4.マンション管理人登場

この場に登場する「マンション管理人」は、竣工マンションの管理人に採用された者です。オープニングスタッフです。

売主から管理業務の一切の委託を受けた管理会社は、物件のマンション管理人を募集するに当って期間の余裕がありますから、ハローワーク等に求人依頼して幅広く人材を募ることができます。

竣工に近づくと、管理会社は採用通知を内定者に送り、別の管理マンションで「分譲マンションの管理業務」を実習させます。

【共用部の引渡し】
売主は共用部の引渡しを、専有部引渡しに先立って管理員と管理会社担当者に対しておこないます。それによって、管理組合への共有部引渡しが完了し、管理員は管理事務所が使えるようになります。共用部の鍵や図書も管理員の管轄です。

【マンション管理人着任】
共有部の引渡しを受けると、マンション管理人候補生は、その物件のマンション管理人になります。管理会社の社員と言うよりは、その物件の要員と考えた方がマンション管理人の立場を理解できます。基本的に人事異動といったものは、特段の事情が無い限り、マンション管理人にはありません。

こうして、管理業務の一切を受託している管理会社の管理がスタートすると、とりもなおさず、管理組合の管理がスタートしたことになります。マンション管理人は、ただの「おっさん」や「おじさん」ではなく、マンション共有部の管理代行という職務を負っています。でも、住民からは、そう呼ばれることもあります。

清掃員がいる場合は、翌日から清掃員の勤務がスタートします。
次へ