21.管理組合と自治会

管理組合は、快適な住環境を維持することを目的とした組織です。管理組合は、マンションの共有部を管理、維持します。マンションの「ハードウェア」の管理です。これに対して、自治体(町会)との連携や、マンション内コミュニティの形成を目的とした組織が自治会です。マンションの住民による「ソフトウェア」の充実です。マンション単独で自治会を作り、町会として上部団体に登録する場合が多いと思われます。

新築マンションでは自治会より先に、売主の要請に応じた方々により決まった管理組合役員が、管理組合の運営機関である理事会を開くことができるようになります。
自治会は、多分その後で、有志または理事会にて発起人を要請し、会則や諸規定を作り、集会を開いて自治会長などの役員を決めることになるでしょう。自治会については、指針などは特に無いので、マンションの環境に応じた運営をされれば良いでしょう。自治会費については、管理費とともに口座引き落としを行い、管理組合の預金口座から自治会の預金口座に振り込むといったことが可能ですので、管理会社に相談されれば良いでしょう。 
マンション自治会会則の例 
 次へ