聖母マリヤの語り

百卒長のしもべによる、聖母マリヤとヨセフの記録
ルカによる福音書1章
ルカによる福音書2章
異邦人による聖書の物語

1.マリヤの用心   天使から自分が処女のまま妊娠すると聞いたマリヤは、「外では絶対に一人きりにならない」、「家では両親の近くで寝る」、というそれまでの二つの用心をさらに徹底した。両親は、婚約者ヨセフとの結婚も近いことであり、マリヤの慎重な態度を好ましく思っていた。
 
2.神との一夜   用心の日々のある夜、両親の近くで横になり、眠ろうと思って、お祈りをしていた。すると、何かの気配を感じたので、「だれ?」と叫ぼうとしたが、声が出なかった。両親も他の家族も、眠りこけていた。マリヤの身体を何かがおし包んだが、マリヤは身動きできなかった。やがてマリヤは、歓喜の声を上げようとして、そのまま失神した。朝、目をさますと、何も変わったところはなく、夢だったのかと思った。そして、いつもの一日が始まった。しかし、ふと、いつもとは違う出血に気づき、マリヤは自分が処女でなくなったことを自覚した。
 
3.マリヤの旅行   マリヤは天使が、「不妊であったエリザベツが妊娠して、すでに六ヵ月になっている」と言ったのを思い出した。エリザベツの町はエルサレムよりまだ南で、ナザレとの距離は120Km近くある。女一人で行けるところではない。相当な理由がなければ、家をでて会いに行くことはできない。しかし、マリヤは、おりをみて、エリザベツのところに行きたいと父に頼み込んだ。そして、一人きりになることなく旅行して、エリザベツに会い、その事実を確かめた。エリザベツもマリヤがはるばるやって来た理由を聞いて驚いた。
 
4.マリヤの妊娠   旅行から帰ったマリヤの様子がおかしいのに気づいた母親は、マリヤに「妊娠しているの?」と、たずねた。マリヤは、無言でうなづいた。両親は驚き、そのいきさつを、マリヤに問い正した。マリヤの返事を聞いた両親は驚愕し、マリヤが狂ったと思った。しかし、マリヤの落ち着いた態度に、自分たちも落ち着きを取り戻した。この数ヶ月間、マリヤの旅行を含め、マリヤが一人きりになったことはないはずなので、これはいったいどういうことなのだろうと、両親は互いに顔を見合わせるばかりだった。この時には、両親もエリザベツの身に起こったことは知っていて、神をほめたたえたばかりだった。
 
4.婚約者ヨセフ   神の前に正しい両親は、婚約者のヨセフを呼んで、マリヤの妊娠を告げた。ヨセフは、両親が何を言っているのかわからなかった。しかし、マリヤから、自分が処女でなくなったと聞かされるに及んで、怒りがこみ上げた。マリヤが、「石は、あなたが最初に投げてね」というのを聞いたヨセフは、彼女の愛おしさに激情し、気が狂わんばかりだった。
 
その夜、ヨセフは激高していたが、神の前に正しい若者であったので、マリヤを離縁しようと考え、思い巡らしていた。(マリヤを離縁すれば、マリヤは姦淫の罪で殺され、その子も死ぬことになる)。すると、突然、深い眠りに落ちた。夢の中で、ヨセフは天使から、マリヤの胎の子は、人との性交によるものでない、と聞かされた。「安心して、妻に迎えるがよい」とまで言われた。朝、目をさますと、夢の記憶がはっきりと、よみがえった。
 
とても信じがたいことだが、マリヤのいつもとかわらぬ明るく清廉な態度、それに何よりもマリヤは一人きりになったことがない、と両親が太鼓判を押したのだ。それにしても、本当に神が父親なら、そのイエスという子は、どんな姿をしているのだろう。ヨセフはその子を、早く見てみたい気もした。
 
5.マリヤの結婚   ほどなくしてヨセフは、マリヤを妻に迎えた。突然の結婚に、周囲は驚いたが、ヨセフが待ちきれなかったのだと、好意的に見てくれた。
  
6.ヨセフへの祝福   ヨセフはマリヤをいたわり、大事にした。しかし、マリヤには手を触れなかった。なぜか、がまんできた。性生活がなくても、ヨセフにはうれしく、初々しい新婚生活だった。マリヤが滞在先のベツレヘムで、男の子を出産した。イエスの宮もうでのため、律法の定める一ヶ月ほどの間、彼らはベツレヘム滞在を続けた。人口登録の最中は混雑して馬屋を改造して滞在したが、それが終わると親戚は彼らを居間に移してくれた。

(「マタイによる福音書」には、ヘロデ大王が幼児たちを虐殺した話が書かれている。しかし、「ルカによる福音書」には書かれていない。マタイの記事は、聖母マリヤからの聞き書きを反映したものではない。マタイの、「それから、ヘロデ王の幼子皆殺しのことを聞いたので、イエスとマリヤをつれて、エジプトに下った」と、このような残酷な話は、実際には無かったと思うほうが、むしろ自然である。ヘロデ大王は、治安維持には残酷な手を使ったかもしれないが、幼な子を殺してユダヤ人を敵に回すほど愚かではなかったであろう。ローマもそれは許すまい)。

ある夜、結婚以来初めて、ヨセフはマリヤを抱いた。歓喜がヨセフを満たした。ヨセフは、何度も何度も、マリヤを抱きしめた。神は、ヨセフを祝福された。そして、二人は、自分たちの子宝にも恵まれた。
  
7.その後のヨセフ   ヨセフの生涯は長くはなかったけれども、マリヤとイエスのゆえに、常に、幸せであった。

(C)2010 笹倉キリスト教会、笹倉正義2010/2/19
2013/1/1(見直し)、2013/9/23(嬰児虐殺)