関心流(せきしんりゅう)

詩を吟じることはどこででもできる。人の喜怒哀楽を歌うものでもなく、神を賛美して歌うものでもない。詩を吟じるということは山紫水明の景色を呼び起こすのにふさわしい。一人でいても孤独ではない、とても気持ちのよい世界が、そこに広がる。(wav音声ファイルをリンク)
 
(1)へきにだいす 村松文三 男子志を立てて郷関を出ず、学もし成るなくんば死すとも還らず、骨をうずむるあにただ墳墓の地のみならんや、人間(にんげん)到るところ青山(墓地)あり。
(2)あぐね 頼 山陽 きしょう乱立すたい涛の間、まなじりを決すれば西南山を見ず、こつえいは低迷しはんえいは没す、天水に連なる処これ台湾。 
(3)ぐうせい 朱 喜 少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず、未だ醒めずちとう春草(しゅんそう)の夢、かいぜんのご葉すでに秋声。
(4)不識庵 頼 山陽 鞭声(べんせい)粛々夜河を過ぐ、暁に見る千兵のたいがを擁するを、いこんなり十年一剣を磨き、流星こうてい長蛇(ちょうだ)を逸す。
 
 
 
今朝は、痰が切れた。この半月ばかり、体調不良の上に、痰がからんで声が出にくい日が続いていたのだった。5:17起床時に気づいた痰の切れと、体調の良好が継続したので、録音した。写真一覧の左下隅、カバンのある場所で吟じた。賛美歌と「荒城の月」を歌ってのどをウォーミング・アップしたあとで。2015/6/15(月)7:40-7:50
 
不思議な落し物体験(2016/1/26)
不思議なすずめ体験(2016/7/12)

2015/6/14 笹倉正義
2015/6/15、2016/3/22