と呼びました。マリヤは当時ありふれた名前でした。
 
マグダラのマリヤ  新約聖書の世界は非常に狭いです。「マグダラのマリヤ」がイエスの近くにいることのできる資格は、イエスにその信仰を認められることです。それに該当する女性は一人しかいません。マルコに書かれているギリシャ人(異教徒の意味)の女性です。この女性は少女と共にイエスの一行に加わり、聖母マリヤとも親しくなって、敬愛するマリヤの名をいただいたのです。少女は素直にイエスの近くに行くことが出来、その関係でその母もイエスの近くで仕えることができました。人々には、あるいはこの三人が「連れ」のように見えたでしょう。
 
(マルコ)7-24さて、イエスは、そこを立ち去って、ツロの地方に行かれた。そして、だれにも知れないように、家の中にはいられたが、隠れていることができなかった。7-25そして、けがれた霊につかれた幼い娘をもつ女が、イエスのことをすぐ聞きつけてきて、その足もとにひれ伏した。7-26この女はギリシャ人で、スロ・フェニキヤの生れであった。そして、娘から悪霊を追い出してくださいとお願いした。7-27イエスは女に言われた、「まず子供たちに十分食べさすべきである。子供たちのパンを取って子犬に投げてやるのは、よろしくない」。7-28すると、女は答えて言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、食卓の下にいる子犬も、子供たちのパンくずは、いただきます」。7-29そこでイエスは言われた、「その言葉で、じゅうぶんである。お帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」。7-30そこで、女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。

ツロの故事:歴代誌下 第二章 ソロモンが神殿造営のためにツロのヒラムに人を遣わすくだりがあります。
 
ローマの貴婦人たち   それからだいぶ後のこと、ルカはマリヤの要請を受けて、ユダヤ人のパウロの旅に同行しました。危険な旅でしたが、無事ローマに着き、パウロの生活が安定してからは、ルカは医者として単独行動しました。ルカにはルカの使命があったのです。

ローマで、ルカは次第に医者仲間の信望を得ていき、上流階級に出入りを許されるようになりました。ルカは、医者として接したローマの貴婦人たちに聖母のことを物語りました。彼女たちは、聖母マリヤのゆえにイエス・キリストを信じました。そして、貴婦人たちは、自分の家の奴隷たちがキリスト教徒になるのを妨げることなく、かえって彼らの守護者になりました。
 
女性受難の時代   かくして、キリスト教は女性たちに支えられる教団になっていきました。しかし、四世紀になってローマ皇帝がキリスト教を容認し、教会の財政を支えてやりました。見返りは、人(元老院)によらず神のご意志として、子供に「戴冠」させることでした。かくて、教皇を頂点とした教会の組織化が進み、再び男尊女卑へと傾斜していきました。

神聖ローマ帝国時代など、キリスト教会が「さまざまな自由」と「おおらかな女」の敵となる時代もありました。フランスの守護者、処女ジャンヌ・ダルクの物語は有名です。教会は、民衆のヒロインとなった彼女を、魔女として恥辱を加えた挙句、焼き殺しました。
 
産む、生まれる    聖母マリヤが処女のまま、妊娠したというのは本当でしょうか。わたしたち異邦人からみると、これがキリスト教の核心です。それを書いたのは、ルカですが、ルカはマリヤから聞くしかなかったはずです。さもないと、あのような格調高いイエス誕生の物語は書けません。そうすると、ルカの人物像を知らねばならないのですが、それは解決済みです。では、マリヤやユダヤ人の女性の性とはどういうものだったのか、「産む、生まれる」にて考察しました。
  
夢野久作「押絵の奇跡」 
パウロの女性観   新約聖書の「使徒行伝」と「手紙」に登場する使徒パウロは、ギリシャ語圏で育ち、エルサレムで勉強した律法学者でした。彼は、教会で女性がでしゃばることを極度に嫌っています。また、女性が祈るときは、頭にかぶりものをするようにと、厳命しました。男は普通はげているので、そのまま神に祈れる。女はかぶりものをすることで、男と同じ様に祈れる。ユダヤ人の会堂には女性は入れませんでしたから、女性も入れる教会で女性たちが男性と同様なふるまいをすることには、きちんと釘をさしました。

パウロの手紙には、男尊女卑的な言葉が少なくありませんが、ユダヤ人にして律法学者としての、パウロの一面です。しかし、これは教会の産みの親としてのパウロの気持ちであって、面と向かって女性にきつい言葉を用いることは決してなかったのです。以下は、男女の問題を書いた、パウロの手紙の一部です。

---信徒---男女関係について---コリント1
7-1さて、あなたがたが書いてよこした事について答えると、男子は婦人にふれないがよい。7-2しかし、不品行に陥ることのないために、男子はそれぞれ自分の妻を持ち、婦人もそれぞれ自分の夫を持つが良い。7-3夫は妻にその分を果たし、妻も同様に夫にその分を果たすべきである。7-4妻は自分のからだを自由にすることはできない。それができるのは夫である。夫も同様に自分のからだを自由にすることはできない。それができるのは妻である。7-5互いに拒んではいけない。ただし、合意の上で祈りに専心するために、しばらく相別れ、それからまた一緒になることは、さしつかえない。そうでないと、自制力のないのに乗じて、サタンがあなたを誘惑するかも知れない。
---信徒---男女関係について---コリント1


---信徒---独身者について---コリント1
7-8次に、未婚者たちとやもめにたちに言うが、わたしのように、ひとりでおれば、それがいちばんよい。7-9しかし、もし自制することができないなら、結婚するが良い。情の燃えるよりは、結婚するほうが、よいからである。
---信徒---独身者について---コリント1


---信徒---離婚について---コリント1
7-10更に、結婚している者たちに命じる。命じるのは、わたしではなく主であるが、妻は夫から分かれてはいけない。7-11(しかし、万一分かれているなら、結婚しないでいるか、それとも夫と和解するかしなさい)。7-12また、夫も妻と離婚してはならない。7-12その他の人々に言う。これを言うのは、主ではなく、わたしである。ある兄弟に不信者の妻があり、そして共にいることを喜んでいる場合には、離婚してはいけない。7-13また、ある婦人の夫が不信者であり、そして共にいることを喜んでいる場合には、離婚してはいけない。7-14なぜなら、不信者の夫は妻によってきよめられており、また、不信者の妻も夫によってきよめられているからである。もしそうでなければ、あなたがたの子は汚れていることになるが、実際はきよいではないか。7-15しかし、もし不信者の方が離れて行くのなら、離れるままにしておくがよい。兄弟も姉妹も、こうした場合には、束縛されてはいない。神は、あなたがたを平和に暮らさせるために、、召されたのである。7-16なぜなら、妻よ、あなたが夫を救いうるかどうか、どうしてわかるか。また、夫よ、あなたも妻を救いうるかどうか、どうしてわかるか。
---信徒---離婚について---コリント1

---信徒---未婚のメリット---コリント1
未婚の男子は主のことに心をくばって、どうかして主を喜ばせようとするが、7-33結婚している男子はこの世のことに心をくばって、どうかして妻を喜ばせようとして、その心が分かれるのである。7-34未婚の婦人とおとめとは、主のことに心をくばって、身も魂もきよくなろうとするが、結婚した婦人はこの世のことに心をくばって、どうかして夫を喜ばせようとする。7-35わたしがこう言うのは、あなたがたの利益になると思うからであって、あなたがたを束縛するためではない。そうではなく、正しい生活を送って、余念なく主に奉仕させたいからである。
---信徒---未婚のメリット---コリント1

---信徒---おとめへの情熱---コリント1
もしある人が、相手のおとめに対して、情熱をいだくようになった場合、それは適当でないと思いつつも、やむを得なければ、のぞみどおりにしてもよい。7-37しかし、彼が心の内で堅く決心していて、無理をしないで自分の思いを制することができ、その上で、相手のおとめをそのままにしておこうと、心の中で決めたなら、そうしてもよい。7-38だから、あいてのおとめと結婚することはさしつかえないが、結婚しない方がもっとよい。
---信徒---おとめへの情熱---コリント1


---信徒---作法---かしらのおおい---コリント1
11-4祈りをしたり預言をしたりする時、かしらに物をかぶる男は、そのかしらをはずかしめる者である。11-5祈りをしたり預言をしたりする時、かしらにおおいをかけない女は、そのかしらをはずかしめる者である。それは、髪をそったのとまったく同じだからである。11-6もし女がおおいをかけないなら、髪を切ってしまうがよい。髪を切ったりそったりするのが、女にとって恥ずべきことであるなら、おおいをかけるべきである。11-7男は、神のかたちであり栄光であるから、かしらに物をかぶるべきではない。女は、また男の光栄である。11-8なぜなら、男が女から出たのではなく、女が男から出たのだからである。11-9また、男は女のために造られたのではなく、女が男のために造られたのである。11-10それだから、女は、かしらに権威のしるしをかぶるべきである。それは天使たちのためでもある。

11-11ただ、主にあっては、男なしには女はないし、女なしには男はない。11-12それは、女が男から出たように、男もまた女から生まれたからである。そして、すべてのものは神から出たのである。

11-13あなたがた自身で判断してみるがよい。女がおおいをかけずに神に祈るのは、ふさわしいことだろうか。11-14自然そのものが教えているではないか。男に長い髪があれば彼の恥になり、11-15女に長い髪があれば彼女の光栄になるのである。長い髪はおおいの代わりに女に与えられているものだからである。
---信徒---作法---かしらのおおい---コリント1


---教会---婦人たちの態度---コリント1
聖徒たちのすべての教会で行われているように、14-34婦人たちは教会では黙っていなければならない。彼らは語ることが許されていない。だから、律法も命じているように、服従すべきである。14-35もし、何か学びたいことがあれば、家で自分の夫に尋ねるがよい。教会で語るのは、婦人にとっては恥ずべきことである。14-36それとも、神の言はあなたがたのところから出たのか。あるいは、あなたがただけにきたのか。
---教会---婦人たちの態度---コリント1

 
プリスキラ姉  プリスキラはルカが使徒行伝に書いた名前です。パウロの手紙にはプリスカと書かれています。いずれにしても、ふたりが女性の名前を書き記すことは異例です。彼女はユダヤ人の夫と共に皇帝の「ユダヤ人退去」令に従い、最初はコリントでパウロに会い、その後、エペソに移ります。ガイオの提供する家の教会で、婦人部のリーダーとして活躍します。教会で祈るときには頭に布をかぶることなどは、彼女が実践して見せました。パウロの教えを受け入れ実践することは容易ではありませんが、彼女にはそれを徹底させる気品と威厳が備わっていたのです。

使徒18-24さて、アレキサンデリヤ生まれで、聖書に精通し、しかも雄弁なアポロというユダヤ人が、エペソにきた。18-25この人は主の道に通じており、また、霊に燃えてイエスのことを詳しく語ったり教えたりしていたが、ただヨハネのバブテスマしか知っていなかった。18-26彼は会堂で大胆に語り始めた。それをプリスキラとアクラとが聞いて、彼を招きいれ、さらに詳しく神の道を解き聞かせた。18-27それから、アポロがアカヤに渡りたいと思っていたので、兄弟たちは彼を励まし、先方の弟子たちに、彼をよく迎えるようにと、手紙を書き送った。彼は到着して、すでにめぐみによって信者になっていた人たちに、大いに力になった。18-28彼はイエスがキリストであることを、聖書に基いて示し、公然と、ユダヤ人たちを激しい語調で論破したからである。

パウロやルカが去った後の有力者は、ガイオとプリスキラでしたが、ユダヤ人たちの迫害は止まるところを知らぬありさまでした。事態を憂慮したエルサレム教会は、長老ヨハネを本部長にして対策に乗り出しました。ヨハネの名前で三通の手紙が作成されました。そのうちの一通、「ヨハネの第二の手紙」は「婦人」に書かれていますが、これはプリスキラまたはプリスカのことです。
  
性交しない権利  旧約聖書には寄留の外国人、奴隷などに関して驚くほどの配慮が見られます。民数記にはエジプトから脱出した人々のうち20歳以上の兵士になれる者を数えたら60万人いたと書いてあります。女、子供、老人を合わせるとその数は200万人にもなるでしょう。その巨大な群れのリーダーであったモーセには、エジプトの王族の子として育てられ帝王学を学んだので、リーダーの備えるべき高い学識がありました。ですから、自分達が苦しめられたことを人にしてはならず、むしろ援けてあげるべきことを、神から出た掟としていろいろ定めました。安息日の掟はその最たるものです。

社会的弱者の女性への配慮として、性交しない権利を認めようとしました。女性が性交したくないと思ったら、それを認める道を用意したのです。文章で「物絶ち」となっているところは「男絶ち」です。いつも男のいいなりにならねばならない社会的立場、受身の女性に配慮しています。ただし、聖書の文章では、あからさまな表現ができず、このような抽象的ないいまわしです。ちなみに、モーセが生きた時代はイエスよりも1300年前です。

民数記
30-1モーセはイスラエルの人々の部族のかしらたちに言った、「これは主が命じられたことである。

民数記
30-3またもし女がまだ若く、父の家にいて、主に請願をかけ、またはその身に物絶ちをしようとする時、30-4父が彼女の請願、または彼女の身に断った物絶ちのことを聞いて、彼女に何も言わないならば、彼女はすべて請願を行い、またその身に断った物断ちをすべて守らなければならない。

30-6またもし夫のある身で、みずから請願をかけ、またはその身に物断ちをしようと、軽々しく口で言った場合、30-7夫がそれを聞き、それを聞いた日に彼女に何も言わないならば、彼女はその請願を行い、その身に断った物絶ちを守らなければならない。

30-16これらは主がモーセに命じられた定めであって、夫と妻との間、および父とまだ若くて父の家にいる娘との間に関するものである。


ただし、女が軽々しく「わたししたくないの」と誓って男がそれを許し、そのあと女の気が変わったことを許すと、この掟は神の前に汚れたものになってしまいます。この掟は、心身の疲れなどから、本当にしばらく性交をかんべんしてほしいと願う女性にのみ有効であるべきです。そこは、抑えてあります。江戸時代、幕府は農民の直訴を許しましたが、直訴した者自身は死罪になりました。軽々しく直訴できないように歯止めをしたのです。

もし、聖母マリヤがこの立場であり、請願の状態にあるのだったら、いいなずけの夫ヨセフとの間に様々の矛盾が生じ、婚約は解消されてしまいます。聖処女は作り話です。異性へのあこがれ、結婚、性生活、子供のある家庭生活への変遷は、神の賜物です。汚いなどと言ってはならないのです。 
 
 

2010/06/28(C)笹倉キリスト教会、笹倉正義
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書

Copyright (C) All right reserved 2010 by The SasakuraChristChurch、ORIGINAL CHRIST CHURCH
2010/10/12, 2010/10/17, 2010/10/18, 2010/11/2(火), 2010/11/26(金), 2010/12/26(日)
2011/1/12(水)、2011/7/29(金)、2011/9/14(水)、2011/9/19(月)、2011/10/22(土)
o015/11/6(金)タイトル・ロゴマークの変更、2017/3/6(月)