聖書の度量衡と通貨

聖書の度量衡や通貨の数値は、計量器の規格や通貨制度が未発達の時代のことであり、単純に現代のものに換算することはできません。しかし、聖書の意味を理解する上で、おおよそでもその価を知っておくことは重要です。表中の数値は断定的に書かれていますが、「おおよそ」という言葉が省かれています。

たとえば、ユダが受け取った銀貨三十枚は、「労働者の賃金三ヶ月分ほどで、およそ六十万円であった」となると、その金額の大きさからイエス裏切りの価値がわかるのです。「たくさん、もらったんだなあ」と思えることが大事で、金額が正確かどうかにはあまり意味がないのです。

(民数記7章)
7-12第一日に供え物をささげた者は、ユダの部族のアミナダブの子ナションであった。7-13その供え物は銀のさら一つ、その重さは百三十シケル、銀の鉢一つ、これは七十シケル、共に聖所のシケルによる。
 
---聖所のシケルとは、聖所の重量計の重りのことです。シケルが何グラムなのかが問題ではなく、重さの基準を示していることが重要です。
天幕を張った野の一部   創世記33-19彼は天幕を張った野の一部をシケムの父ハモルの子らの手から百ケシタ(銀100枚)で買い取り、33-20そこに祭壇を建てて、これをエル・エロヘ・イスラエルと名づけた。
 
エズラ奉納物を量る   エズラ記8-26わたしが量って彼らの手に渡したものは、銀六百五十タラント(650x34Kg)、銀の器百タラント(100x34Kg)、金百タラント(100x34Kg)であった。また金の大杯が二十あって、一千ダリク(8.4Kg)に当たる。

天国はパン種   マタイ13-33女がそれを取って三斗(3x18リットル)の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる。
 
一斗は一ガロン、1ガロンは18リットルです。石油を入れるポリタンクの容量です。
 
二人分の納入金    マタイ17-27そして最初につれた魚をとって、その口をあけると、銀貨一枚(2万円相当)が見つかるであろう。
 
英語訳を参照すると、この銀貨一枚は一シケル(a shekel)です。一人分の宮の納入金が一万円とすると、相当な金額(二日分の賃金)であり、ペテロたちには無理な金額だったことが分かります。
 

ギリシャの4ドラクマ銀貨
16.4g
負債の比較  マタイ18-24決算が始まると、一万タラント(3,000万円x10,000=3,000億円)の負債のある者が、王のところに連れられてきた。
18-28その僕が出て行くと、百デナリ(5,000円x100=50万円)を貸しているひとりの仲間に出会い、彼をつかまえ、首をしめて「借金を返せ」と言った。
 
貨幣の肖像  マタイ22-19「税に納める貨幣を見せなさい」。彼らはデナリ(5,000円)一つを持ってきた。22-20そこでイエスは言われた、「これは、だれの肖像、だれの記号か」。

ルカ20-24「デナリを見せなさい。それにあるのは、だれの肖像、だれの記号なのか」。 
 
ローマのデナリオン銀貨

初代皇帝アウグスツス
3.7g

ルカ2-1そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が
皇帝アウグストから出た。
資本金  ルカ19-13そこで十人の僕を呼び十ミナを渡して言った、『わたしが帰って来るまで、これで商売をしなさい』。(1ミナは100デナリです)。

マタイ25-15すなわち、それぞれの能力に応じて、ある者には五タラント、ある者には二タラント、ある者には一タラントを与えて、旅に出た。

ルカの方はやや現実的ですが、マタイの方はかなり現実離れしています。
やもめのレプタ   マルコ12-42ところが、ひとりの貧しいやもめがきて、レプタ(39円)二つを入れた。それは一コドラントに当る。

ルカ21-2また、ある貧しいやもめが、レプタ二つを入れるのを見て、21-3言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめはだれよりもたくさんいれたのだ」。
 

ハスモン朝のレプトン銅貨
 表 : 星    裏 : 錨
 ユダヤ王国(ハスモン朝)の王ヤンナイオス(在位BC103-76)が発行したものです。
 10-12mm 0.6g
差別のサマリヤ人が隣人  ルカ10-35翌日、デナリ(5,000円)二つを取り出して宿屋の主人に手渡し、「この人を見てやってください。費用がよけいにかかったら、帰りがけに、わたしが支払います」と言った。
 
不正な家令の利口さ   ルカ16-6「油百樽です」と答えた。そこで家令が言った、「ここにあなたの証書がある。すぐそこにすわって、五十樽と書き変えなさい。16-7次に、もうひとりに、「あなたの負債はどれだけですか」と尋ねると、「麦百石です」と答えた。
 
石の水がめ   ヨハネ2-6そこには、ユダヤ人のきよめのならわしに従って、それぞれ四(4x18リットル)、五斗(5x18リットル)もはいる石の水がめが、六つ置いてあった。

ラザロの村ベタニヤ   ヨハネ11-17さて、イエスが行ってごらんになると、ラザロはすでに四日間も墓の中に置かれていた。11-18ベタニヤはエルサレムに近く、二十五丁(3Km)ばかり離れたところにあった。
 
裏切りの代価銀三十枚  
マタイ26-14時に、十二弟子のひとりイスカリオテのユダという者が、祭司長たちのところに行って 26-15言った、「彼をあなたがたに引き渡せば、いくらくださいますか」。すると、彼らは銀貨三十枚(60万円)を彼に支払った。
 

フェニキアのシェケル銀貨(テトラドラクマ銀貨)
 表 : フェニキアの神メルクォート。
 裏 : 鷲。
 かつてこの地方を治めていたプトレマイオス王朝時代のコインです。
 24.0mm 14.1g
エマオ村への道すがら  ルカ24-13この日、ふたりの弟子が、エルサレムから7マイル(10Km)ばかり離れたエマオという村へ行きながら、24-14このいっさいの出来事について互いに語り合っていた。
 

貨幣の単位の参照先 布忠.com  http://www.nunochu.com/glossary/kahei.html

Copyright ©2005. 真野 裕司 「聖典にでてくる度量衡ならびに貨幣」 http://www10.ueda.ne.jp/~petsark/measures.html

しらかわ ただひこ 「コインの散歩道」 http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/index.html
(謝辞:コインの図で特記無きものは、しらかわ だだひこさんの掲示から転載しました)

聖句の引用は、日本聖書協会の口語訳聖書からです。
2010/X/X, 2010/05/02(SUN)、2013/7/6(ミナを追加)