17.第3者の利用(賃貸)

専有部を区分所有者ではなく、他の者が住む場合には、管理組合に対する第3者利用届けが要ります。他の者には、「賃貸者」と「親族等」があります。区分所有者がマンション外に住んでいる場合は、管理費などの請求書をその住所に郵送します。この手続きは、管理費などの収納事務ですから、管理委託契約に含まれます。総会の議案書などは、管理費収納事務ではありませんから、郵送費は管理組合負担です。賃貸の場合、水道料金だけは、管理組合口座への振込みになります。

管理人は、「賃貸者」へのサービスを「区別」してはなりません。
次へ