マイ・ボイス

この一年あまり、朝の公園で歌を歌っている。最初は、自分でも何でこんなことをするのだろうと思うほどだったし、今も好き好んで歌っているわけではない。

私は、二十歳の頃に手術するまで、重度の蓄膿症だった。中学生の頃は、授業中鼻汁がたまって苦しいから、先生の話はほとんど聞かなかった。授業が終わってトイレに駆け込み、はなをかんだのだった。

十八歳で就職したが、蓄膿によるさまざまな障害があって、ついに手術を決断した。それによって、症状は劇的に改善した。入院中の暇つぶしに高校の教科書「物理B」を持参していたが、それをすらすら読めたし、人工衛星の放出速度の問題なども簡単に思えたし、巻末の正解に照らすと、答えは全部あっていた。

六十歳を超えて、Web説明書の「笹倉キリスト教会」を作成する道に入った。IBMホームページ・ビルダーのビジュアル・サイト・ビューに、際限なく増えていきそうなWebページを見て、恐れを感じた。「記憶力の落ちたわたしにはこれを管理できない」と思ったのだった。ところが、ふと耳鼻科に行く気になり、診察してもらったら、先生は、「蓄膿が再発している」と言った。さらに、「今は良い薬がある」と、手術のことを、二度も気の毒がってくれた。

ムコダインというその薬の服用を続けた結果、集中度が改善し、HPビルダーにコンテンツがどんどん増えても、気にならなくなった。コンテンツ増大に対する不安は解消した。でも、鼻と呼吸器とは今後もわたしのアキレス腱であり続けるだろう。

今大声で歌っていられるのもその結果である。蓄膿だった時は、歌を歌うどころか、声を出すのも窮屈で困難なことが当たり前だった。今は、わりと自然に声が出せる。薬は手術では除去できなかった深部の古い膿汁まで排出した。それは不可能だと思ってあきらめていたことが、思いもかけず鼻や額の奥から消えてしまった。暗かったわたしの心に、光が照った。

マイ・ボイスは、そのような恵みのあかし。
 
国家独唱:「君が代」 (平成27年2月 室内で録音)WAVファイル(1分)以下全部同じ
 
賛美歌66番「せいなるかな」 (平成27年2月 18時ごろの照明の点灯したともぶち公園で録音)
賛美歌109番「きよしこのよる」 (平成27年2月 18時ごろの照明の点灯した公園で録音)
賛美歌109番「きよしこのよる」 (平成27年6月 7:40ごろの公園で録音)
賛美歌310番「しずけきいりのとき」 (平成27年2月 18時ごろの照明の点灯した公園で録音)
 
詩吟(関心流) 男子志を立てて、きしょう乱立す、少年老い易く、べんせい粛々 (千里南公園)
 
映像:蝉しぐれの公園で:mp4ファイル:220MB、19分 (平成28年8月 7時過ぎ:千里南公園) 
 
(初代代表:草稿者) 笹倉正義
2015/2/9、2/10、2017/6/15、2016/8/6