マイクロソフトのOLAP(オーラップ)

 
OLAPに対応したACCESS2000とEXCEL2000
SQL Server2000とEXCEL2002の画面例
 
冊子 タイトルとサンプル(pdf)   分野 PDF 補講
第1話 SQL Server 2000のOLAP(多次元集計)   OLAP 13MB  
 AccessとExcelには集計機能があります。OLAPサーバーを使って、Excelに表示する多次元集計との違いをお話します。
第2話 データウェアハウジングとSQL Server 2000のDTS   OLAP 9MB
途中まで
 
OLAPサーバーの基データがデータウェアハウスです。SQL Server側から、その基データを作る手段をデータウェアハウジングと言い、その手段の一つがDTSです。 
第3話 SQL Server 2000のデータウェアハウスとOLAP   OLAP  
 データウェアハウスは、集計の塊です。そこからExcelをクライアントにして、実に簡単に、多次元表示を実現します。 12MB
第4話 RDBMS理論とSQL Server 2000   OLTP 11MB 第4話
第5話 Access 2000プロジェクトとSQL server 2000(pdf)   OLTP 12MB  
第6話 Windows 2000 Server とTCP/IPネットワーク(pdf)   IT基盤 13MB  
第7話 WebサーバーIISとWebブラウザIEとOLAP(pdf)   インターネット 13MB  
第8話 Oracle入門とSQL Server 2000のOLTP(pdf)   OLTP 14MB  

学習環境
  1.プラットホーム:Windows 2000 Server/Windows 98
  2.サーバー製品:SQL Server 2000
  3.クライアント製品:Access 2002,Excel 2002


上記環境と異なり、Windows XPやWindows 2003 Serverでは、日本語やセキュリティが関係し、
エラーや不具合の起こる場合があります。
SQL Server 2000、Office XPによるOLAPやOLTPの学習には、Windows 2000 Server、
Windows 2000 ProのOS環境が適しています。


サーバー製品は、一般の人々、学生が目にする機会がありません。今は昔となり、この記事はすでに古いですが、それでもデータベースの奥義を垣間見ることができるでしょう。 
その他の記事 
2011/2/20 笹倉正義
2012/4/26