HIS(エイチアイエス)大阪天神祭(おおさかてんじんまつり)2017

毎年、7月25日には、大川(おおかわ)で花火が打ち上げられる。河の両岸には、屋台が立ち並ぶ。天神祭の「船渡御(ふなとぎょ)」の祭礼がある。「陸渡御」というのもある。河には、「奉拝船(ほうはいせん)」と呼ばれる台船(だいせん:普段は港湾の荷役で使用されている)がいくつも浮かんで、タグボートに引かれて、大川を周遊する。タグボートの費用の関係だと思うが、二つの台船をつなげてあった。

飛翔橋(ひしょうばし)付近で集合(実際には逐次受け付け台船の席につく)し、まず天満橋付近まで大川をくだる。そして、反転して、元の飛翔橋まで戻る。

このツアーよしあしは、空模様に左右される。この日はどんよりした曇り空だった。一回だけ、ぽつりぽつりと数滴落ちてきたが、もちこたえてくれた。また、風も少しあって、夕涼みがてら花火を見るには、最高のコンディションだった。ちなみに雨は、午前三時ごろ、猛烈に降った。雨で目が覚めたのだった。

今年で、三回目のようなことを言っていたが、情報がすくなかったので、ご参考までにという思いで、このページを制作した。今年の参加費は、35,000円。正直この金額でどうよと思っていたが、実際にはていねいに世話をしてくれたスタッフがかなりいたので、「高い」という思いは消えた。
 
目次
 
(1)HIS集合場所「飛翔橋」近傍
集合時間は17時30分。曇っているが、それでもまだずいぶん明るい。HISの奉拝船は、サントリー「プレミアム」の奥に係留されていた。テーブルがあり、片方三人づつの六人がけ。パイプいすに座れる。
(2)弁当・離岸・大川を航行
出港は予定より30分遅れの18:30分になった。HISの奉拝船は、タグボートに引かれて、係留されていたサントリー「プレミアム」の奉拝船を離れた。
(3)天神祭・飛翔橋
18:40分。橋を通過した。 
(4)天神祭・都島橋
18:50分。橋を通過した。
(5)天神祭・JR鉄橋付近
(6)天神祭・源八橋付近
(7)天神祭・銀橋に向かう
(8)銀橋通過・花火スタート
(9)能舞台・船
(10)天神祭・川崎橋通過
(11)天神祭・Uターン復路へ
(12)天神祭・復路「銀橋付近」
(13)天神祭「飛翔橋へ・解散」
 
 
あと、感想を言わせてもらうと、ビンゴゲームは無用だという気がした。その理由は、景品があたる人は、乗客数にくらべて、とても少ないわけだから、「あたって喜んだ」人より、「がっかり」したした人の方が圧倒的に多い。だから、それで多くの人の気が沈んでしまう。それよりも、ビールに適した「あて」をくばり、「飲みなおしましょう」とやってくれたほうが、わたしにはうれしかったのだが・・・・。

下船時刻は、21時半をまわったから、遠くから来た人はたいへん。ホテルなどの、宿泊場所を申し込み時に確保しておくことが必要と思う。

天候のリスクは大きい。今回は、厚い雲が強い西日の照射をさえぎった。適度な風もふいて涼しく、花火の煙を吹き払った。このうえなく、よいコンディションだった。
 
大阪締め
司会者が、出港に先立ち、「大阪締め」の予行演習をした。行き交う奉拝船や、沿道の見物人、橋の上の見物人との間で挨拶をかわすのだ。
 
 
ページ制作者:オリジナル教会(初代代表)笹倉正義
正式名称:(ささくら宗)聖母マリヤ福音教会
2017/7/28、8/2、8/6
聖句引用:日本聖書協会 口語訳(こうごやく)聖書
新約聖書(1954年改訳)
旧約聖書(1955年改訳)