著作権者設定について

この「笹倉キリスト教会」は本人が計画して取り掛かったものではない。ある時、ふとした説明のつかないことから始まり、毎日少しずつ書くべき内容が示されたものの集まりであって、記事は取扱説明書に近く、文学作品などとは異なる。一般に取扱説明書には製品がある。その製品を造った者がいて、販売にあたって、取扱説明書が作られる。その著作権は、本来依頼主にもあるが、さしあたっては、これを書いた者にあるとさせていただく。
 
ヨハネの黙示録
22-17かわいている者は、ここに来るがよい。いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。22-18この書の予言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。22-19また、もしこの予言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。22-20これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。22-21主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。

日本聖書協会の口語訳(こうごやく)聖書
  
霊の書は、それを書き留めることを許された者のみが、あらわし、修正し、削除できる。
 
各ページの日付について 
最初は無用のことと思い、(C)をつけた特定の記事以外、作成日付や著作権の権利などは入れなかった。途中から考えを変えて、作成初日と更新日の二つを入れることにした。そのため、9月20日の日付など、いくつか作成日付が集中したものがある。各ページは急ぎもせず、また休みもせず作成され続けている。 
 
2012/3/13(火)「子羊」を「小羊」に訂正した。おびただしいページに及んだので、各ページには訂正日付を入れなかった。今日、イザヤ書の入力作業中、16-1の「小羊」が妙に印象に残り、他の箇所も確認して、今までの錯覚に気付いた。入力パソコンの「こひつじ」の漢字変換が「子羊」だけであったのも長年の錯誤を助けた。
 
2013/2/17(日)今からすると、著作権について、随分偉そうなことを書いている。この書き込みは、「笹倉キリスト教会」という名前で始まった。特に意味はなかった。しかし、日々、書くべきことが示され、ページが増えていくにつれて、何か意味を持っているように思えた。書くべきことが脳裏に蓄えられていて、それを日々出力しているのではなかった。脳裏には普段は何も無くて、その日に、書くべきことが示されるのだった。それは、まさしく山を登る行為に似ていて、視界が少しずつ変わっていった。 そしてそれが教義を示しているように思えた時、聖母マリヤ福音教会と笹倉宗とに至った。また、宣教に寄与するなら、万人に覚えやすい表現を用いなければならない。たとえば「オリジナル教会」のような通称である。

各ページに日付やら名前、その他もろもろの付属を付けているのは、インターネットにページ単位で公開しているからである。掲示は「次へ」のリンクが明示されていなければ、そのページで完結していなければならない。日付を見れば、山の麓にいた時なのか、ある程度の高さにいる時なのかが推測できる。ナジル人はその請願成就の過程でいろいろと悟ることがあるものと思う。それには時間がかかるのであって、効率的に業務をこなすのとは意味合いが異なる。「ゆっくり」は時として大切なことなのだ。
 
著作物の引用目的と謝辞
引用の目的は、キリスト教の知識を広め、キリスト教を神道、仏教に並ぶ地位に押し上げ、もって日本人の精神基盤向上と宗教の鼎立(ていりつ:三本の脚)を図ることです。著作、出版された、先人の業績を称えると共に、関係者に謝意を表します。
(ルカによる福音書) 19-31もしだれかが「なぜ解くのか」と問うたら、「主がお入り用なのです」と、そう言いなさい。
 
1.(全文掲載) 口語訳聖書 
           日本聖書協会(宣教のため)
2.(部分掲載) 戦争犯罪人 
           火野葦平(宗教は国家の挫折を救うか)
3.(部分掲載) ダビンチ・コード 
           ダン・ブラウン著、越前敏弥(訳)角川文庫(反撃のため)
4.(部分掲載) 神の火を制御せよ 
              パールバック(著) 小林政子(訳)径書房(知性と悪魔)

5.(部分掲載) 押絵の奇跡 
              夢野久作 角川文庫(身に覚えは・・・)

6.(全文掲載) コーラン 
           井筒俊彦(訳) 岩波文庫(上)(中)(下) (聖母マリヤをおとしめて・・・・)
7.(差分掲載) バルバロ聖書 
           講談社 (口語訳聖書との差分文書を全部掲載した)
8.「ミチオ書」  自己研修資料に封じた。2017/2/15
9.(全文掲載) ソクラテスの弁明 
           プラトン(著)久保勉(訳)岩波文庫 (哲学とは無益なこと・・・)
A.(多文掲載) オデュッセイア 
           ホメロス(著)平松千秋(訳)岩波文庫(女性の視点と思える)
B.(部分掲載) イリアス 
           平松千秋(訳)岩波文庫(トロイ戦争最後の決戦場イリオン城市の情景)
C.(多文掲載) ギリシャ神話 
           アポロドロス(著)高津春繁(訳)岩波文庫 (ギリシャ人の聖書)
D.(部分掲載) 神曲 
           ダンテ・アリギエーリ 寿岳文章訳 集英社文庫
E.(全文掲載) アエネイス 
           ウェルギリウス(著) 杉本正俊(訳) 新評論 (ダンテ神曲の手本)
 
掲載とはページ制作の意味である。私が紙面を読みキー入力し、コメントのあるものはそれを記載し、ページに分割したもので、自らの引用に供するための記憶である。しかし、それが身勝手な行為となって、著作権者が不利をこうむることのないように、問題があればその都度、真摯に対応していきたい。

2010/04/26 笹倉正義
2011/2/20、2012/3/13、2013/2/17、2013/6/30(著作物の引用)、2015/9/21(アエネイス、ミチオ書)

2017/2/15、2017/6/5