宗教と科学

謝辞:聖句は、口語訳聖書(こうごやくせいしょ)からの引用です。 
人類は火を使うことを覚え、電気を使い、ついに核エネルギーをも使うようになりました。わたしたちの立つ大地が他の天体と異ならず、球形をしており、それが宇宙の只中にあることは、神の恩寵でありました。しかし、神から離れて、自己主張する者が増え、「不幸」をばらまいています。すなわち、核物質、人造細菌、化学物質など目に見えないものが、大気に大地に水に浸透しています。見えるものは「本当は」怖くありません。本当に怖いのは肉眼に見えないものです。心もあり方によっては、怖いものとなります。心もまた汚染を免れません。
 
ゲーテ「ファウスト」第二部より
メフィスト:
  粗金が眠っている。だれがこれを掘り出すか、天分ある男のもって生まれた天性と知力によりますな。

宰相:
  天性と知力とな!キリスト者にいうことではないぞ。危険な申しようだ、無神論者が火あぶりの刑にあうのも、つまりはそのせいだ。天性は罪、知力は悪魔、これがむつみ合って、懐疑という厄介な子が生まれる。ここでは許されんぞ。由緒あるこの国を聖職者と騎士集団の二本柱がお守りしている。嵐に立ち向かう代償として、教会と国土の所有を許された。いやしい心に反抗がきざして、背教者が生まれ、魔法使いがはびこってきた。
  
 
目次
1.錬金術 
科学技術者の初めは錬金術師です。彼らはキリスト教会から魔術師呼ばわりされていました。
2.神の火 
天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため・・・
3.相対性理論 
(E=M*C*C)質量Mが失われる時、Mは光速の自乗倍を係数とする熱Eを放出する。
4.核分裂物質 
純粋なウラン235を製造し、必要な条件を満たせば、莫大な熱エネルギーが得られる
5.核爆弾製造 
その国の核爆弾開発は元々、ナチスの核爆弾製造の脅威に対抗するためのものでした。
6.人体実験場 
その国は核爆弾を、戦線で使う兵器としてではなく、都市を攻撃するモデルにしました。
7.「原爆をつくった人々」 
パールバック ("Command tne Morning" Pearl Sydenstricker Buck)
8.環境汚染 
100年も経たないうちに、核物質を入れた容器が腐食し、核汚染物質が流れ出します。
9.理想郷 
環境の変化に対応できる種が生き残ります。私たちはこの時代をも生き抜かねばなりません。
 
 
  

2012/12/2、-2013/2/24 (笹倉宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
通称:OCC(オーシーシー) または  オリジナル教会
聖句引用:日本聖書協会 口語訳聖書
旧約聖書(1955年改訳)

新約聖書(1954年改訳)