26.工事費横領問題

マンションの工事費支払いに潜む、このような横領方法があることが分かった。
 
1.個人口座の悪用
植栽管理の委託業者から、年間契約で一定期間常駐作業をさせるため、Aをマンションに派遣していた。このAに追加工事をさせたことにして請求書を作成させ、Aのために用意した個人口座に振込み着服していた。この手口は、幼稚であるため、すぐにも発覚するはずであったが、Aに対し六年間で900万円が支払われた。過去の支払いを調査していた理事長がAに尋ねたところ、Aは自分の懐には入れていないと証言した。

2.振込み差額の着服
これは業者からの請求書に対して、(手数料なるものを)を差し引いて、業者の口座に振り込む手口である。業者との利害関係が生じやすい管理員、理事長、会計役員などが長期にわたって担当している場合に生じやすい横領方法である。この手口は発覚しにくいが、振り込んだレシートなどの証憑を管理組合に提出させることで抑止効果が期待できる。改善の根本は、管理会社の事務方が、支払い処理をすることである。

業務上横領の可能性は、金銭の支払いのあるところ、どこにでもあるものである。

  
横領をしにくくする仕組み
参考までに、下図は、ある管理会社の支払い業務のワークフロー であるが、月次報告書に通帳のコピーが添付されるため、上記問題は生じにくい。金銭に関する限り、人を信用してはいけない。人は弱い者だからである。
 
(完) 
2011/5/15(日) 笹倉正義