コプト教会

ローマ帝国の属州のひとつになっていたエジプトのアレキサンドリヤにも キリスト教会があった。そこには由緒のある図書館があり、「智」を誇っていた。この「智」の都で書かれたのが「ヨハネによる福音書」である。しかし、その後、台頭した「神は偉大なり!」のイスラムによって、それらは否定された。今は、「コプト(エジプト人)」と呼ばれている。
 
 
  

ページ製作者:オリジナル教会(初代代表) 笹倉正義
正式名称:(ささくら宗)聖母マリヤ福音教会
2017/6/7、6/10