1 2 3
マンガ「OLAPのためのOLTP大入門」 【絵と文】笹倉正義
OLAP、データウェアハウス、多次元集計
OLTP、RDBMS、正規化、SQL
サーバー群
分散ネットワークの標準TCP/IP
WebサーバーとOLAP
Access 2000から現れた「プロジェクト」て何?
Excel 2000から現れた「ピボット・テーブル」「OLAP」って何?
それはクライアント・サーバーへの入り口
ふうん、で、クライアント・サーバーって何?
マンガマニュアルのトップページに戻る
1 2 3 4
巻末に掲載の、第1話から第8話の概要です。文章は同じですが、毎回違った絵になっています。
掲載日:2003/10/27
更新日:2008/08/17
経営にとって重要なのは、日常のトランザクションから生成される粉飾のない集計を得ることではないでしょうか。PDCAサイクルの「Check」を「Analisys」に置き換えることができたら、「Action」も今までとは違ったものになるはずです。

SQL Server 7.0が登場したとき、「これからはOLTPの提案だけでは競争に勝てない、OLAPも合わせて提案し、価格競争から抜け出そう」と言われていました。

でも、その全体像を説明できるものがなかったのです。
このマンガ「OLAPのためのOLTP大入門」は、まさにそのために制作されました。
【書籍の企画・販売】
マンガマニュアル有限会社
2003(C) All rights reserved.
入門者の壁