(2)パレルモ

2-1地図で見れば長靴をはいた脚のような形のイタリア半島の南三分の一と、2-2その脚が蹴(け)つまずきそうになっている三角形のシチリア島。2-3それがノルマン・イタリア王国の版図(はんと:一国の領域、領土)であり、2-4国王の宮廷はその三角形の左上の角のあたりにあるパレルモに置かれていた。2-5地中海のちょうど真ん中に位置するこのシチリア島は古来、2-6地中海世界諸人種のるつぼ(坩堝:種々のものが入りまじっているさまのたとえ)、2-7異文化の出会いの場所であった。2-8遠く古代に遡(さかのぼ)れば前八世紀以降ギリシャ人の殖民がこの島に文明の最初の花を咲かせ、2-9次いでカルタゴ人がアフリカから渡ってきて西部に殖民。2-10パレルモは最初はカルタゴの殖民市として創建された町である。
 
 
2-11前三世紀にローマが進出し、2-12この島は共和制、2-13帝政の両時代を通じてローマの最も重要な属州の一つであった。2-14西ローマ帝国が衰亡すると、2-15まずバンダル族、2-16次いでゴート族が侵攻して島の支配者となるが、2-17六世紀には東ローマ帝国が反攻に出てシチリアを奪回、2-18総督府を置いてビザンチン文化(ローマ、ギリシャ、エジプトの混交文化)の西の砦とする。

2-19しかし、九世紀に入るとアフリカからサラセン軍が怒涛(どとう)のように押しよせて、2-20この島をイスラム文化圏の最前線基地に変えてしまった。2-21これをキリスト教世界に取り戻したのがバイキング、2-22すなわち北方ノルマン人の指揮する軍団であったことは、2-23すでに述べたとおりである。

(サラセン人)Wikipedia
サラセン人(英語:Saracen)とは、中世ヨーロッパ世界でイスラム教徒をさした言葉。

2-24ギリシャ、カルタゴ、ローマ、ゲルマン、ビザンチン(東方ローマ帝国の略称)、イスラム、ノルマン、2-25これだけ違った人種と文化がこの島を舞台にして衝突し混合し、2-26次々に覇権を握ったのであるから、2-27シチリアの歴史と文化の複雑さは我々の想像を絶するものがあり、2-28日本文化程度の複雑さで「雑種性」を云々(うんぬん)するのは気が引けるという感じがするほどである。

2-29さて、1060年にノルマン人の一団を率いてこの島に攻め込んだルッジェーロ・アルタビラは、2-30三十年以上の歳月を費やしてついに全島の制圧を成し遂げるとともに、2-31半島南部と併せて当時ではヨーロッパ有数の強国を造り上げた。-32彼は十二世紀の初年に世を去ったが、2-33跡を継いだルッジェーロ二世は父を凌ぐ名君で、2-34チュニジアにまで版図(はんと)を広げ、2-35宗教の違いに目をつぶってサラセン人、ギリシャ人、ユダヤ人を登用(とうよう)、2-36能率的な官僚機構を作り、2-37産業貿易を振興し、2-38信仰の自由を認め、2-39治安を確立して民心を掴んだから、2-40十二世紀半(なか)ばには、2-41ノルマン・イタリア王国はヨーロッパで最も豊かで文化的な国となり、2-42首都パレルモは世界で最も「国際化」された都市となっていた。

2-43ここでは土地の言葉だけでなく、2-44ギリシャ語もヘブライ語もアラビア語も通用していたし、2-45カトリック(西ローマ:聖人の像)やギリシャ正教(東ローマ:聖画)の聖堂に混じってイスラム教のモスク(尖塔を持つ礼拝堂)やユダヤ教のシナゴーク(会堂)が建ち、2-46それぞれの信徒を集めていた。2-47王の後宮には世界各地の美女が集められ、2-48宦官(かんがん:性交渉できないように性器が除去された男)がそれを監督した。

2-49ここで東西の文化や技芸が合流し、2-50共存し、融合していたのだ。2-51「この島には菫(すみれ)が咲き誇り、風が花の香に薫っている」と、2-52アラブ人の地理学者イドリースィがその著『ルッジェーロ王の書』に記しており、2-53パレルモほど壮麗な建築に満ちた町はなく、2-54パレルモの庭園ほど見事な眺めもないと、2-55旅行者は口を揃えて言う」と証言している。2-56生まれたばかりのフェデリコが母に抱(いだ)かれて帰ってきたのは、このような環境の町であった。
 
次へ
 
 
謝辞ミチオ・自己研鑽資料
2014/10/30-11/1 (笹倉宗)聖母マリヤ福音教会代表 笹倉正義
通称:「オリジナル教会」 「ささくら修道会」
2017/2/16