日本人と宗教

日本の宗教   この世には、仏教、イスラム教、キリスト教という、三大宗教があります。日本では、神道(しんとう)と仏教が大勢を占め、キリスト教はわずかです。

子供が産まれたら神社にお参り、結婚式はウェディングドレスを着てキリスト教式、お葬式はお経をあげてもらって戒名を買うなど、平気で行います。日本国民は、「和をもって尊しとなす」という言葉のように、和を重んじます。家の中で、神道、仏教は、住み分けています。日本人は、何々教徒という言い方で、自らをはっきりと断定することを好みません。
 
神道   日本の神は、国家鎮護、たたり御免、一族や一門の繁栄などの名目で作られました。壮大なものから道ばたのものまで、神社は数え切れないほどあります。しかし、日本人にとって大事なのは、三重県伊勢市の、 皇祖「天照大神」を祀る伊勢神宮です。天皇皇両陛下が参拝される格式のある神宮です。毎日、観光バスが列を連ね、引きも切らず、参拝者の玉砂利を踏む足音が、木立の茂る広い参道に響いています。
  
日本の仏教   仏教は、「生命は他の生き物に生まれ変わる」、という輪廻(りんね)思想を基本とし、インド生まれの釈迦(紀元前5世紀ごろ)が説いた宗教思想です。当時も、カーストという身分制度があり、釈迦は、王子の身分に生まれました。釈迦は苦行の末、悟りを啓き、人々を教えました。仏教は一時インドで栄えますが、その後は4世紀ごろに興ったヒンズー教に飲み込まれていきました。

7世紀はじめ、唐の時代、三蔵法師が、往復17年の旅をして、インドから仏教の経典を持ち帰ったという話は、猿、豚、河童の化身がお坊さんを守って旅をする西遊記物語で有名ですが、このころには、インドの仏教は衰えていたのです。
 
日本には、仏教は6世紀の初め、欽明天皇の時代に伝来しました。当初は、貴族のための宗教でした。その後、聖徳太子(6世紀後半)などの時代を経て、国家鎮護を目的とした寺院や仏閣が建立されました。それらは、朝廷の庇護を受け、規模が大きくなっていきました。また、朝廷の許可を受け、最澄(8世紀)による比叡山延暦寺、弘法大師(9世紀)による高野山金剛峰寺などが開かれました。これらは、まともな人々を対象にしたものでした。
 
京の都には、まともでは生きていけない人々、灰汁(あく)のような人々、あくにんが数多くいました。比叡山に法然(12世紀)という秀才がいました。彼は比叡山での出世を望まず、山を下りて、大衆に説法をしました。すなわち、ちりや「あく」のような人々も救われるという念仏を考案し、まともでない人々の魂を救済しようとしました。しかし、法然の苦悩は、大衆の念仏集会が階級闘争に拡大する懸念であり、それを朝廷に疑われることでした。

はたせるかな、この一門の行状が朝廷の怒りに触れ、多くの弟子が死罪や流刑に処され、念仏組織は解体されました。高齢の法然は僧籍を剥奪され、流刑になりました。しかし、名を親鸞と改めた、彼の弟子の一人が、流刑の地で再び念仏を興しました。階級闘争への懸念は、次の一句で、隠されました。「善人なおもておうじょうをとぐ、いわんや悪人おや」。その妻と子供たちが大変優秀で、浄土真宗を興しました。
 
この時代には、他にも、日蓮上人が日蓮宗を興しています。巷には、「なむたいしへんじょうこんごう」、「なむあむだぶつ」、「なむみょうほうれんげきょう」などが、聞かれたのです。
 
イスラム教   イスラム教の開祖は6世紀に登場した預言者マホメットであり、聖地はメッカにあります。唯一の神、アラーを信仰し、人々はモスクの塔から聞こえる、教えの言葉を聞きます。また、決められた時刻に、メッカに向かって一斉に礼拝します。仏教やキリスト教と違うことの一つに、マホメットは突如現れた神の使徒であり、宗教上の歴史的土台はありません。また、偶像や聖画を許さない他、念仏や祈りの類もありません。自分たちの使徒の偶像や聖画を造らないばかりでなく、占領した他宗教のそれらを、美術的歴史的価値抜きで、破壊します。教えの中には食べてはいけないものもあるので、イスラム教徒の方々と付き合うときには、心遣いがいります。「まあ、いいじゃないか」という日本人の気持ちは通用しません。
 
キリスト教   キリスト教は、ユダヤ教に端を発します。ユダヤ教団(神殿や各地の会堂)は、「聖書」たる巻物を多数持っていました。それらの巻物には、モーセ(紀元前14世紀)の書いたものや、歴史書、預言書などがありました。それらを参考にした律法を守ることが、神に義とされると信じていました。
 
その教団の歴史の中に、歳およそ三十才のイエス(1世紀)と名乗る預言者が登場して教団と対立し、たった三年間の宣教の末、ローマ軍の十字架刑で命を落とす、という事件が起こりました。キリスト教は、その男の「死」をめぐって展開された、イエスこそ「救主・キリスト」の福音に端を発するものです。イエスも弟子たちもユダヤ人でしたが、ユダヤ教指導部は、自分を神の子とするイエスの教えを拒絶しました。そのため、イエス・キリストの教えは、パウロなどの活動によって、ユダヤ人以外の人々に広まることになりました。
 
人の目には、夭折したように見えるイエスが何者だったのか、それを記したものが、新約聖書です。不気味な十字架を拝む人々がいるのはなぜだろう。死んだら終わりではないのだろうか。そのために、ほとんどの人は死にたくないと思っているのに。聖書には、そのような常識をくつがえす、人にはおろかなものとしか見えない、神の力が書かれています。

そのイエス・キリスト教会では、このような祈りがささげられます。「天の父なる神様、・・・(祈りの言葉)・・・、イエス様のお名前を通して、御前にお捧げいたします。アーメン」、「てんのおとうさま、おかしをたくさんください。だいすきな、いえすさまによって、あーめん」
 
住宅の仏間例   1.いなかの家A(いわゆる先祖崇拝)
  「天照大御神」の掛け軸(皇祖を祀る)
  「先祖代々霊」の位牌
  天皇皇后両陛下のお写真
  葬式や法事には、お寺の坊さんが来る。

2.いなかの家B(大衆仏教)
  仏壇(宗派によって、神道との共存禁止)

3.分譲マンション
  仏間、なし

いわゆる仏間は、旧家や注文住宅でなければ、ありません。分譲マンションは、品質の向上に伴い、生涯の住まいとして定着し、日本人の住環境に大きな変化を与えています。ただし、一般的には狭く、室内には、仏壇や位牌を置くスペースがありません。
 
日本人の宗教観   日本人の宗教観は、妊娠と出産、誕生から成人まで、数々の願い事は神社で、結婚式はキリスト教で、老後と葬式は仏教で、というような、だいたいの住み分けになっています。それぞれが、普段から信仰しているものなのかというと、そうでもありません。人々は、世間様と同じことをしているのであり、何を拝んでいるのかは二の次です。
  
日本のキリスト教   日本は島国であって、ほぼ単一民族で構成され、敗戦で国民が土地から追い出されてしまうといった、民族離散の経験がありません。しかし、キリスト教は、何度も土地を追い出され、民族の離散という過酷な歴史を負いながらも、神の言葉を賜ったユダヤ人の、宗教の完成形であり、厳しい一面があります。無きに等しいキリスト教を、日本の宗教の三本柱に育てるには、日本人に合うような説明書(羅針盤)と、先祖供養を取り入れた、ゆりかごから墓場までの一貫したシステムの構築が必要です。そして、それが国民の知的レベルを押し上げ、戦争の惨禍に巻き込まれない防衛能力を持ち、国際貢献をなし、天皇の御世を生きる幸福の継続をもたらすものとして、広く国民に支持される必要があります。
  
宗教行事   新年の神社参拝、十日恵比寿、秋祭り、クリスマスなどは、宗教行事ではありません。宗派は関係なく、楽しくやっています。気分が改まったり、景気よく気分高揚を楽しむものです。
  
この世とのつきあい   使徒パウロは、新約聖書の「コリント人への第一の手紙」の中で、キリスト教信者と未信者の付き合い方には区別があることを、このように説明しています。

5-9わたしは前の手紙で、不品行な者たちと交際してはいけないと書いたが、5-10それは、この世の不品行な者、貪欲な者、略奪する者、偶像礼拝をする者などと全然交際してはいけないと、言ったのではない。もしそうだとしたら、あなたがたはこの世から出て行かねばならないことになる。5-11しかし、わたしが実際に書いたのは、兄弟と呼ばれている人で、不品行な者、貪欲な者、偶像礼拝をする者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪をする者があれば、そんな人と交際をしてはいけない、食事を共にしてもいけない、ということであった。5-12外の人たちをさばくのは、わたしのすることであろうか。あなたがたのさばくべき者は、内の人たちではないか。外の人たちは、神がさばくのである。
  
シンボルについて   分譲マンションにもマッチした、部屋を飾る、宗教上のシンボルが考案されてもよいのではないか、と思われます。掛け軸や、位牌、仏壇は、置き場所がないのです。

2010/X/X, 2010/10/22(金), 2010/10/23(土), 2010/11/2(火), 2011/4/9(土)
2015/3/23

引用聖句:日本聖書協会 口語訳聖書