1.分譲マンションの広告に管理会社名

 広告には、購入動機となる、このような項目の記載は、必須です。
立地条件、間取り、価格、設備、駐車場、バイク置場、駐輪場、
売主、施工会社

ペット?

購入動機にはならないと思いますが、どの広告にも、小さい字で次のようなことが書いてあります。

管理形態/区分所有者全員により管理組合を結成し、管理会社に(全面)業務委託(予定)
管理会社/○○○○

なぜ、このような「管理形態」とか「管理会社」のことが書かれているのでしょう。

それは、マンションの良好な住環境維持のためには、必要な管理業務があるからです。売主は、専有部を売ってしまい、一般的なサービス期限の2年がすぎてしまうと、分譲マンションとは関係がなくなります。また、区分所有者全員が「権利能力無き社団」としての管理組合の組合員なったとしても、すぐには役員が決まらず、機能しないでしょう。売主側、区分所有者側の両方からみて、管理会社に管理業務を全面委託することは、有益です。そのため、新規マンションの場合は、ほとんど(全部)が、管理業務の全面委託になっています。売主は、管理会社に管理規約や使用細則、各種申し込みの様式作成を委託します。管理会社には、売主と系列関係があるものと、不動産業とは関係の無い独立系のものがあります。その情報は、インターネットで得られるでしょう。


なお、余談ですが、
中古マンションの場合は、管理業務が必ずしも全面外部委託とは限りません。
1.管理組合が全部自主管理している。(古い物件で、設備のほとんど無い物件。役員の交代が少ない。)
2.管理業務の一部を外部委託している。(同上)
3.管理業務を全面外部委託している。(500戸を超えるような大規模マンション。戸数が少なくても、新設備が多く、設備の維持管理が必要なマンション)

この管理形態は、中古マンションを購入を検討する際、事前に確認を要する項目のひとつです。
評判から判断して、信頼のおける管理会社に全面委託しているなら、積立金消失のようなリスクが少なくなります。信頼のおける管理会社とは、たとえば、「管理組合の預金口座の印鑑を理事長が、通帳を管理会社が持つ」、ということが事務標準となっているような会社です。

次へ